ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

中判サイズの大型イメージセンサーによる超高画質を実現した、ハイエンドミラーレスの決定版!
1kgを切る小型軽量ボディで、優れた機動性を発揮

中判ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50S」

超高解像を可能にする大口径の専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」3種も発売!

新発売

2017年1月19日

2017年2月15日更新

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、35mmフルサイズイメージセンサー(*1)の約1.7倍となる中判サイズ(43.8x32.9mm)の「FUJIFILM G フォーマット」イメージセンサー(以下、「Gフォーマット」センサー)を搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」(以下、「GFX 50S」)と、大口径の専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」(以下、「GFレンズ」)3種を、平成29年2月28日に発売します。

「GFX 50S」は、有効画素数5140万画素の「Gフォーマット」センサー、画像処理エンジン「X-Processor Pro」、富士フイルムが80年以上にわたり蓄積した色再現技術、世界中の写真家から長年高い評価と信頼を得てきた「フジノンレンズ」の設計思想を忠実に引き継いだ交換レンズ「GFレンズ」との組み合わせで、富士フイルム史上最高画質を実現するハイエンドミラーレスデジタルカメラです。APS-Cサイズセンサー(*2)搭載のデジタルカメラ「Xシリーズ」で高い評価を得ている高品位なデザイン、優れた操作性などの特長も継承しています。

なお、今回発売する「GFレンズ」は、標準レンズ「FUJINON GF63mmF2.8 R WR」(以下、「GF63mmF2.8 R WR」)、標準ズームレンズ「FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR」(以下、「GF32-64mmF4 R LM WR」)、中望遠マクロレンズ「FUJINON GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」(以下、「GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」)の3種です。

<「GFX 50S」と「GFレンズ」で実現した主なポイント>

中判サイズの5140万画素CMOSセンサーと、「Xシリーズ」で好評の画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載

同等の画素数を持つ35mmフルサイズセンサー搭載機と比べて、センサーサイズが大きく一画素あたりの受光能力に優れるため、卓越した高感度性能、階調再現性を発揮します。さらに、集光性能と解像力を最適化するマイクロレンズや、フォトダイオードを形成するプロセスを最適化することで、既存の同サイズセンサー採用カメラをも上回る超高画質を実現し、被写体の質感、立体感、その場の空気感までも伝えられるほど精緻な映像を描写できます。
また画像処理エンジンには、「Xシリーズ」ですでに高評価の「X-Processor Pro」を採用。富士フイルムが誇る「フィルムシミュレーション」による色再現をお楽しみいただけます。動画機能はフルHD30pに対応しており、高画質動画撮影が可能です。加えて、静止画同様に「フィルムシミュレーション」を使うことで、色調整などの後処理が不要になります。

小型軽量かつ高剛性ボディを実現し、中判サイズセンサー搭載機の常識を覆す機動性を発揮

マグネシウム合金を使用した、小型軽量かつ高剛性ボディ。さらに、ミラーレスシステムであるため、標準レンズ「GF63mmF2.8 R WR」と組み合わせても約1230gと、中判サイズセンサー搭載機(*3)の約60%、35mmフルサイズセンサー搭載機(*3)とほぼ同等の重量を実現しているため、高い機動性を発揮します。

369万ドット有機EL電子ビューファインダー(EVF)、236万ドット静電式タッチパネル背面液晶モニターを採用

EVFは富士フイルム初の着脱式で、ユーザーの使い方に合わせたフレキシブルな運用が可能。別売のEVFチルトアダプター(EVF-TL1)と併用することで、さまざまな角度に調整できます。また背面液晶モニターには、タッチ操作でメニューや測距点、画像などを選択できる3.2型静電式タッチパネルを採用。3方向チルト式とすることで操作性を高めるとともに、画像やピントを容易に確認できます。

堅牢性、耐久性に優れる大口径「Gマウント」と超高解像を実現する「GFレンズ」を新開発

マウント径65mmの大口径、26.7mmと短いフランジバック(*4)の専用マウント「Gマウント」を開発しました。ボディとレンズを同時開発することで、「Gフォーマット」センサーと「GFレンズ」の性能を最大限に引き出します。レンズの光学設計の自由度を向上させ、高画質化、さらにはボディの小型化にも貢献しています。
新規設計の「GFレンズ」は、将来を見据え、1億画素のセンサーにも対応できる解像力を実現。また、レンズ鏡胴には「Xシリーズ」で好評の絞りリングを備え、写真家の直感的な操作に対応します。また、新たに絞りリングにも「C(コマンドダイヤル)ポジション」を追加し、絞りをボディのコマンドダイヤルで変更可能にしました。

