ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

最先端の光学技術を結集!
多様な設置条件下で、画像周辺部まで均一な高い解像性能を実現するマシンビジョンカメラ用レンズ

「FUJINON HF-12Mシリーズ」

世界最小(*1)・最軽量(*2)! 2/3型センサー・2.7µmピクセルピッチ(*3)に対応

新発売

2016年3月15日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:中嶋 成博)は、製造ラインの製品検査や計測などで使用するマシンビジョンカメラ用レンズの最上位シリーズとして、2/3型センサー・2.7µmピクセルピッチ(*3)に対応し、多様な設置条件下で画像の中心部から周辺部まで均一な高い解像性能を実現する「FUJINON HF-12Mシリーズ」(以下、「HF-12M」)を、6月中旬より発売いたします。「HF-12M」は、世界最小(*1)・最軽量(*2)のコンパクトサイズを実現。焦点距離の異なる5種をラインアップし、さまざまな用途に応じて、最適な焦点距離、画角をお選びいただけます。

[写真]製品画像「FUJINON HF-12Mシリーズ」

製造現場では、マシンビジョンシステムにより画像を認識し、対象物の位置決めや計測、検査などを自動で行うのが一般的です。マシンビジョンシステムの需要は、製造ラインの自動化や省人化の進展により、ますます伸長していくと予想されています。

製品の生産効率向上や厳格な品質管理に対する要求が従来以上に高まっている中、マシンビジョンシステムの画像認識精度や処理速度のさらなる向上が求められています。このニーズに対応するため、マシンビジョンシステムに搭載するカメラの「大型センサー化」、「高画素化」、「高フレームレート化」が進んでいます。一方、画像情報の入り口となるレンズには、システムの認識精度を確保するため、画像周辺部まで均一な高い解像性能が要求されています。

[写真]「HF1618-12M」(左)を、一般的な小型マシンビジョン用カメラ(右)に装着

今回発売する「HF-12M」は、画面全域で2.7µmピクセルピッチ(2/3型センサー・8メガピクセル相当)に対応した超高解像固定焦点レンズです。「HF-12M」は、画像の中心部から周辺部まで均一な高い解像性能を保持し、撮影距離や絞り値の変更に伴う解像力低下も抑制するフジノンレンズ独自の高解像性能を実現。製造現場の多様な設置・撮影条件下でも、一貫して高解像な画像が得られます。当社は、これを今後『4D High Resolution』(*4)として訴求していきます。また、全5種で、世界最小の外径寸法φ33mmおよび世界最軽量を実現しているため、スペースに限りのある設置環境にも対応可能です。


富士フイルムは、長年培ってきた光学技術や精密加工・組み立て技術により、放送用レンズや監視カメラ用レンズなど、高画質デジタル時代に対応したレンズを幅広く提供しています。今後、さらなる成長が見込まれるマシンビジョン分野においても、幅広い設置・環境下で一貫して高い解像性能を実現する豊富なラインアップでお客さまのニーズにこたえていきます。

なお、平成28年3月15日~17日に中国・上海市で開催されるマシンビジョンシステムおよびキーコンポーネントを中心とした中国最大級の商業見本市「China(Shanghai) International Machine Vision Exhibition」に本製品を出展いたします。

*1 2/3型イメージセンサーを搭載し8メガピクセル以上の解像性能を持つマシンビジョンカメラに対応するCマウント用レンズにおいて、外径寸法が世界最小。平成28年3月15日時点の公開情報に基づく。富士フイルム調べ。

*2 2/3型イメージセンサーを搭載し8メガピクセル以上の解像性能を持つマシンビジョンカメラに対応するCマウント用レンズにおいて、同一の焦点距離を持つものと比べ、世界最軽量。平成28年3月15日時点の公開情報に基づく。富士フイルム調べ。

*3 イメージセンサーの精細さを表す指標。単位“µm”は、隣り合う画素間の距離を表し、距離が小さい(画素の密度が高い)ほど、高い解像性能を持つ。2/3型センサーの場合、2.7µmピクセルピッチは8メガピクセルに相当。

*4 画像の中心部から周辺部まで均一な高い解像性能を保持し(2D)、撮影距離や絞り値の変動による解像性能の低下を抑制(2D)する、フジノンレンズ独自の高解像性能を表す名称。

