ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

世界初(*1)広範囲のX線撮影に最適なDR(*2)方式・ロングサイズパネル

デジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO GL(カルネオ ジーエル)」

全下肢領域や全脊椎領域などをワンショットで撮影でき、撮影効率が大幅に向上

新発売

2015年3月26日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、全下肢領域や全脊椎領域などの広範囲をワンショットで撮影できる、世界初のロングサイズ(17×49インチ)DR方式・デジタルX線画像診断装置「FUJIFILM DR CALNEO GL(カルネオ ジーエル)」を、平成27年4月1日より富士フイルムメディカル株式会社(社長:新延 晶雄)を通じて発売します。

近年、高齢化社会を背景に、一般的に50代以降の方が発症しやすいといわれる膝関節疾患の患者が増えており、これに伴って全下肢領域のデジタルX線撮影件数も増加しています。全下肢領域は撮影範囲が広く、一般的に17×17インチサイズのX線画像診断装置を使って、2~3回に分割して撮影します。この間、患者は膝関節の痛みに耐えながら、撮影画像がぶれないよう直立不動を維持しなければなりません。自分で直立できない場合は、体をバンドで固定して撮影するなど、大きな身体的負担が伴います。また、若年者に発生する脊椎側弯症においても、全脊椎領域を撮影することが多く、広範囲のX線撮影のニーズは増えています。

[画像]

今回発売する「カルネオ ジーエル」は、全下肢領域や全脊椎領域など広範囲を一度に撮影できる、世界初のロングサイズ(17×49インチ)DR方式・デジタルX線画像診断装置です。長辺が従来の約3倍の49インチあるため、ワンショットで広範囲の撮影が可能です。従来のような、X線発生部とDRパネルをずらしながらの分割撮影や、撮り終えた複数の画像を1枚に合成するなどの煩雑な作業がなくなるため、撮影効率が大幅に向上します。また、撮影の所要時間も短縮され、患者の身体的負担が大幅に軽減されます。

本製品には、X線変換効率を大幅に向上させ、少ないX線量で鮮明な画像を得ることができる独自画像読取方式のISS方式(*3)を採用。さらに、当社独自のノイズ低減回路(*4)を搭載したことにより、透過時にX線が吸収されやすく、撮影画像のコントラストが低下する心臓や縦隔部(*5)、骨盤などの低濃度部領域のノイズを大幅に抑制し、鮮明に描出することができます。

富士フイルムは、医療現場のさまざまな医療ニーズにいち早くお応えし、さらなる画像診断の効率化と医療の質向上に貢献します。


*1 平成27年3月25日現在。当社調べ。

*2 Digital Radiographyの略。X線エネルギーを電気信号に変換し、X線透過画像として再構成する方法。

*3 Irradiation Side Samplingの略。従来型のFPDと反対側のX線照射面側にセンサーを配置し、X線の照射面側よりX線から変換された光信号を読み取る当社独自方式。

*4 X線情報をセンシングする性能を高め、かつX線を低ノイズで検出することを可能とした電気回路。

*5 左右の肺、胸椎、胸骨に囲まれた部分。

1. 品名
FUJIFILM DR CALNEO GL
薬事販売名:
デジタルラジオグラフィ DR-ID 1300(薬事認証番号:第226ABBZX00149000号)
構成品:
[1]電源供給ユニット
[2]フラットパネルセンサ : DR-ID 1305SE
[3]コンソール
2. 発売日
平成27年4月1日
3. 標準ユーザー渡し価格
49,425,000円(標準構成、税別)
4. 主な特長
(1)世界初のDR方式・ロングパネル(17×49インチ)による広範囲撮影
DRパネルのサイズの制約により、複数回に分けて撮影しなければならなかった全下肢領域や全脊椎領域のX線撮影が1回で完了します。これにより、従来の煩雑な分割撮影の作業が不要となり、撮影効率は大幅に向上します。また、撮影の所要時間も短縮され、患者の身体的負担が大幅に軽減されます。
(2)高感度・高画質を実現する独自設計のGOSシンチレータ
独自の画像読取方式のISS方式を採用。センサーに到達するまでの光信号の距離を短縮し、光信号の拡散・減衰を抑えることで、X線変換効率は大幅に向上します。また、大小の蛍光体粒子を最適なブレンド比とした独自設計のGOS(ガリドニウムオキサイドサルファ)シンチレータにより、X線の吸収量を向上させることで、高感度・高鮮鋭度な画像を提供します。さらに、透過時にX線が吸収されやすく撮影画像のコントラストが低下する心臓や縦隔部、骨盤などの低濃度部領域は、独自に開発したノイズ低減回路の搭載で、大幅にノイズを抑制し、画像の粒状性を飛躍的に向上します。
(3)「SmartSwitch」標準搭載
フラットパネルセンサ自体がX線の照射を自動で検出する「SmartSwitch」を標準で搭載。X線発生装置とのケーブル接続が不要なため、既存のX線発生装置と自由に組み合せて使用できます。「SmartSwitch」には、独自技術を駆使したX線信号と外乱ノイズを判別する高性能な判定アルゴリズムを搭載し、確実なX線信号の検知が可能です。フラットパネルセンサへの衝撃による誤検出や低出力なX線発生装置に依存することがなく、安心で快適な撮影を提供します。
5. 主な仕様
フラットパネルセンサ FUJIFILM DR CALNEO GL1(DR-ID 1305SE)
画像表示時間 約9秒-約19秒
撮影間隔時間 約25秒
画像処理 階調処理、周波数処理、マルチ周波数処理、ダイナミックレンジ圧縮、ノイズ抑制処理、グリッド除去処理
画像出力 DICOM形式に準拠

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルムメディカル株式会社 マーケティング部
  • TEL 03-6419-8033
  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る