ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

デジタルカメラ「Xシリーズ」用アクセサリー

ハイエンド多機能外部フラッシュ「クリップオンフラッシュEF-X500」

高速シャッタースピードでのフラッシュ撮影や、複数のフラッシュを同調させた撮影が可能

新発売

2016年7月7日

2016年8月31日更新

2016年9月16日更新

富士フイルム株式会社

 富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、デジタルカメラ「Xシリーズ」用アクセサリーの新しいラインアップとして、ハイエンド多機能外部フラッシュ「クリップオンフラッシュEF-X500」(以下、「EF-X500」)を平成28年11月17日(木)より発売いたします。

「EF-X500」は、最大ガイドナンバー約50(*1)のフラッシュで、ホットシューに取り付けて使用します。シャッター駆動中に連続して発光し続ける「FP発光(ハイスピードシンクロ)」に対応しているため、あらゆるシャッタースピードでフラッシュ撮影を快適にご利用いただけます。また、美しいボケ味を狙った解放絞り付近での撮影では、シャッタースピードが高速になりがちですが、「EF-X500」を使用すればシャッタースピードを意識する必要がなく、撮影に集中していただく事が可能になります。

さらに、「EF-X500」は、「ワイヤレス多灯TTLオート発光」にも対応。複数のフラッシュを同調させて、被写体や背景に与える光を自由にコントロールすることで、クリエイティブな撮影を可能にします。また、多灯使用時でも、1灯で撮影する時と同様、面倒な光量設定をすることなく撮影を開始いただけます。

1. 製品名、発売日、価格
製品名 発売日 希望小売価格
「クリップオンフラッシュEF-X500」 平成28年9月
<2016年8月31日追記>
発売日決定:平成28年9月29日(木)
<2016年9月16日追記>
発売日変更:平成28年11月17日(木)
68,000円

[写真] 「クリップオンフラッシュEF-X500」

2. 製品特長

(1)主な特長

「FP発光(ハイスピードシンクロ)」対応で、シャッター速度を意識しない自由な撮影が可能

  • フォーカルプレーンシャッターを用いたカメラでは、高速シャッタースピードでの撮影時、先幕と後幕を同時に駆動させ、センサーにスリット状で露光するため、従来の閃光発光方式のフラッシュでは、センサーの一部にしか光があたらないといった問題がありました。このためフラッシュ撮影時は、高速シャッタースピードでの撮影が出来ず、使用可能なシャッター速度の領域が大きく制限されていました。
  • 「EF-X500」は、先幕と後幕を駆動させている間、連続して発光し続ける「FP発光(ハイスピードシンクロ)」に対応。あらゆるシャッタースピードでフラッシュ撮影を快適にご利用いただけます。また、美しいボケ味を狙った解放絞り付近での撮影では、シャッタースピードが高速になりがちですが、「EF-X500」を使用すればシャッタースピードを意識する必要がなく、撮影に集中していただくことが可能です。

「ワイヤレス多灯TTLオート発光」対応で、被写体や背景に与える光を自由にコントロールし、クリエイティブな撮影が可能

  • 多灯使用時は、複数のフラッシュを3つのグループに分けてコントロール。被写体や背景に与える光を調整し、クリエイティブな撮影を可能にします。カメラからの操作で簡単に光量の調整を行うこともできます。さらに、TTLオート発光に対応しているため、多灯使用時でも、1灯で撮影する時と同様、面倒な光量設定をすることなく撮影を開始いただけます。

防塵・防滴のタフネス性能で、「Xシリーズ」のカメラ・レンズとともに撮影フィールドを拡大

  • 「Xシリーズ」用フラッシュで初めて、防塵・防滴性能を搭載。同様のタフネス性能を搭載した「Xシリーズ」のカメラとレンズに組み合わせてご使用いただくことで、幅広いフィールドでの撮影を可能にします。

小型・軽量の「Xシリーズ」カメラに最適な斬新な外観デザイン・低重心設計を実現

  • ボディー前面には、「Xシリーズ」に合わせたレザー調の質感を施しました。また、低重心設計を採用することで、小型・軽量である「Xシリーズ」カメラに装着した際にも操作性を損いません。

(2)その他特長

① 最大ガイドナンバー約50(*1)
② 24mm~105mm(*2)のズーム機能を搭載、ワイドパネル使用時は約20mm(*2)の焦点距離をカバー
③ 上90°~下10°、左135°~右180°のバウンスヘッドを装備
④ LEDビデオライトを装備、AF補助光やキャッチライトとしても使用可能
⑤ 各種設定の組み合わせを最大10通りまで登録することができ、事前に撮影条件を登録しておけば、必要な条件を迅速に呼び出すことが可能

*1 ISO100・m、照射角105mm(35mm判換算)時。

*2 35mm判換算。

3.別売アクセサリー
  • バッテリーパック「EF-BP1」
    単3形電池8本を搭載可能な外部バッテリーパック「EF-BP1」をご使用いただくことで、充電時間の短縮、発光回数の向上が可能です。
製品名 型番 メーカー希望小売価格(税別)
バッテリーパック <NEW> EF-BP1 34,000円
4.「クリップオンフラッシュEF-X500」の主な仕様
形式 形式 クリップオンフラッシュ
型番 EF-X500
対応カメラ(*3) FUJIFILM X-T1、X-T2、X-Pro2
そのほかホットシューを搭載したXシリーズカメラ、FinePixHS20EXR、HS30EXR、HS50EXRでも一部機能がご利用いただけます。
発光部 ガイドナンバー 最大ガイドナンバー約50
(ISO100・m、照射角105mm設定時(*4))
照射角 24mm-105mm(*4)、オートズーム機能、
ワイドパネル使用時は約20mm(*4)
バウンス 上:90°、下:10°、左:135°、右:180°
色温度 約5600K(フル発光時)
FP(ハイスピードシンクロ)発光 対応(*5)
露出制御部 露出制御方式 TTL、マニュアル、マルチ発光(マニュアル)
TTL調光補正 -5.0EV~+5.0EV、1/3段ステップ
※撮影条件により、設定が反映されない場合があります。
マニュアル発光光量 1/1~1/512、1/3段ステップ
※FP発光では少発光側設定が制限されます。
マルチ発光光量 1/4~1/512、1/3段ステップ
充電部 発光間隔(フル発光・満電池) 約2.5秒(ニッケル水素電池)
発光回数(フル発光・満電池) 約170回(ニッケル水素電池)
ワイヤレス多灯 通信方式 光通信方式
動作モード マスター(TTL/マニュアル/マルチ発光/OFF)
リモート(TTL/マニュアル/マルチ発光/OFF)
通信チャンネル Ch1~4
リモート制御グループ 最大3グループ(A/B/C)
その他機能 発光連動スレーブ 対応(P-MODE/N-MODE)
LEDビデオライト 対応(内蔵)
LED AF補助光/キャッチライト 対応(内蔵)
リフレクターパネル 対応(内蔵)
ディフューザー 対応(同梱)
同梱物 同梱物 ソフトケース
ミニスタンド
ディフューザー
電源 電源 単3電池4本(アルカリ電池、ニッケル水素電池)
外部電源 バッテリーパックEF-BP1(別売)対応
大きさ・質量 大きさ 約 高さ124.0mm 幅67.2mm 奥行107.3mm
質量 約380g(電池含まず)

*3 最新の対応状況は、http://fujifilm.jp/sd/をご覧ください。X-T1、X-Pro2はファームウエアの更新が必要です。

*4 35mmフォーマット換算値。

*5 対応カメラのみ。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま お客様コミュニケーションセンター
  • TEL 050-3786-1711
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る