ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T2」や高機能化粧水「アスタリフト モイストローション」など

富士フイルム主要12製品が「グッドデザイン賞」を受賞!

グループ会社も含めた多様な分野の製品のデザイン力と性能が評価

2016年9月29日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2016年度グッドデザイン賞(*1)において、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T2」や高機能化粧水「アスタリフト モイストローション」などグループ会社も含め主要12製品が「グッドデザイン賞」を受賞したことをお知らせいたします。当社は、1985年から32年連続で同賞を受賞しています。

今回、当社が「グッドデザイン賞」を受賞したのは、スマートフォン用プリンター“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」やミラーレスデジタルカメラ、化粧品などコンシューマー製品から、シネマカメラ用ズームレンズや調剤における監査支援システム、FUJIFILM SonoSite, Inc.の超音波画像診断装置など業務用機器まで多岐に渡っています。また、製品の外観デザインだけでなく、各製品の高い性能、使いやすさ、快適な操作性を実現したユーザーインターフェースなど、さまざまな観点から高く評価されました。

多くの応募の中から、多数の製品が「グッドデザイン賞」に選ばれましたことを励みに、これからも優れた製品の開発に取り組んでいきます。

[ロゴ] GOOD DESIGN AWARD 2015

<「グッドデザイン賞」受賞製品(未発表の1製品を除く11製品)> ※未発表製品は、新製品発表のタイミングに合わせてご案内します。

[写真]「グッドデザイン賞」受賞製品(未発表の1製品を除く11製品

*1 昭和32年に通商産業省(現経済産業省)によって創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」を母体とし、平成10年より財団法人日本産業デザイン振興会(現公益財団法人日本デザイン振興会)の主催事業として運営される日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨制度。これまで50年以上にわたり、産業の発展とくらしの質を高めるデザインを広く伝えることを目的に展開されています。

グッドデザイン賞 受賞製品

■ スマートフォン用プリンター“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」

スマートフォンで撮影した画像を専用アプリを通じて、いつでもどこでもチェキフィルムに出力できるポータブルプリンターです。新開発の有機EL露光ヘッドの採用により、解像度とコントラストを高めて“高画質プリント”を実現しました。また、専用アプリを通じてさまざまな画像処理やテンプレートによる加工が行えるほか、SNSでそれらの画像をアップロードできるなど、デジタル時代ならではのインスタント写真のあり方を提案するプロダクトです。洗練された高品位なデザインで、男女問わずさまざまな生活シーンで活用できます。

【審査員の評価コメント】

スマートフォンなどで撮影した写真をチェキフィルムにプリントできるポータブルプリンター。デジタル写真が今日のように普及しても、手に取る写真はデジタルとは別の意味を持つ。モノとしてある写真を、もっと楽しみたくなるデザインである。

[写真]スマートフォン用プリンター“スマホ de チェキ”「instax SHARE SP-2」

■ ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」

35mmフルサイズセンサーの約1.7倍にあたる中判サイズ(43.8x32.9mm)の大型イメージセンサーを搭載したミラーレスデジタルカメラ。解像度を最大限に引き出した標準単焦点レンズ「GF63mmF2.8 R WR」(35mm判換算50mm)、広角標準ズームレンズ「GF32-64mmF4 R LM WR」(35mm判換算25-51mm)、中望遠ハーフマクロレンズ「GF120mmF4 Macro R LM OIS WR」(35mm判換算95mm)などの交換レンズと組み合わせて、圧倒的な高画質を実現。外部モニターを使用した撮影時や、軽量化を図りたい時に、電子ビューファインダー(EVF)を取り外すことが可能です。また、ホールド性の高いグリップを採用するなど、同サイズセンサーを搭載した従来の一眼レフデジタルカメラに対して、圧倒的な機動性を実現しました。さらに縦位置グリップなどアクセサリーも充実させ、プロ・ハイアマチュアのあらゆる要求に応える画質・操作性・拡張性を提供します。

