ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

富士フイルム インスタントカメラ“チェキ” 「instax mini」シリーズ新製品

イメージキャラクターに俳優「東出昌大」を起用

TVCM「撮ルをあそぼう。」篇で“チェキ”の新しい楽しみ方を提案!

2015年9月30日

富士フイルム株式会社

[写真] 富士フイルム インスタントカメラ“チェキ” 「instax mini」シリーズ新製品

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、撮ったその場ですぐにカードサイズのプリントが楽しめるインスタントカメラ“チェキ”「instax mini」シリーズの新製品として、モダンでシンプルなデザインと鮮やかなカラーの“チェキ”「instax mini 70」を平成27年10月23日より発売いたします。これに合わせ、本製品のイメージキャラクターとして、若手実力派俳優の東出昌大さんを起用します。

“チェキ”「instax mini」シリーズは、撮ったその場でカードサイズのプリントにメッセージを書き込んでプレゼントできるなど、写真を気軽に楽しめるコミュニケーションツールとして、特に若い女性を中心に幅広い層のお客さまにご愛用いただいております。新製品「instax mini 70」は、新たに20~30代男性ユーザーの獲得を目指し、従来の“チェキ”ラインナップと一線を画すモダンでシンプルなデザインとカラーバリエーションを採用しています。俳優東出昌大さんのスタイリッシュで洗練されたイメージを、プロモーションや店頭ツールで発信することを通じ、「おしゃれでかわいい」というチェキのブランドイメージに加えて、「スタイリッシュで格好良い」というイメージも新たに訴求していきたいと考えています。

本製品のTVCMでは、「撮ルをあそぼう。」をキャッチフレーズに、東出昌大さんやその他の出演者の方々がさまざまなシーンで“チェキ”を使って撮影し、その場で周りの人とその瞬間を「シェア」する様子が印象的に描かれています。東出昌大さんのチェキを楽しんでいるナチュラルな表情にもご注目ください。

■ TVCM概要

<CM名称>
「撮ルをあそぼう。」篇 (15秒/30秒)
<放映開始時期>
11月上旬~
<放映エリア>
全国
<出演者>
東出昌大、他

■ 「撮ルをあそぼう。」とは

撮ったその場でカードサイズのプリントが楽しめるインスタントカメラ“チェキ”は、「ただ撮って記録に残す」だけのカメラではありません。撮ったそのすぐ先にいろいろな行動が生まれ、そのことが自分自身や周りの人にとっての新たな価値や楽しみにつながる。そのような“チェキ”ならではの魅力を、「撮ルをあそぼう。」をキャッチフレーズに、TVCMをはじめとしたプロモーションを通じて発信していきます。

撮ルをあそぼう。

■ TVCMストーリー

俳優東出昌大さんに加え、カメラマンやアーティスト、パティシエ、スタイリストといったクリエイティブな仕事で実際に活躍している方々が、撮ったその場でプリントを楽しめる“チェキ”の特長を活かして、さまざまな方法で楽しんでいる(“撮る”をあそんでいる)様子をオムニバス形式で描くストーリーです。

■ 東出昌大さん以外のCM出演者プロフィール

齋藤 陽道(さいとう はるみち)
写真家

平成23年、写真集「感動」(赤々舎)を刊行。あらゆる種別や境界を超えて、真っ直ぐに対象と向き合い撮影された写真を特徴とする。平成22年「写真新世紀」で優秀賞を受賞し、平成27年、NHK Eテレ「ハートネットTV」で特集された注目の写真家。
近年はMr.Childrenやクラムボンなどの人気ミュージシャンとの作品でも注目を集める。
【経歴】
平成26年 写真集「宝箱」刊行
平成26年 ワタリウム美術館にて個展「宝箱」を開催
平成27年 写真集「写訳 春と修羅」刊行


中山 理絵(なかやま りえ)
パティシエ

平成17年 株式会社クラブハリエ入社。
平成21年に「2009ジャパンケーキショー東京」トップオブパティシエ ショコラ部門で準優勝し、平成22年にもパリで開催された国際コンクール「ル・モンディアル・デ・ザール・シュクレ2010」で、日本代表ペア(勝間建次・谷近理絵)として出場し日本初優勝を果たすなど、多くの賞を受賞。辻口博啓・鎧塚俊彦氏も常連の「tokyo sweets collection」に参加するなど、注目の若手パティシエ。


大小島 真木(おおこじま まき)
アーティスト

平成23年女子美術大学大学院修士課程修了。描くことを通じて鳥や森、菌、鉱物、猿などさまざまな生物のまなざしを自らの内に宿し、物語ることを追求している。キャンバスを超えて壁へと広がる「はみ出し壁画」やペインティング、映像などを使って表現する。主な賞に平成21年ワンダーウォール賞、平成26年VOCA奨励賞など。インド、メキシコ、ポーランドでも滞在制作を行っている。今、注目の若手アーティスト。
【経歴】
平成25年 女子美術大学洋画学科 非常勤講師
平成26年 個展「wild light」伊勢丹新宿にて開催
平成27年 個展「鳥よ、僕の骨で大地の歌を鳴らして」第一生命ギャラリーにて今冬開催
平成27年 南沢氷川神社拝殿 天井画「生きとし生けるものたちの饗宴」を今冬に限定公開


