ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

スマートフォンに保存された写真の中から、見たい写真を簡単に検索できる

写真検索アプリ「写真をmikke(ミッケ)」提供開始

人の顔を個別に認識し、人物ごとに分類!

2015年11月18日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、スマートフォン(以下、スマホ)に保存された写真の中から、見たい写真を簡単に検索できるスマホ向け写真検索アプリ「写真をmikke(ミッケ)」を新たに開発しました。

11月18日(*1)よりiOS(*2)版をApp Store(*2)にて、無料で提供開始いたします。

近年、スマホの急速な普及により、気軽に写真を撮影する機会が増えており、最近では、一人あたり平均約500枚もの写真がスマホに保存されています(*3)。スマホに保存される写真の数が増えるにつれて、見たい写真の検索に多くの時間と手間がかかるようになってきています。

今回新たに開発した写真検索アプリ「写真をmikke(ミッケ)」は、スマホに保存されている写真を自動解析し、見たい写真を、「人物」や「撮影時のシチュエーション」など多彩な条件で絞り込み検索することで、楽しく簡単に見つけ出すことができる新しいコンセプトのスマホアプリです。

本アプリをスマホにインストールし起動すると、スマホ内に保存されている全画像データ(*4)が当社独自の画像解析技術を活用したソフトウエア「Image Organizer(イメージオーガナイザー)」により解析され、「人」、「ペット」、「アウトドア」、「夜景」といった被写体や撮影シーンに応じて9つのグループに自動的に分類されます。さらに、人物写真については、写真に写っているすべての人(*5)の顔が個別に認識され、人物ごとにも分類されます。人物ごとに顔アイコンが自動生成され、探したい人物の顔を選択するだけで、その人物が写っている写真をすべて検出することができるほか、家族や親しい友人のグループを作成すると、そのグループのメンバーが写っている写真だけを瞬時に検出することができます。さらに、人物や撮影シーンを組み合わせた複合検索のほか、撮影されたおおよその時期、シーン、人数など最大5項目のスライダーバーを左右に動かしながらチューニングすることで、記憶を辿るような感覚で写真を見つけ出すことができる「感性検索」も可能です。

「写真をmikke」では、探し当てた写真をそのまま別のフォルダに保存することができ、大量の写真の分類、整理、管理を一元化できます。また、Eメールでの送信やTwitter、FacebookなどのSNSに直接投稿することもでき、スマホの中に眠っている思い出の写真、お気に入りの写真の活用の幅を拡げます。なお、本アプリはインターネットやクラウドに接続することなく、端末内で解析・分類・検索を行うため、通信料や環境を気にすることなく、気軽にご利用いただけます。
来年1月には、検索した画像を本アプリ上から、当社の店頭プリント受付機(*6)へWi-Fiで簡単に転送できる通信機能を追加する予定です。

[写真]

富士フイルムは、今後も時代の変化とともに多様化するお客さまのニーズにお応えし、便利で付加価値の高い商品・サービスをご提供するとともに、「撮る、残す、飾る、そして贈る」という写真本来の価値を伝え続けていきます。

*1 Android版は12月中旬を予定。「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

*2 iOS/App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。

*3当社調べ。平成27年3月に、10~50代の男女1,000名を対象に調査を実施。

*4 自動解析の対象となるのはJPEG、jpeg、JPG、jpg、PNG、png画像です。

*5 ある一定の大きさ以上の顔を認識します。

*6 「Wonder Print Station」、または「デジカメプリント オーダーキャッチャーNEO」を搭載した店頭受付機とセルフプリントシステム「プリンチャオ Ex3/Ex4/W」を指します。

1. アプリ名称
富士フイルム「写真をmikke(ミッケ)」
2. 提供開始日
平成27年11月18日
3. 価格
無料(*7)
4. 主な特長
(1)スマホに保存されている画像を自動解析&分類
当社独自の画像解析技術を活用したソフトウエア「イメージオーガナイザー」により、スマホの写真を自動で解析。被写体や撮影シーンに応じて、「人」「ペット」「食べ物」「夜景」「乗り物」「花」「アウトドア」「インドア」「文字/イラスト」の9つのグループに自動で分類し、タグ付けします。さらに、人物写真に関しては、写真に写っているすべての人の顔を個別に認識し、人物ごとにフォルダに分類し、顔アイコンを自動生成します。
(2)探したい写真を、さまざまな切り口で簡単に検索
「タグ検索」:
被写体や撮影シーンに応じて自動分類された9つのグループから、見たい写真を検索できます。
「人物検索」:
特定の人が写っている写真を探したいときには、人物ごとに自動生成された顔アイコンから見つけることができるほか、家族や親しい友人のグループを作成すると、そのグループのメンバーが写っている写真だけを検出することも可能です。
「複合検索」:
「タグ検索」と「人物検索」を組み合わせた複合検索で、より細かな絞り込み検索ができます。
「感性検索」:
写真撮影時に付与された日付や位置情報、および、写っている人数やシーンの解析情報を利用して、探したい写真を検索できます。探したい写真が撮影されたおおよその時期、時間帯、人数、シーン、場所(現在地からの距離)の5項目のスライダーバーを左右に動かして、記憶を辿るような感覚で検索できます。

[写真]

(3)検索した画像のメール送信やSNSへの直接投稿も可能で、スマホ写真の楽しみ方を拡大
検索した画像は、グループ化して別のフォルダに保存でき、フォルダ間の移動も簡単にできるなど、大量の写真の分類、整理、管理を「写真をmikke」に一元化できます。また、見つけ出した写真をEメールで送信したり、Twitter、FacebookなどのSNSにアプリ上から直接投稿できるなど、スマホ写真を楽しく活用できます。

[写真]

*7 今後検索をより楽しく、便利にするための機能拡充を予定しており、一部機能を有料(アプリ内課金)で提供することを検討しています。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 050-3786-1711
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る