[写真]「GFX 50S」「GF63mmF2.8 R WR」「GF32-64mmF4 R LM WR」「GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」

平成23年に発売した「Xシリーズ」は、風景撮影、スナップ撮影、ポートレート撮影、スポーツフォトなど、幅広いジャンルにおいて、独自の色再現技術などによる高画質と優れた機動性で、プロ写真家および写真愛好家から高い評価を得てきました。また昨今では、「Xシリーズ」の優れた色再現を継承し、商業写真やスタジオポートレート写真などの分野に適した、より高画素で大型センサーを搭載したカメラに対するニーズが高まっていました。富士フイルムは、このようなニーズに応えるため、「GFX 50S」および「GFレンズ」を開発しました。

「GFX 50S」および「GFレンズ」は、富士フイルムの長年の写真フィルム、中判・大判カメラ用レンズ、および近年の「Xシリーズ」の開発で培ってきた、画質設計、光学設計、外装設計、回路設計などの技術・ノウハウと、大型センサーの組み合わせにより、世界最高峰の写真表現を可能とした新しいカメラシステムです。既存のカメラシステムの画質に満足されなかった方、より高い次元の画質を求める方に満足いただける製品です。

富士フイルムは、従来の「Xシリーズ」に、「GFX 50S」および「GFレンズ」を加えて、これからも写真の素晴らしさ、写真を撮る悦びを提供していきます。

*1 36mm×24mmサイズのイメージセンサー。多くのデジタル一眼レフが採用している。

*2 23.6mm×15.6mmサイズのイメージセンサー。

*3 中判サイズおよび35mmフルサイズのイメージセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラ。

*4 レンズマウントのマウント面からセンサーまでの距離。

1. 製品名、発売日、価格
製品名 発売日 メーカー希望小売価格(税別)
FUJIFILM GFX 50S 平成29年2月下旬
<2017年2月15日追記>
平成29年2月28日(火)
オープン
FUJINON GF63mmF2.8 R WR 195,000円
FUJINON GF32-64mmF4 R LM WR 299,500円
FUJINON GF120mmF4 R LM OIS WR Macro 349,500円
2. 製品の主な特長
(1) 中判サイズ(43.8x32.9mm)の大型CMOSセンサー(「Gフォーマット」センサー)と、80年以上の歴史を持つ富士フイルムの色再現技術の融合が生み出す世界最高峰の写真画質。
  • 35mmフルサイズセンサーの約1.7倍の面積を持つ中判サイズ「Gフォーマット」センサー(有効画素数5140万画素)を搭載。大型センサーならではの解像性能は、大きなサイズの商業印刷物や屋外のビルボード、雄大な風景写真に加え、歴史文献のアーカイブ作成などで威力を発揮します。また、同等の画素数を持つ35mmフルサイズセンサーと比較して、一画素あたりのピクセルサイズが大きいため、解像性能だけでなく、卓越した高感度性能、階調再現性を実現。それらによる質感、立体感、空気感の描写と相まって、極めて高品位な写真撮影が可能です。
  • ISO100相当の低感度の常用感度化も実現。室内スタジオでのフラッシュ撮影や屋外での日中シンクロ撮影に対応します。絞り値の選択の幅を広げることで、浅い被写界深度を活かしたフラッシュ撮影を可能にします。
  • 画像エンジンは、「Xシリーズ」のダブルフラッグシップモデルである「FUJIFILM X-Pro2」(以下、「X-Pro2」)「FUJIFILM X-T2」(以下、「X-T2」)ですでに高い評価を得ている「X-Processor Pro」を採用。「Xシリーズ」最大の特長であり、往年のカラーリバーサルフィルムやプロ用カラーネガフィルムの色再現、モノクロフィルムの階調再現をデジタル技術で実現できる「フィルムシミュレーション」をお楽しみいただけます。
  • 今回、新機能の「カラークローム・エフェクト」を追加。この機能を使うことで、陰影のある色鮮やかな花のように、彩度が高く階調再現が難しいと言われる被写体において、従来よりも深みのある色再現、階調再現が可能です。
  • ファイル形式は、JPEGで3種類(SUPER FINE、FINE、NORMAL)、RAWで2種類(非圧縮、圧縮)を用意。さらに、カメラ内RAW現像でのTIFF出力も可能で、プロ写真家の多彩なニーズに応えます。
  • 動画機能はフルHD(1920×1080 29.97p/25p/24p/23.98p 36Mbps)に対応。大型センサー独特の浅い被写界深度と「フィルムシミュレーション」による優れた色再現を活かした高画質動画が撮影できます。

