ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

デジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO Smart(カルネオ スマート)」が
「レッドドット・デザイン賞」の最高賞「Best of the Best賞」を獲得!

デジタルカメラなど主要7製品が「レッドドット・デザイン賞」を受賞

2015年3月30日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)のDR方式・カセッテサイズデジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO Smart(カルネオ スマート)」が、ドイツ・エッセンを拠点とする「ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター」主催のプロダクトデザイン賞「レッドドット・デザイン賞 2015(red dot design award 2015)」において、最高賞である「Best of the Best賞」を受賞しました。また、デジタルカメラ「FUJIFILM X-T1」など主要7製品が「レッドドット・デザイン賞」を受賞しました。

「レッドドット・デザイン賞」は、1955年に設立された、国際的なプロダクトデザイン賞です。過去2年以内に販売が開始された製品を対象に、デザインの革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から審査され、優れた製品に贈られます。同デザイン賞は、ドイツの「iFデザイン賞(iF design award)」、アメリカの「インターナショナル・デザイン・エクセレンス賞(International Design Excellence Awards)」と並び、世界三大デザイン賞に数えられています。

今回の「レッドドット・デザイン賞2015」には、56か国、1,994の企業から4,928点の応募がありました。最高賞である「Best of the Best賞」は、全受賞対象の中から、特に優れたデザインの81点のみに贈られました。

世界各国から寄せられた多数の応募の中から、当社製品が「Best of the Best賞」、「レッドドット・デザイン賞」に選ばれましたことを励みに、これからも優れた製品の開発に取り組んでいきます。

[ロゴ]

1. 「レッドドット・デザイン賞 Best of the Best賞」 受賞製品

デジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO Smart(カルネオ スマート)」シリーズ

バッテリー交換式として世界最軽量(*1)のDR方式カセッテサイズデジタルX線画像診断装置。独自方式の受像素子やノイズ低減回路を搭載したことにより、高画質・低線量での撮影が可能。独自の新フレームには、軽量かつ高強度として知られるマグネシウム合金を採用した。また、軽くて強い建築構造の手法として広汎に利用されるシェル(貝殻)構造により、タフネス化と軽量化を実現した。さらに、水洗いが可能な防水構造や独自の抗菌コート技術「HYDRO AG」による全面コーティング、コンソールが無い環境でもパネル本体に最大100画像を保存できる「メモリモード撮影」など、幅広い医療現場ニーズに対応した。

[写真] デジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO Smart(カルネオ スマート)」シリーズ

2. 「レッドドット・デザイン賞」 受賞製品

デジタルカメラ 「FUJIFILM X-T1 グラファイトシルバー エディション」

プレミアムミラーレスカメラ「Xシリーズ」の特長である、カメラの原点に立ち返ったダイヤル中心の操作性を追求。撮影の基本となるシャッタースピード、絞り、ISO感度、露出補正の設定が、ボディ天面のダイヤルにより一目で確認できるため、シャッターチャンスを逃さない。小型・軽量ボディながら、「防塵・防滴構造」や「-10℃の耐低温性能」、世界最大となる表示倍率(*2)0.77倍の電子ビューファインダー「リアルタイム・ビューファインダー」などを搭載し、プレミアムミラーレスカメラの新しい時代を切り拓いた「X-T1」をベースに、「最高速度1/32000秒の電子シャッター」(*3)や、フィルムシミュレーション「クラシッククローム」、電子ビューファインダーの表示モード「ナチュラルライブビュー」も搭載するなど機能面をさらに進化させた。また、多層塗装によりグラファイトシルバーのボディを実現し、重厚感や高級感に溢れる外観に仕上げた。

[写真] デジタルカメラ 「FUJIFILM X-T1 グラファイトシルバー エディション」

デジタルカメラ 「FUJIFILM X100T」

プレミアムコンパクトデジタルカメラの新たな市場を拓き、世界中で好評を得た「X100」シリーズの第3世代。カメラの原点に立ち返ったダイヤル中心の操作性と高品位なデザインはそのままに、従来機種に搭載し好評を博した光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を切り替えて使える世界初の「ハイブリッドビューファインダー」をさらに進化させた最新モデル。世界初となる、OVF内にピントエリアのデジタル映像を拡大表示できる電子式レンジファインダーにより、快適な撮影スタイルを提供する。富士フイルムが長年に渡って培った色再現のノウハウを結集したフィルムシミュレーションに新たに「クラシッククローム」を追加し、撮影表現の幅を拡大。卓越した写真画質と多彩な絵作りが楽しめる。

