ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

プレミアムミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro2」や放送用ズームレンズ「FUJINON UA80x9」など

富士フイルム主要5製品が世界的に権威のある「iFデザイン賞」を受賞!

多様な分野の製品のデザイン力と性能が評価

2016年2月29日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、プレミアムミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro2」や4Kカメラ対応の光学性能を備えた放送用ズームレンズ「FUJINON UA80x9」など主要5製品が、デザイン振興のための国際的な組織「iFインターナショナルフォーラムデザイン(ドイツ・ハノーバー)」主催の「iFデザイン賞(iF design award 2016)」を受賞したことをお知らせいたします。

「iFデザイン賞」は、1953年に設立された国際的なデザイン賞で、ドイツの「red dot design award」、アメリカの「IDEA」と並び、世界三大デザイン賞のひとつに数えられる権威ある賞です。今回受賞した5製品は、外観デザインだけでなく、それぞれの製品の高い性能、使いやすさ、などの観点からも高く評価されました。

世界各国から寄せられた多くの応募の中から、多数の当社製品が「iFデザイン賞」に選ばれましたことを励みに、これからも優れた製品の開発に取り組んでいきます。

[ロゴ] GOOD DESIGN AWARD 2016

<iFデザイン賞(iF design award 2016)」受賞の5製品>

[写真]iFデザイン賞(iF design award 2016)」受賞の5製品

iFデザイン賞 受賞製品

■ プレミアムミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-Pro2」(2016年3月3日発売予定)

前機種で好評を博した総マグネシウム合金製のボディと、アルミを切削加工したダイヤルによる高品位なデザインを更に進化させると共に、新たな機能の追加により使い勝手を向上させたプレミアムミラーレスカメラ。新開発のAPS-Cサイズ「X-Trans™ CMOSIII」(*1)センサー(2430万画素、ローパスフィルターレス)と、超高速の新型画像処理エンジン「X-Processer Pro」を搭載し、「Xシリーズ」史上最高の画質と機動性を実現した。世界唯一の「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」により、光学ファインダーと電子ビューファインダーを撮影条件に合わせて使い分けることが可能。ボディ天面には、シャッタースピードダイヤルと一体化させたISOダイヤルを、背面には、フォーカスポイントをダイレクトに操作できる「フォーカスレバー」を搭載するなど操作性を向上させ、ボディの完成度も高めた。

*1 X-Trans は、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。

[写真]プレミアムミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-Pro2」(2016年3月3日発売予定)

■ プレミアムコンパクトデジタルカメラ 「FUJIFILM X70」

APS-Cサイズの「X-Trans™ CMOSII」センサー、極限まで薄型化した新開発の広角18.5mm(*2)フジノンレンズを、約340g(*3)のコンパクトな金属外装ボディに搭載。富士フイルムならではの写真画質をポケットサイズで楽しめるプレミアムコンパクトカメラ。レンズ鏡筒に金属切削の絞りリングとコントロールリングを搭載し、小型ながら本格的なマニュアル撮影が可能。180度チルト式タッチパネル液晶モニターや操作ダイヤルも装備しており、また、最速0.1秒(*4)の高速AFも可能で快適に撮影できる。充実の専用アクセサリー(別売)も用意。

*2 35mm判換算:28mm相当。

*3 付属バッテリーとメモリーカードを含む。

*4 CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、ハイパフォーマンスモードON時。

[写真]プレミアムコンパクトデジタルカメラ 「FUJIFILM X70」

■ ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-T10」

小型軽量ボディに、動いている被写体に強いAFシステムや、世界最短表示タイムラグ0.005秒(*5)と0.62倍大型表示倍率(*6)の電子ビューファインダー、内蔵ストロボを搭載し、室内から屋外までさまざまなシーンで撮影出来る「ファインダーを覗いて撮る楽しさ」を提供するミラーレスデジタルカメラ。シャッタースピードダイヤルや露出補正ダイヤル、レンズ鏡筒の絞りリングなどにより、「Xシリーズ」の特長である直感的なマニュアル操作で撮影を楽しめる。また、レバーを操作するだけでフルオート撮影に切り換えられる「オートモード切換レバー」を配置し、初心者からプロカメラマンまで幅広いユーザーに応えることができる”小さいけれど本格派”のミラーレスデジタルカメラ。

*5 実際の被写体の動きと、ファインダーを通じて見た被写体の動きとの間に生じる時間差が世界最短0.005秒。平成28年2月29日時点。当社調べ。

*6 ファインダーを通じて見る被写体の像の大きさと、肉眼で見る被写体の大きさとの比率。35mm判換算50mmレンズ、無限遠、視度-1.0m-1の時、0.62倍。

[写真]ミラーレスデジタルカメラ 「FUJIFILM X-T10」

■ プレミアムコンパクトデジタルカメラ 「FUJIFILM XQ2」

2/3型「X-Trans™ CMOSII」センサーと、開放F値1.8の明るいレンズ、広角25mmからの光学4倍ズームを、約206g(*7)と軽量でスタイリッシュなコンパクトボディに搭載。シンプルに研ぎ澄ました高品位デザインを施したことによって、撮影する悦びや操作する楽しみ、所有する満足感を提供するプレミアムコンパクトデジタルカメラ。前モデル「XQ1」で好評を博した基本デザインを継承し、人気の高品位なブラックに加え、市場から要望の強かった「シルバー×ブラック」と気品ある「シルバー×ホワイト」を新たにラインアップ。AF性能などの撮影機能を進化させた。

*7 付属バッテリー、メモリーカードを含む。

[写真]プレミアムコンパクトデジタルカメラ 「FUJIFILM XQ2」

■ 4Kカメラ対応放送用ズームレンズ 「UA80x9」

4Kカメラ対応の放送用ズームレンズを世界で初めて発売(*8)。最先端の光学シミュレーション技術を駆使し、80倍の高倍率ズームと、解像度やコントラストが高く色再現性にも優れる高度な光学性能を両立した。焦点距離は、広角9mmから望遠720mmまでをカバーする。さらに、独自の「光学式防振機構」により、足場の揺れによる画面上の像ブレを補正し、スポーツ中継やコンサート・ライブ中継などの半屋外での撮影時でも安定した映像を実現。高画質で臨場感溢れる4K映像の制作を可能にする。

*8 2/3インチセンサー搭載の放送用4Kカメラに対応する光学性能を備えた放送用ズームレンズの平成27年7月の発売は、同機能をもった製品で世界初。当社調べ。

[写真]4Kカメラ対応放送用ズームレンズ 「UA80x9」

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る