[写真]35mmフルサイズセンサーの約1.7倍の面積を持つ中判サイズの「Gフォーマット」センサー/カラークローム・エフェクトの使用例

(2) マグネシウム合金製の小型軽量・高剛性ボディなどにより、中判デジタルカメラの常識を覆す機動性を実現した、世界初の「フォーカルプレーンシャッター搭載中判ミラーレスデジタルカメラ」
  • ボディにはマグネシウム合金を使用し、小型軽量かつ高剛性を実現。ボディ単体重量は約825g(電池、カード込み)と非常に軽く、適度なサイズと優れた形状のグリップによる高いホールド性により、中判サイズセンサー搭載機でありながら手持ち撮影が非常に容易に行えます。また、「Xシリーズ」のフラッグシップモデル同様、防塵・防滴・マイナス10℃の耐低温構造で、過酷な撮影現場におけるプロ写真家のニーズに応えます。
  • 新開発のフォーカルプレーンシャッターは、最高速1/4000秒(電子式は1/16000秒(*5)、フラッシュ同調速度1/125秒以下、シャッター耐久15万ショット(*6、という高性能、高耐久と、低振動、静音を両立しています。さらに、電子先幕シャッター、完全電子シャッターも選択可能で、シャッターショックによる微細な振動が解像力低下を誘発しやすい1/30~1/125秒前後の低速シャッタースピード使用時に効果を発揮します。
  • 記録メディアには「Xシリーズ」同様SDカード(UHSII推奨)を採用。デュアルスロットを装備し、撮影順序に従って連続で記録する「順次」、同じデータを2枚のカードに同時記録する「バックアップ」、RAWとJPEGを別々のカードに書き込む「分割」の3通りの記録方法に対応しています。
  • 大容量バッテリー「NP-T125」を新開発。電池一個で約400枚の撮影が可能です。(オートパワーセーブON時)

*5 動く被写体について画像が歪んで撮影される場合があります。また、高速シャッターにおいても手持ち撮影すると画像が歪んで撮影される場合がありますので、三脚の使用をお勧めします。

*6 当社試験基準によります。

(3) 着脱式の超高精細369万ドットEVF、3方向チルト方式を採用した236万ドット静電式タッチパネル背面液晶モニターで、撮影の利便性が大幅に向上。
  • EVFには新たに0.5 型369万ドット有機ELパネルを採用。光学ガラス5枚を使用し、ファインダー倍率を0.85倍に高めることで、極めて高精細で広い視野角(対角40°)を持ったファインダー像を実現。別売のEVFチルトアダプター(EVF-TL1)を装着することで、横位置撮影時で最大90°、縦位置撮影時で最大±45°までアングルを調整することができ、スタジオポートレートでの全身撮影、ローアングルでの花や風景の撮影時に大きな効果を発揮します。
  • 背面液晶モニターには3.2インチ、236万ドットの高精細液晶パネルを採用。正確なピント、色再現の確認が可能です。また、「X-T2」同様、横位置撮影時に上下方向、縦位置撮影時に上方向へのチルトが可能な「3方向チルト式」を採用し、ファインダーとしての機能も充実しています。さらに、タッチ操作に対応しており、メニュー選択やAF測距点選択、再生画像の拡大、縮小、コマ送りなど、さまざまな操作が指先一つで可能です。

[写真]EVFチルトアダプター「EVF-TL1」(別売)/「EVF-TL1」装着例 ファインダーをさまざまなアングルに調整可能/背面液晶モニターは3方向チルトに対応。

(4) 「Xシリーズ」の特長である、直感的にカメラの設定を操作・確認できるダイヤル中心の操作系と、所有する喜びが強く感じられる「カメラらしい」デザインを継承。
  • 「GFX 50S」の外観デザインは「Xシリーズ」のコンセプトを踏襲し、中判サイズセンサーの採用によって大型化したボディに合わせ、軍艦部、グリップ部などを最適化しています。そのため、「Xシリーズ」と併用した場合でも迷うことなく、快適に、かつ確実に操作が可能です。
  • 「GFX 50S」は、「Xシリーズ」のフラッグシップモデル同様、露出を決定する重要な要素である絞り、シャッタースピード、ISO感度を、すべて独立した専用ダイヤルで設定することができるため容易に撮影を開始できます。
  • 絞りダイヤル、ISO感度ダイヤルには「Cポジション(=コマンドダイヤルポジション)」、シャッタースピードダイヤルには「Tポジション(=タイムポジション)」を用意。これらのポジションに設定することで、ボディのグリップ部の前後のコマンドダイヤルで露出設定が行えます。この2通りの操作方法を好みや使いやすさ、撮影環境などに応じて使い分けることで、より快適で迅速なカメラ操作が実現できます。
  • 軍艦部天面には1.28インチのサブ液晶モニターを搭載。カメラを上面、もしくは前面側から見た場合でも、絞り値、シャッタースピードといった重要な露出設定などを確認でき、三脚やレリーズを使用しての撮影時、PCシューティング時に快適な操作が可能です。
  • オートフォーカスは9x13の計117点(最大425点)の測距点を持つコントラストAFを採用。センサーの撮像面で測距し、合焦させるミラーレスカメラならではの高精度なAFによって、被写界深度の浅い中判サイズセンサーでのピント精度を飛躍的に向上させています。測距点選択は、「X-Pro2」「X-T2」で採用し「直感的に測距点の移動ができる」と非常に高い評価をいただいている「フォーカスレバー」に加え、背面液晶のタッチ操作でも行えます。

