ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

弾むようなハリとみずみずしいうるおい溢れる肌へ導く高機能化粧水

「アスタリフト モイストローション」新発売

独自成分「ナノビタミンAx(エーエックス)」(*1)と「コラーゲンペプチド」(*2)で構成された複合成分「CL(シーエル)リフレッシャー®」(*3)を配合

2016年7月5日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、エイジングケア(*4)を目的としたスキンケアシリーズ「ASTALIFT(アスタリフト)」の化粧水をリニューアルし、高機能化粧水「アスタリフト モイストローション」として、平成28年9月1日より発売いたします。本製品には、美容成分「アスタキサンチン」(*5)と「ビタミンA(レチノール誘導体)」(*6)を組み合わせ、粒子径を世界最小(*7)クラスにナノ乳化した独自成分「ナノビタミンAx(エーエックス)」と、その効果をサポートする「コラーゲンペプチド」で構成された複合成分「CL(シーエル)リフレッシャー®」を配合。肌にハリとうるおいを与える機能を強化し、弾むようなハリとみずみずしいうるおい溢れる肌へと導きます。一般的にスキンケア化粧品の中で、最も使用率が高いとされる化粧水を、新たな成分を配合してリニューアルすることで「アスタリフト」シリーズをさらに強化し、より多くのお客さまにご使用いただくことを目指します。

肌のハリの低下は、年齢を重ねるとともに多くの女性が抱える肌悩みです。当社が調査した(*8)ところ、肌のハリを支えるコラーゲンを補うスキンケアを実践している女性のうち、約8割の方が肌のハリや弾力が増した実感を得られていないことが分かりました。

当社は、コラーゲンの劣化と再生のメカニズムに関する研究を進め、年齢や紫外線によってダメージを受けたコラーゲン(以下、ダメージコラーゲン)が肌の内部(*9)に蓄積し、肌本来のハリを失わせていることに着目しました。

今回発売する「アスタリフト モイストローション」は、ダメージコラーゲンをクリアし、肌にハリとうるおいを与える複合成分「CLリフレッシャー®」を新たに配合した高機能化粧水です。「CLリフレッシャー®」は、優れた美容パワーを持つアスタキサンチンと、ビタミンAを組み合わせてナノ乳化(*10)した独自成分「ナノビタミンAx」に、その効果をサポートするコラーゲンペプチドを加えた当社独自の複合成分です。アスタキサンチンとビタミンAを組み合わせた「ナノビタミンAx」を化粧水に安定的に配合することで、肌内部(*9)に機能的に両成分を届けることを可能にしました。また、「アスタリフト」シリーズの共通成分であり、高い美容パワーを持つ「ナノリコピン」(*11)も従来品同様に配合。肌にハリとうるおいを与える機能を強化し、弾むようなハリとみずみずしいうるおい溢れる肌へ導きます。さらに、化粧水を選ぶ際に重要視される使用感にもこだわりました。複数の保湿成分の配合バランスを最適化することで、美容成分が肌のすみずみまで届く浸透感(*9)としっとりとした保湿感を両立させた「モイストアップテクスチャー」を実現しました。香りは、バラの中でも高貴とされるダマスクローズを採用。心地良いスキンケアをお楽しみいただけます。

[写真]

容器は、「アスタリフト」シリーズのブランドカラーである赤を基調とし、みずみずしいうるおいをイメージしたクリアボトルを採用。持ちやすい、細身でシャープなストレートボトルになりました。また、ポンプヘッドを外して簡単にボトルを交換できるレフィル対応容器「スマートレフィル®」を採用し、使いやすさにもこだわりました。さらに、本製品を購入することにより、お客さまご自身が日常生活で排出するCO2排出量を埋め合わせすることができる「カーボン・オフセット」(*12)を付与し、環境保全への取り組みを強化しています。

富士フイルムは、これまでに培ったコアテクノロジーを駆使することで、今後もより多くのニーズを捉えた独自性の高い商品をご提供して人々の美容と健康に貢献していきます。


*1 アスタキサンチン(ヘマトコッカスプルビアリス油、うるおい成分)とビタミンA(パルミチン酸レチノール、うるおい成分)を組み合わせ、粒子径を世界最小クラス50ナノメートルサイズにナノ乳化した独自成分(うるおい成分)。

*2 加水分解コラーゲン(うるおい成分)。

*3 独自成分「ナノビタミンAx(うるおい成分)」と、コラーゲンペプチド(加水分解コラーゲン、うるおい成分)からなる独自複合成分(うるおい成分)。

*4 保湿による年齢に応じたケアのこと。

*5 ヘマトコッカスプルビアリス油(うるおい成分)。

*6 パルミチン酸レチノール(うるおい成分)。

*7 平成28年5月16日現在。当社調べ。パルミチン酸レチノール(うるおい成分)とアスタキサンチン(ヘマトコッカスプルビアリス油、うるおい成分)の共乳化物として。