【審査員の評価コメント】

Xシリーズのデザインアイデンティティを継承しつつ、新たなカテゴリーのフラッグシップ機として開発された、意欲的なハイエンド中判デジタルカメラシステムである。フルサイズを超える中判サイズのセンサーを搭載しながらも、他社のフルサイズ機相当のサイズで、今までごく限られたプロユーザーなどにしか手が届かなかった中判カメラの世界に新しいユーザーを取り込む可能性を感じさせる。

[写真]ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」

■ ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro2」

先代機種「X-Pro1」で好評だった基本デザインを継承しながら、マグネシム合金製のボディとアルミ切削ダイヤル類などを含め防塵・防滴化。さらに、シャッターダイヤルと同軸に設けたISO感度ダイヤルや、背面のフォーカスレバーでAFポイントを即時変更できるなど操作性を向上させたミラーレスデジタルカメラ。2,430万画素APS-Cサイズ「X-Trans™ CMOSIII」(*2)センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載し、画質の向上と高いレスポンスを実現。完成度を高めたボディと、光学ファインダーの一部にEVF画像を表示する当社独自の「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」により、ユーザーの「撮る歓び」を追及しました。

【審査員の評価コメント】

Xシリーズの中でも高機能でありながら、過度に主張しすぎない道具としてのカメラらしさを感じさせる。ユーザーの評価も高かった先代機「X-Pro1」のデザインアイデンティティを踏襲しながら、ユーザーからのさまざまな要望に応える細かな改善が施されている。光学ファインダーにEVFを統合した、特徴的な「ハイブリッドマルチビューファインダー」もより進化しつつ、シンプルさを損なわずコンパクトなボディにうまく収められている。

*2 X-Transは、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。

[写真]ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro2」

■ ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T2」

先代機「X-T1」で評価を得たカメラらしいデザインやボディの適度な小型サイズを継承しながら、2,430万画素APS-Cサイズ「X-Trans™ CMOSIII」センサーと、高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載したミラーレスデジタルカメラ。オートフォーカスやEVF表示など撮影動作の高速化に加え、4K動画撮影機能を搭載するなど性能が向上。また、シンプルな外観と薄さを実現したXシリーズ初の3方向チルト液晶や、ピント位置を自在に選べるフォーカスレバーの採用により、操作性が大きく進化しました。さらに、縦位置パワーブースターグリップを装着することで、秒間11コマ撮影が可能となり、また大きなレンズ装着時でも高いホールド性を実現します。

【審査員の評価コメント】

所有欲を満たすという要素も強いクラシックスタイルがトレンドとしてある中で、質実剛健な道具としてのカメラらしいスタンダードなデザインは好感がもてる。ユーザーの評価も高かった先代モデル「X-T1」のアイデンティティを継承しながらも、天面ダイヤルのロック・アンロック機構といった、細かい部分の使い勝手が確実に改善されている。

[写真]ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T2」

■ プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X70」

撮る歓び・操作する愉しみ・所有する満足感という当社「Xシリーズ」の魅力を凝縮したプレミアムコンパクトデジタルカメラ。大型APS-Cサイズ「X-Trans™ CMOSII」センサーを搭載し、フルサイズセンサーに匹敵する画質を実現。極限まで薄型化した新開発の広角単焦点レンズを搭載。レンズ鏡筒に装備した絞りリングとコントロールリングにより、小型ながら本格的なマニュアル撮影を楽しめます。また、Xシリーズ初となる180°回転チルト式液晶モニターを搭載しており、快適な自分撮りが可能です。

【審査員の評価コメント】

富士フイルムが強みとするAPS-Cサイズセンサーを搭載しながら、コンパクトで高品質なボディにまとめられたプレミアムコンパクトカメラである。装飾的になりすぎないシンプルな操作ダイヤルや、薄型でありながら2つのリングを搭載したレンズなど、コンパクトながら道具としてのカメラを操る楽しさを感じることができる。

[写真]

