ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

テーラーメイド型がんペプチドワクチン「ITK-1」の前立腺がん患者を対象とする
国内臨床第III相試験の進捗について

2015年7月6日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、テーラーメイド型がんペプチド(*1)ワクチン「ITK-1」の前立腺がん患者を対象とする国内臨床第Ⅲ相試験(*2)において、第三者機関である効果安全性評価委員会(*3)が実施した中間解析評価で、安全性に問題なく一定の効果がみられ、本試験の継続が認められたことを、お知らせいたします。

「ITK-1」は、従来の1種類のペプチドを投与するワクチンとは異なり、多くのがんで発現しているペプチド12種の中から、血液検査により患者に最も適したペプチドを選択し組み合わせて投与する、テーラーメイド型のがんワクチンです。ペプチドを抗原(*4)として投与し、患者がすでに持っているがん細胞に対する免疫機能を特異的に刺激することで、迅速に免疫機能を活性化させ、さらに病状が悪化する前にがん細胞を死滅させることができることから、従来のがんワクチンを上回る効果が期待されています。

がんの一般的な治療法には、抗がん剤投与、外科手術、放射線照射がありますが、これらに次ぐ第4の治療法として「がん免疫療法」が注目されています。「がん免疫療法」は、ペプチドや薬剤などを投与することで、生体の持つ免疫機能を高め、がん細胞を死滅させる治療法です。抗がん剤投与や放射線照射と比べて副作用が少なく、延命効果も期待できることから、「がん免疫療法」の研究開発が活発化しています。最近では、チェックポイント阻害薬(*5)による治療が、一部のがんに対して効果があることが証明されつつあるなど、「がん免疫療法」への関心が高まっています。

富士フイルムは、平成25年8月より「ITK-1」の前立腺がん患者を対象とした国内臨床第Ⅲ相試験を開始。現在、全国60か所以上の医療機関で本試験を実施しています。なお、「ITK-1」は、平成23年度 独立行政法人科学技術振興機構の「研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)」に採択され、現在では本プログラムを引き継いだ国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)から支援を受けています。

今後、富士フイルムは、本試験を加速させ、早期の承認取得を目指していきます。

*1 10個程度のアミノ酸が繋がったタンパク質の断片。がん細胞の表面には特有のたんぱく質が存在しているが、その断片であるペプチドを免疫活性化しやすいようにして使用している。

*2 臨床試験の実施は、「ITK-1」の導入元の株式会社グリーンペプタイドに委託。

*3 臨床試験の進行、安全性データおよび有効性を適切なタイミングで評価し、臨床試験依頼者に試験の継続、変更または中止を提言することを目的として、臨床試験主体者が外部の医師などに依頼して設置することができる委員会。

*4 がんや感染症から人体を守る免疫反応を引き起こす性質を持つ物質の総称。体内に抗原が侵入すると、キラーT細胞と呼ばれる細胞が誘導されたり、抗体と呼ばれる物質が作られ、がん細胞や病原体を排除しようとする。

*5 免疫を抑えるためのチェック機構(チェックポイント)を担う分子を標的にした薬剤。免疫の抑制を防止し、活発化させることでがん細胞を死滅させる。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • その他のお問い合わせ 医薬品事業部
  • TEL 03-6271-2171
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る