【HF-12Mシリーズ】

1. 製品名、焦点距離、発売日、価格 :
製品名称 焦点距離 発売日 価格
FUJINON HF818-12M 8mm 平成28年6月中旬 オープン
FUJINON HF1218-12M 12mm
FUJINON HF1618-12M 16mm
FUJINON HF2518-12M 25mm
FUJINON HF3520-12M 35mm
2. 主な特長 :
(1) 最上位シリーズにふさわしい高い光学性能

[写真]レンズ鏡筒部に記されたオレンジ色のF4指標

  • お客さまの使用頻度が高い絞り値F4かつ撮影距離50cmの場合には、アイリス(絞り)をレンズ鏡筒部に印されたオレンジ色の F4指標に合わせることで、画像全域に渡って、2.1µmピクセルピッチ(2/3型センサー・12メガピクセル相当)よりも高い解像性能が得られます。
  • 画面全域で2.7µmピクセルピッチ(2/3型センサー・8メガピクセル相当)に対応する超高解像性能を保持。一つ一つの画素を忠実に解像する高い光学性能を発揮し、安定的な寸法検査・外観検査に寄与します。

(2) フジノンレンズ独自の高解像性能『4D High Resolution』により、多様な設置条件下で周辺部まで高解像な画像を実現
  • 一般的なマシンビジョンカメラ用レンズでは、撮影距離や絞り値を変更することで解像性能が低下するという課題がありました。「HF-12M」は、フジノンレンズ独自の高解像性能『4D High Resolution』を実現。画像の中心部から周辺部まで高い解像性能を保持し、さらに、撮影距離や絞り値の変更に伴う解像性能の低下も抑制します。これにより、幅広い設置・撮影条件下で一貫して高解像な画像が得られます。
(3) 設置時の作業性・高信頼性の追求

[写真]つまみの無い小型ネジで固定した状態。レンズ外径からネジ部分が突出しない。

  • 2.7µmピクセルピッチに対応する超高解像レンズでありながら、全5種で、外径寸法φ33mmというコンパクトサイズを実現。設置スペースに限りがある現場にも柔軟に対応します。
  • 一般的なマシンビジョン用レンズで採用されるアイリス・フォーカスの固定用つまみは、レンズ外径からネジ部分が突出しているため、システムの設置・設計に制約がありました。「HF-12M」では、従来の固定用つまみに加え、つまみの無い小型ネジを同梱。これを使用すれば、レンズ外形からネジ部分が突出しないため、システムの設置・設計自由度の向上に寄与します。
  • 耐久性、堅牢性を考慮し、金属鏡筒を採用しています。

(4) 業界トップクラス0.05%以下の低ディストーション設計
  • 独自の光学設計により、寸法計測などの精度が要求される用途で問題となるディストーションを徹底的に抑制。業界トップクラスの0.05%以下(*5)の低ディストーションを実現しています。
  • 非球面ガラスモールドレンズを採用し、小型化と低ディストーションを両立しています。

*5 HF1618-12Mの場合。

3. 主な仕様 :
製品名称 HF818-12M HF1218-12M HF1618-12M HF2518-12M HF3520-12M
焦点距離 8mm 12mm 16mm 25mm 35mm
絞り範囲(F no) F1.8-F22 F1.8-F22 F1.8-F22 F1.8-F22 F2.0-F22
画角(H x V)
※ 2/3型センサー搭載カメラ装着時。
56.9°×43.9° 39.3°×30.0° 30.8°×23.3° 20.0°×15.1° 14.7°×11.0°
フォーカス範囲
(前玉面より)(mm)
∞‐100 ∞‐100 ∞‐100 ∞‐100 ∞‐200
操作方法 フォーカス マニュアル
アイリス マニュアル
フィルタ径 M30.5 × 0.5mm
マウント Cマウント
適合センサーサイズ(最大) 2/3型
TVディストーション(%) -1.03 0.18 -0.03 0.02 0.01
外径寸法(mm) φ33×48.5 φ33×52.5 φ33×52.5 φ33×53.1 φ33×53.1
質量 (約) (g) 95 85 90 85 85
固定用つまみ(本) 2
同梱 小型ネジ(本) 6

※ 製品の仕様および外観は、発表時点(2016年3月15日)の情報であり、予告なく変更する場合があります。

【「China(Shanghai) International Machine Vision Exhibition」会場および当社ブース】

会場 : 上海新国際博覧中心W2館(Shanghai New International Expo Center W2)

当社ブース : No.2911

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 光学・電子映像事業部
  • TEL 048-668-2152
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る