*8 平成27年4月に、コラーゲンケアを実践したことがある30~59歳の女性900名に対してWEB調査を実施。

*9 角層まで。

*10 ビタミンA(パルミチン酸レチノール、うるおい成分)とアスタキサンチン(ヘマトコッカスプルビアリス油、うるおい成分)が溶解したオイルを、複数の成分を機能的に組み合わせた膜で包み、水溶液中に分散すること。

*11 うるおい成分として知られる「リコピン」を、世界最小クラス70ナノメートルサイズまで安定的にナノ化した独自成分(トマト果実エキス、うるおい成分)。

*12 日常生活や経済活動において避けることができないCO2などの温室効果ガスの排出について、他者が行う温室効果ガスの削減・吸収のプロジェクトに投資することなどにより、埋め合わせするという考え方。

[写真] 高機能化粧水「アスタリフト モイストローション」
1. 製品名:
アスタリフト モイストローション
2. 容量・価格:
130mL 本品 3,800円(税別)
レフィル 3,400円(税別)
3. 発売日:
平成28年9月1日
4. 製品特長:
①独自の複合成分「CLリフレッシャー®」新配合
水に溶けにくく、化粧水への配合が難しいアスタキサンチンとビタミンAを組み合わせて、世界最小クラス50ナノメートルサイズにナノ乳化した独自成分「ナノビタミンAx」に、その効果をサポートするコラーゲンペプチドを加えた複合成分「CLリフレッシャー®」を新たに配合。「ダメージコラーゲン」をクリアし、肌にハリとうるおいを与える機能を強化し、弾むようなハリとみずみずしいうるおい溢れる肌へと導きます。
②独自の「モイストアップテクスチャー」
複数の保湿成分の配合バランスを最適化することで、美容成分が肌のすみずみまで届く浸透感(*9)としっとりとした保湿感を両立させた、付け心地の良いテクスチャーです。
③使いやすさにこだわった「スマートレフィル®」の採用と、「カーボン・オフセット」の付与
レフィルを取り換える際に、中身を吸い上げるためのチューブ部分が外部に露出しない構造のレフィル対応容器「スマートレフィル®」を採用。衛生的で、交換時に周囲が汚れる心配がありません。3ステップで簡単に取り換えられます。従来品に比べて、容器のプラスチック量を約6割削減。さらに、「カーボン・オフセット」を付与し、環境への取り組みを一層強化しました。
5. 販売方法:

①株式会社富士フイルム ヘルスケアラボラトリーより通信販売。

【ウェブサイト http://shop-healthcare.fujifilm.jp/ 電話 0120-670-590】

②主要ドラッグストアやバラエティショップなどの店舗にて販売。

③アンテナショップ「FUJIFILM ヘルスケアショップ」にて販売。

  • 東京ミッドタウン「FUJIFILM SQUARE」内:東京都港区赤坂9-7-3
  • 「ASTALIFT GINZA(アスタリフト ギンザ)」(東京都中央区銀座5-6-17)
6. 付与する「カーボン・オフセット」について:
カーボン・オフセット認証番号 CO2-0202
認証対象製品 アスタリフト モイストローション(本品およびレフィル)
カーボン・オフセットの対象 上記対象製品を購入するお客様の日常生活に伴う
1日分のCO2排出量6kg-CO2(*13)(製品1個あたり)
カーボン・オフセット期間
(カーボン・オフセット認証有効期間)
平成28年9月1日~平成29年8月31日
使用する排出権(クレジット) 京都クレジット(CER)(*14)
支援したCO2削減プロジェクト ホンジュラス:エスペランザ水力発電プロジェクト

*13 国立環境研究所2014年データ「日本の家庭における一人あたりのCO2排出量」より算定。

*14 Certified Emission Reductionsの略。京都議定書で規定した京都メカニズムCDMプロジェクト(先進国が途上国に支援することで実施されるCO2削減プロジェクト)により獲得する国連認証の排出権(クレジット)。

<カーボン・オフセットの仕組み>
「カーボン・オフセット」は、日常生活や経済活動で避けることができないC02排出の削減努力をし、それでも減らせなかった分のCO2排出量を、他者が削減したCO2排出削減量(クレジット=排出権)を活用し、埋め合わせ(オフセット)することをいいます。例えば、先進国が、資金や技術を提供して開発途上国におけるCO2削減プロジェクトを支援し、このプロジェクトによって生じたCO2削減量で、自国で削減努力をしても減らすことができないCO2排出量を埋め合わせするなど。

[図]

詳細は、当社サイトをご覧ください。

[図]

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • 製品、店舗に関するお問い合わせ 株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー ブランドマネージメント部
  • TEL 0120-186-833
  • お客さまお問い合わせ先 株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー
  • (フリーダイヤル) 0120-596-221
  • ウェブサイト http://shop-healthcare.fujifilm.jp/
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る