大久保 篤志(おおくぼ あつし)
スタイリスト

平凡出版(現マガジンハウス)の『ポパイ』『アンアン』でスタイリストとしての活動をスタート。昭和56年以降フリーのスタイリストとしてCF、ポスター等の広告、ミュージシャン、俳優、タレントのスタイリングを手がける。平成16年7月にオープンした直島地中美術館のユニフォーム、ミュージアムグッズの制作、プロデュース。平成18年にオリジナルブランド『The Stylist Japan®』を立ち上げる。服作りとスタイリング現場との両輪でフル活動中。『洋服が大好き』と云う気持ちが活動の源泉になっている。日々のコーディネートはブログ『オオクボメガネ』に。
http://ameblo.jp/ohkubo-atsushi/

■ CM撮影エピソード

今回の撮影で一番の印象強かったのは、東出さんが朝の海に向かってチェキで撮影するシーン。当日はいつ雨が 降ってもおかしくない空模様の中、東出さんが撮影現場に現れると瞬く間に天気が回復。陽が射した一瞬を撮影することに成功いたしました。
また、東出さんには撮影中や撮影の合間にもチェキを使って頂きました。スタッフとの自撮りシーンでは、笑い声が  絶えず、本人も楽しんでいるご様子でした。東出さん以外の出演者の皆さんもそれぞれチェキをユニークな使い方で楽しまれ、まさに「撮ル”をあそぼう。」にぴったりな楽しい撮影現場となりました。

■ インスタントカメラ“チェキ” instax mini 70

<製品名>
富士フイルム インスタントカメラ “チェキ”「instax mini 70」
イエロー/ブルー/ホワイト
<発売日>
平成27年10月23日
<価格>
オープン価格
<主な製品特長>

(1)洗練されたシンプル・スタイリッシュなデザイン

鮮やかな3色のカラー(イエロー、ブルー、ホワイト)とモダンでシンプルな雰囲気のクールなデザインで、若い女性はもちろん、20~30代の男性をターゲットとしたモデルです。ファッション感覚でおしゃれに持ち歩き、シーンを選ばず撮影を楽しんでいただけます。

[画像]

(2)「背景きれいフラッシュ」搭載

被写体と背景のどちらも明るくきれいに撮影できる、高性能「背景きれいフラッシュ」を搭載。シャッターボタンを押すだけで、カメラが自動で周囲の明るさを感知し、最適なシャッタースピードやフラッシュ光量に調整します。従来背景が暗く写ってしまうことの多かった室内やウェデイングでの撮影においても、自然で雰囲気のよい写真が得られます。

[画像]

(3)多彩な撮影機能

自分撮り用の撮影モード「セルフィーモード」を新搭載。専用ボタンを押して撮影するだけで、焦点距離が30~60cmに設定され、自分撮りに最適な明るさに自動調整されます。レンズ横の「セルフショットミラー」で撮影範囲を確認しながら、思い通りの画角で自分撮りをお楽しみいただけます。さらに、集合写真の撮影時に便利な「セルフタイマー」、最短30cmまでの近距離撮影が可能な「マクロモード」、風景スナップに適した「ランドスケープモード」など、充実した撮影機能を搭載しています。

【スタッフリスト】

CD 篠原 誠(電通)
PD 小布施 典孝(電通)
PL 三戸 健太郎(電通)
CMプランナー 今井 政広(電通)/木村 隆太(電通)
CW 明円 卓(電通)
AD 嶋田 真之介(電通)
CP 近田 理英(電通クリエーティブフォース)
プロデューサー 山下 尚哉/吉良 秀和(電通クリエーティブX)
プロダクションマネージャー 小松 大祐/野元 悠太(電通クリエーティブX)
ディレクター 柿本 ケンサク
フォトグラファー 柿本 ケンサク
音楽制作 audioforce/酒巻 忍
ライティングディレクター 森寺 テツ(LightLaboratories)
美術デザイナー 延賀 亮(CONCORD)
スタイリスト 伊賀 大介(BAND)
ヘアメイク 勇見 勝彦(THYMON)/二瓶 和美(sylph)
エディター 仮編集:松本 千秋(フリーランス) /本編集:辻 高廣(マックレイ)
ミキサー 品川 大(デジタルエッグ)
キャスティング 海本 剛作/若穂囲 雅(電通キャスティング アンド エンタテインメント)
タレント 東出 昌大(ユマニテ)
キャスト 齋藤 陽道(写真家)/中山 理絵(パティシエ/オクシタニアル工房)/
大小島 真木(画家)/大久保 篤志(スタイリスト)
広告会社 (株)電通

この件に関する報道関係者さまのお問い合わせ先

  • 富士フイルム株式会社 宣伝部 村田 遼
  • 東京都港区赤坂9-7-3
  • TEL 03-6271-2031
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る