ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

170gの小型軽量と高速AFにより、軽快なスタイルで撮影を楽しめる高性能単焦点レンズ

「フジノンレンズ XF35mmF2 R WR」

解像感にあふれるシャープな描写と豊かなボケ味、防塵防滴・耐低温性能を実現

新発売

2015年10月21日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、プレミアムミラーレスカメラ「Xシリーズ」の交換レンズのラインアップとして、肉眼で見たままの自然な描写が可能で、汎用性の高い標準画角の単焦点レンズ「フジノンレンズ XF35mmF2 R WR」を、平成27年11月19日より発売します。本製品は、35mm判換算53mm相当の焦点距離を持ち、明るい開放F値2.0のレンズです。小型軽量と高速AFにより、軽快なスタイルで撮影を楽しめます。

 「フジノンレンズ XF35mmF2 R WR」は、解像感にあふれるシャープな描写と豊かなボケ味で写真表現を楽しめる、標準画角の単焦点レンズです。2枚の非球面レンズを含む6群9枚構成の光学設計により、高画質化とコンパクト化を同時に実現。交換レンズ「XFレンズ」シリーズ最小径のスリムなレンズデザインを施し、プレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-Pro1」の光学ファインダーを覗いた際もケラレ(*1)が生じません。また、インナーフォーカス方式(*2)の採用とステッピングモーター(*3)の搭載により、最速0.08秒(*4)の高速AFも実現しました。

外装には金属製パーツを全面に採用し、高級感と堅牢性を追求。さらに、防塵・防滴・-10℃の耐低温構造のタフネス性能も備え、170gと軽量化することで取り回しのよいレンズに仕上げました。

*1 光学ファインダー使用時に、レンズフードやレンズ鏡筒が視界の周辺部に入り込むこと。

*2 比較的大きいレンズで構成される前部は動かさずに、中間部あるいは後部の比較的小さなレンズを動かす方式。

*3 電気パルス信号に応じて一定の角度だけ回転するモーターで、高精度な位置決めが可能。

*4 CIPAガイドライン準拠、内部測定方法。ハイパフォーマンスモードON時。

1. 製品名、発売日、価格

製品名 フジノンレンズ「XF35mmF2 R WR」 [写真]
発売日 平成27年11月19日(木)
希望小売価格 オープン

2. 製品特長

[図] 8群11枚のレンズ構成を採用。大口径のEDレンズを3枚使用

(1) シャープな解像感のある高い描写性能
  • 6群9枚のレンズ構成を採用。開放F値2.0での撮影から、単焦点レンズならではのコントラスト豊かで解像感の高い描写が可能です。
(2) コンパクトな光学設計
  • 非球面レンズ2枚を使用し、最大径60mmとスリムで、レンズ全長45.9mmとコンパクトな光学設計を実現。スタイリッシュな外観に仕上げています。170gと軽量なため撮影時の取り回しに優れており、被写体にレンズの存在を意識させず、自然な表情を引き出すことができます。
(3) 最速0.08秒の高速AF
  • 軽量なレンズ群を動かしてピントを合わせるインナーフォーカス方式を採用。静粛性と制御性に優れるステッピングモーターでレンズを駆動することにより、高速で静かなAFを実現しました。被写体の一瞬の仕草を逃さず、快適なスナップ撮影が可能です。

[写真]

(4) 金属製の外装と防塵・防滴・-10℃の耐低温構造
  • 外装には質感と剛性に優れる金属製パーツを全面に採用。しっとりとした金属の感触と、心地良い手応えで操作できるダイヤル類が撮影意欲を高めます。また、鏡筒各部に計8か所のシーリングを施し、防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を実現。撮影シーンを問わず、どこへでも持ち歩いて撮影を楽しめます。

[写真]

(5) 2種類の純正レンズフード
  • 純正レンズフードを装着することで、レンズに侵入する不要な光を遮り、レンズの光学性能を最大限に引き出します。軽量コンパクトな円形フード(「XF35mmF2 R WR」に同梱)と、クラシカルでスタイリッシュな金属製の穴あきフード「LH-XF35-2」(別売)の2種類を用意。いずれのフードも、使用したままフロントレンズキャップを装着することができ便利です。

3. 主な仕様

形式 フジノンレンズXF35mmF2 R WR
レンズ構成 6群9枚(非球面レンズ2枚)
焦点距離 f=35mm(35mm判換算:53mm相当)
画角 44.2°
最大口径比(開放絞り) F2
最小絞り F16
絞り形式 羽根枚数 9枚(円形絞り)
ステップ段差 1/3ステップ (全19段)
撮影距離範囲 35cm~∞
最大撮影倍率 0.135倍
外形寸法 最大径×長さ(約)
(先端よりマウント基準面まで)
φ60.0mm×45.9mm
質量(約)(レンズキャップ・フード含まず) 170g
フィルターサイズ φ43mm
同梱品 レンズキャップ FLCP-43
レンズリアキャップ RLCP-001
レンズフード
ラッピングクロス

4. サポート情報

「フジノンレンズXF35mmF2 R WR」の性能を最大限に発揮させるためには、カメラ本体のファームウェア・アップデートが必要です。当該ファームウェアは10月29日(木)に公開予定です。
ご使用のファームウェアバージョンの確認方法やアップデートの方法は、以下のホームページをご覧ください。

5. 作例サンプル

[画像] 作例サンプル ©Bert Stephani

©Philipp Rathmer

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 050-3786-1711
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • 「フジノン XF レンズ」スペシャルコンテンツ
  • http://fujifilm-x.com/xf-lens/
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る