■ デジタルカメラ「FinePix XP90」

防水・防塵における保護規格IP68(*3)に準拠し、「15m防水」「1.75m耐衝撃構造」「-10℃耐寒」「防塵」の4つのタフネス性能を備えたデジタルカメラ。光学式5倍ズーム・光学式手ブレ補正機能・有効画素数1,640万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載しています。3インチの大型液晶モニターを搭載しながらも、アウトドア使用時の持ち心地を向上させたグリップや防汚性・清掃性を向上させたスタイリッシュなデザインを実現。また、「タイムラプス動画」(*4)機能により印象的な動画が楽しめます。Wi-Fi機能によりスマートフォンとのスムーズな連携を可能にしました。

【審査員の評価コメント】

高い防水・防塵性能、耐衝撃性、耐寒性などを備えたアウトドア用カメラである。光学ズームや手ぶれ補正などデジタルカメラとしての基本性能をしっかりと持ちつつ、造形的にも丁寧にスタイリングされており、それだけでなくタフな環境で使用される際に重要な防汚性・清掃性も従来機から確かに改善されている点を評価した。

*3 IEC(国際電気標準会議)によって定められている、製品の防水、防塵における保護規格。

*4 インターバルタイマー(設定した時間間隔で、任意の回数分の自動撮影ができる機能)で撮影した画像をカメラ内で自動的に動画に変換する機能。

[写真]デジタルカメラ「FinePix XP90」

■ シネマカメラ用ズームレンズ「FUJINON XK6x20」

デジタルシネマカメラに対応した高い光学性能を持ち、広角20mmから望遠120mmの幅広い焦点距離をカバーするシネマカメラ用ズームレンズ。広角から望遠までのズーム全域でT3.5の明るさを実現。Tドロップ(*5)がなく、快適な運用が可能。CMやコンサート、ドキュメンタリー、ドラマ撮影などの制作現場でのあらゆるシーンで、シネマカメラ特有の高画質かつ浅い被写界深度によるボケ味の良さを活かした映像表現をしたいというハイクォリティな映像制作に応えます。

【審査員の評価コメント】

デジタル技術が進化する中にあって、光学系であるレンズは映像クオリティに違いを生む重要な要素となる。業務用のシネマカメラ向けのズームレンズとして高品質でありながらリーズナブルな価格を実現しており、プロフェッショナルな撮影現場においてのユーザビリティを考慮した表記サイズや取り外し可能な駆動部、手にしっくりとなじむリングのトルク感などプロダクトとしてもバランスよくまとまっている。

*5 どの焦点距離においても開放Tナンバーが一定で、ズーム操作中にTナンバーが変化しないこと。「Tナンバー」は、F値と透過率を考慮して表したレンズの明るさを示す指標。数値が小さいほど明るいレンズであることを表す。

[写真]シネマカメラ用ズームレンズ「FUJINON XK6x20」

■ マシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF-12Mシリーズ」

世界最小(*6)・最軽量(*7)のコンパクトサイズを実現した、製造ラインの製品検査や計測などで使用するマシンビジョンカメラ用レンズ。製造ラインでの品質検査や部品の計測などに用いるマシンビジョンシステムでは、搭載されるカメラの高解像度化が進んでおり、画像情報の入口となるレンズには画像周辺部まで均一な高い解像性能が要求されています。本製品は、画像周辺部まで8メガピクセル相当の解像性能を保つだけでなく、特にお客さまの使用頻度が高い、絞り値F4での撮影条件下では、12メガピクセル相当よりも高い解像性能が得られます。さらに、撮影距離や絞り値の変更に伴う解像性能の低下を抑制するフジノンレンズ独自の高解像性能「4D High Resolution」により、製造現場の多様な設置・撮影条件下でも、一貫して高解像な画像が得られます。

【審査員の評価コメント】

5種類の異なる焦点距離を同じ鏡胴サイズに収めるという難しい光学設計の実現がまず評価された。そしてアルミ削りだし部品の共通化などコストダウンを図りながらも信頼感や高級感のある高い質感を実現し、認識しやすい洗練された表記などの細かい配慮もなされ、高い完成度でまとめられている。

*6 2/3型イメージセンサー対応8メガピクセル以上の解像性能を持つマシンビジョンカメラ用Cマウントレンズにおいて、外径寸法が世界最小。平成28年9月23日時点の公開情報に基づく。富士フイルム調べ。

