ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100T」、「FUJIFILM X30」、
交換レンズ「フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR」がTIPA各賞を受賞!

デジタルカメラ「X シリーズ」が発売以来、5年連続で受賞

2015年4月9日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)の、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100T」、「FUJIFILM X30」、および交換レンズ「フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR」が、「TIPA(Technical Image Press Association)」賞(*1)各賞(「Best Premium Camera」賞、「Best Expert Compact Camera」賞、「Best Compact System Camera Expert Zoom Lens」賞)を受賞しました。

今回の受賞により、デジタルカメラ「Xシリーズ」は、平成23年の「FUJIFILM X100」以来、5年連続の受賞となります。

[写真] FUJIFILM X100T、FUJIFILM X30、フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

<受賞内容と評価されたポイント>

1.TIPA 「Best Premium Camera」賞 - プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100T」

コンパクトなボディに焦点距離35mm(*2)F2レンズと独自のAPS-Cサイズ1630万画素「X-Trans™ CMOS II」(*3)センサー、画像処理エンジン「EXR プロセッサーII」を搭載し、高画質な映像を撮影可能。高精細236万ドットの「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」は、新開発の「電子式レンジファインダー」(*4)や「リアルタイム・パララックス(*5)補正」などの機能を搭載し、使い勝手をさらに向上させました。フォーカスピーキングやデジタルスプリットイメージ™(*6)などの充実したマニュアルフォーカス機能のほか、最速1/32,000秒のシャッタースピードや、カスタマイズ可能な7つのファンクションボタン、お好みのフレームレートで撮影できるフルHD動画、Wi-Fi通信など、多彩な機能も搭載しています。

2.TIPA 「Best Expert Compact Camera」賞 - プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X30」

日帰り旅行などに最適な携帯性と高画質・高機能を両立させたプレミアムコンパクトカメラ。小型軽量なボディに、2/3型1200万画素「X-Trans™ CMOS II」(*7)センサーを搭載し、高画質な静止画や動画を撮影可能。フジノン光学4倍マニュアルズームレンズは、焦点距離28mm(*2)から112mm(*2)までをカバーし、光学式手ブレ補正により簡単に美しい画像が撮影できます。望遠端でも開放F値2.8の明るさを実現し、広角端の開放F値2.0に対して1段分の上昇に抑えています。シャッタースピードは最速1/4,000秒、ISO感度は最高12,800まで選択でき、幅広いシーンを撮影可能。12コマ/秒の高速連写機能も搭載しています。表示タイムラグを0.005秒と極限まで短縮した電子ビューファインダー「リアルタイム・ビューファインダー」は、高精細236万ドットの有機ELディスプレイと合わせ快適な撮影をサポートします。

3.TIPA 「Best Compact System Camera Expert Zoom Lens」賞 - 交換レンズ「フジノンレンズXF16-55mmF2.8 R LM WR」

非球面レンズ3枚とED(異常分散)レンズ3枚を含む12群17枚のレンズ構成を採用した、焦点距離24mm(*2)から84mm(*2)までをカバーする高性能ズームレンズ。独自開発のナノGI(Gradient Index)コーティング技術(*7)を用いることで、ゴーストやフレアを効果的に抑制し、クリアな画像が得られます。鏡筒各部に14か所のシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。また、円形9枚絞り羽根により、美しいボケが得られます。1/3ステップの絞りリングを搭載したことにより快適な操作性を実現。最短撮影距離30cmでのマクロ撮影も可能です。インナーフォーカス方式(*8)のフォーカシングシステムとリニアモーターを採用することにより、静音かつ最速0.06秒(*9)と高速なAFを実現しました。

富士フイルムは今後も、ユーザーニーズをとらえた優れた製品・サービスの開発に取り組み、写真文化の発展に寄与していきます。

*1 TIPA(Technical Image Press Association)は、5大陸16か国の主要写真誌27誌で構成される、世界で最も有力かつ影響力のある写真業界団体の1つ。毎年、欧州で発表された映像関連商品の中から、部門ごとに最も優れた商品を選出しています。

*2 35mm判換算。

*3 X-Transは、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。

*4 光学ファインダーの一部に、ピントエリアの画像をデジタル映像で拡大表示する。

*5 ファインダーとレンズの位置が異なることにより生じる、ファインダー視野と実際の撮影範囲とのズレ。カメラと被写体との距離が近いほどパララックスが強まる。

*6 左右にずれた像を一致させることでピントを合わせるマニュアルフォーカス機能。デジタルスプリットイメージ、Digital Split Imageは、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。

*7 ナノサイズの凹凸構造をレンズ表面に形成することで、レンズの面反射を低減する技術。

*8 比較的大きいレンズで構成される前部は動かさずに、中間部あるいは後部の比較的小さなレンズを動かす方式。

*9 CIPAガイドライン準拠。内部測定方法。ハイパフォーマンスモードON、広角端での撮影時。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 050-3786-1711
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る