[写真] デジタルカメラ 「FUJIFILM X100T」

デジタルカメラ 「FUJIFILM X30」

コンパクトボディに2/3型のセンサーとマニュアル式ズームレンズを搭載したプレミアムコンパクトデジタルカメラシリーズの第3世代。電子ビューファインダーの課題であった表示タイムラグを0.005秒と極限まで短縮した「リアルタイム・ビューファインダー」を搭載した。表示倍率は、新開発フジノンレンズによりクラス最大の0.65倍を実現し、高精細236万ドットの有機ELディスプレイを採用したことにより、明るさ・解像度・倍率・表示タイムラグすべてが光学ファインダーに迫る美しい映像を見ながら快適に撮影を楽しめる。小型・軽量ボディながら快適な操作性を実現し、コントロールリング、チルト式液晶モニター、手に馴染むラバーグリップを採用することで操作性を高め、「ファインダーを覗いて撮る楽しさ」を徹底的に追求した。大容量電池の採用により、従来比(*4)約1.7倍となる撮影可能枚数470枚も実現。堅牢性とグリップ感を高める新デザインを採用し、ボディの天面と底面に剛性の高いマグネシウムダイキャストを、ダイヤル類には質感と感触にこだわったアルミを使用した。

[写真] デジタルカメラ 「FUJIFILM X30」

デジタルカメラ 「FinePix XP80」

防水・防塵における保護規格IP68(*5)に準拠し、「15m防水」「1.75mの耐衝撃構造」「-10℃耐寒」「防塵」の4つのタフネス性能を備えながら、わずか179gの超小型・軽量で普段使いにも適したスタイリッシュなデザインを実現した。広角28mm(*6)からの光学式5倍ズームレンズと光学式手ブレ補正機能により、被写体を大きく引き寄せ、簡単に美しい写真を撮影できる。「アクションカメラモード」を新搭載し、別売のアクションカメラレンズを装着することで、超広角18mm(*6)で臨場感あふれる映像を撮影して楽しめる。Wi-Fiを内蔵し、スマートフォンとの連携も強化した。

[写真] デジタルカメラ 「FinePix XP80」

スマートフォン用プリンター “スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-1」

スマートフォンやデジカメの画像を無線LANで送信し、簡単にチェキフィルムにプリントできるプリンター。スマートフォン用の専用アプリには、トリミングや画像編集はもちろん、撮った時間や場所、天気、温度などを印字する「リアルタイムテンプレート」や、通し番号を印字する「リミテッドテンプレート」、SNS画像を「いいね!」の数とともに印字する「SNSテンプレート」など、プリントの楽しみを広げるさまざまなテンプレートを搭載している。グループの真ん中に置いて使うシーンを意識して、製品を立てて使うスタイルを採用。フィルムの残り枚数や電池残量などをLEDで表示している。

[写真] スマートフォン用プリンター “スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-1」

インスタントカメラ “チェキ WIDE”「instax WIDE 300」

インスタントカメラ“チェキ”「instax mini」シリーズの2倍の大きさのフィルムを使用するインスタントカメラ。62×92mmのワイドサイズプリントは、友人・家族との集合写真といった一般用途やビジネス用途(警察の鑑識/保険会社の記録)など、幅広いシーンで活用されている。撮影を失敗しないように右手でしっかり握れるグリップ、人差し指で自然に押せる傾斜レリーズ、左手を添えた「両手持ち」をアシストする形状の工夫など大きなカメラをしっかりホールドできる高い操作性を実現。ボクシーフォルムと黒&銀の2トーンの「カメラライク」なデザインを採用し、幅広いユーザーが長く愛用してもらえるカメラとした。

[写真] インスタントカメラ “チェキ WIDE”「instax WIDE 300」

シネマカメラ用レンズ 「ZK12×25」

4K画質を維持したまま広角25mmから望遠300mmまでを1本でカバーするシネマカメラ用ズームレンズ。映画制作の現場では、撮影シーンに応じて単焦点レンズを組み合わせて運用することが一般的だが、レンズの交換や調整に時間が掛かるなど運用効率面の課題があった。本レンズは、どの焦点距離においても既存の単焦点レンズを凌ぐ高解像度を達成し、制作現場での効率的なレンズの運用を可能にした。また、従来のレンズに慣れているカメラマンやフォーカスマンが違和感無く運用できるよう、各種操作リングの位置関係を従来のレンズから継承し、スムーズな移行を可能にした。また、低照度環境下での撮影を想定し、操作性向上策として、各種目盛表記の書体に大きめのユニバーサルフォントを採用。蓄光塗料の使用と共に制作現場での視認性を追求した。

[写真] シネマカメラ用レンズ 「ZK12×25」

*1 平成27年3月30日現在。当社調べ。

*2 ファインダーを通じて見る被写体の像の大きさと、肉眼で見る被写体の大きさとの比率。

*3 撮像素子が出力する電気信号を電子的に制御することで、露光時間をコントロールする露光方式。動いている被写体については、画像が歪んで撮影される場合があります。フラッシュ撮影はできません。

*4 「FUJIFILM X20」との比較。

*5 IEC(国際電気標準会議)によって定められている、製品の防水、防塵における保護規格。

*6 35mm判換算。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る