*7 2/3型イメージセンサー対応8メガピクセル以上の解像性能を持つマシンビジョンカメラ用Cマウントレンズにおいて、同一の焦点距離を持つものと比べ、世界最軽量。平成28年9月23日時点の公開情報に基づく。富士フイルム調べ。

[写真]マシンビジョンカメラ用レンズ「FUJINON HF-12Mシリーズ」

■ 高機能化粧水「アスタリフト モイストローション」

肌の内部(*8)に蓄積する「ダメージコラーゲン」に着目して開発した独自の複合成分「CLリフレッシャー®」(*9)を新たに配合したスキンケアシリーズ「アスタリフト」の高機能化粧水。弾むようなハリとみずみずしいうるおい溢れる肌へと導きます。容器には、細身でシャープなストレートボトルのレフィル対応容器「スマートレフィル」を採用。ポンプヘッドを外してボトルを簡単に交換でき、その際、チューブが外部に露出しません。これにより、交換時の雑菌・異物の混入を防ぐことができ、衛生面にも配慮したデザインです。従来容器に比べて、使用するプラスチック量を約6割削減し、環境にも配慮しました。

【審査員の評価コメント】

衛生面とレフィル交換のしやすさ、本体の樹脂量の軽減に対する姿勢を高く評価した。

*8 角層まで。

*9 独自成分「ナノビタミンAx(うるおい成分)」と、コラーゲンペプチド(加水分解コラーゲン、うるおい成分)からなる独自複合成分(うるおい成分)。

[写真]高機能化粧水「アスタリフト モイストローション」

■ 監査支援システム「PROOFIT」

薬局において、医薬品名と数量が処方箋データと一致しているかを、読取機で撮影した医薬品の画像から解析し、高精度かつ瞬時に判定する監査支援システム。確認した医薬品名・数量が、調剤時に入力する処方箋データと異なる場合、即座に注意喚起し医薬品の取り間違いを未然に防止。薬剤師の監査業務の正確性向上とともに、効率化にも寄与します。監査結果を医薬品の撮影画像とともに記録しているので、患者からの問合せに対しても適切に対応できます。さらに、監査作業と記録保存をワンタッチで同時かつ瞬時に行うことが可能。操作性にも優れ、ストレスなく運用できます。

【審査員の評価コメント】

審査で実際に試してみて、とても高い精度で薬剤を判別できる読取機であることを実感した。人間が処方箋を読み誤ることはありうることであり、こういった人間の仕事をサポートできるシステムは推進されるべきものだと思う。それにより、人間はまた違った仕事に時間を費やすことができる。今後は、この技術を異なる領域に広げたり、発展させていくことを期待する。

[写真]監査支援システム「PROOFIT」

■ FUJIFILM SonoSite, Inc. タブレット型超音波画像診断装置「SonoSite iViz」

本体の重さが約520gと小型・軽量で、院内の回診時に医療従事者が白衣のポケットに入れて手軽に持ち運べるFUJIFILM SonoSite, Inc.のタブレットタイプ超音波画像診断装置。在宅医療、救命救急、僻地・災害医療においても利便性を発揮する優れた携帯性と、7インチ液晶画面サイズによる診断のしやすさを両立しました。検査時には、本体を片手で持ちながら親指だけで画像調整ができ、ピンチやスワイプなど直感的な操作で検査を進めることができます。携帯性だけでなく、画質も追求し、同社の小型化技術によって新開発した独自の画像処理回路を搭載。小型でも、140万画素の鮮明で高精細な画像を実現します。さらに、無線LAN機能も搭載しており、セキュアなネットワーク環境下で検査画像を送信できます。

【審査員の評価コメント】

医療用途としてはとても美しいデザインであると高く評価した。片手で操作板を操作しながらエコープローブを使用できるデザイン性も素晴らしいと考える。

[写真]FUJIFILM SonoSite, Inc. タブレット型超音波画像診断装置「SonoSite iViz」

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る