[写真]絞り、シャッタースピード、ISO感度はすべて独立した専用ダイヤルで設定可能。天面には、露出設定を確認できるサブ液晶モニターを搭載しています。

(5) 大型「Gフォーマット」センサーの性能を引き出す、大口径「Gマウント」と超高画質「GFレンズ」を新開発。ボディ、マウント、レンズを同時開発した、最高画質を実現するカメラシステム。
  • マウント径65mm、フランジバック26.7mmの「Gマウント」は、「Gフォーマット」センサーの持つ性能を最大限に引き出すために設計された専用マウントです。開口部を大きくすることで、レンズのバックフォーカスを最短16.7mmまで短くできます。レンズの光学設計の自由度を飛躍的に広げ、特に広角レンズの高性能化に大きく寄与しています。さらに、すべての「GFレンズ」は将来の高画素化を見据え、1億画素のセンサーにも対応できる解像力を実現しています。
  • マウントの素材には、ボディ側にステンレススチール、レンズ側には強度の高い真鍮を使用。重量が重くなりがちな大口径レンズも確実に装着できます。
  • 「Gマウント」専用の交換レンズ「GFレンズ」は、「Xシリーズ」の交換レンズとして定評のある「XFレンズ」の設計思想をそのまま継承しており、極めて高い解像力と豊かな階調再現を実現します。絞りリングには「XFレンズ」にも搭載している「A(=オート)ポジション」に加え、ボディからでも絞り値の変更が可能な「Cポジション」を追加しました。
  • ロックボタンを絞りリング上に配置。「Aポジション」「Cポジション」設定時に、絞り値の誤操作などの危険性を低減しています。
  • 「GFレンズ」は過酷なプロ写真家の撮影現場での使用に耐えるため、すべてが防塵防滴、およびマイナス10℃までの耐低温構造を実現しています。

<今回発売する3種の交換レンズの特長>

[図]レンズ構成図

① 標準レンズ 「GF63mmF2.8 R WR」

  • 35mm判換算で約50mmの焦点距離を持つ標準レンズです。スタイリッシュなデザインを採用し、外形Φ84.0×71.0mm、質量僅か405gと、非常に小型軽量です。
  • EDレンズ1枚を含む8群10枚構成。解像性能を最優先し、小型化に適したレンズタイプを採用。フォーカス方式を前群繰り出し式とすることで、撮影距離による収差変動を抑え、画面中心から周辺まで絞り開放でも高い解像性能を発揮します。

[図]レンズ構成図

② 標準ズームレンズ 「GF32-64mmF4 R LM WR」

  • 35mm判換算で25-51mmの焦点距離を持つ標準ズームレンズです。
  • 大口径高精度非球面レンズを含めた3枚の非球面レンズとEDレンズ、スーパーEDレンズ各1枚を使用した11群14枚構成で、広角から標準領域まで単焦点レンズに匹敵する高画質を実現。画面の中心から周辺まで極めて高い解像性能を発揮します。
  • フォーカス方式はインナーフォーカス方式を採用。フォーカスレンズを軽量化してリニアモーターで駆動することにより、高速かつ静音なAFを実現しています。

[図]レンズ構成図

③ 中望遠マクロレンズ 「GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」

  • 35mm判換算で95mmの焦点距離で、最大倍率0.5倍の中望遠マクロレンズです。
  • EDレンズ3枚を含む9群14枚構成。フォーカス方式はリニアモーターによるフローティングフォーカス方式を採用することによって、静音、高速なAFを実現しつつ、遠距離から近距離まで良好に収差を補正し、解像度を飛躍的に高めています。さらに、EDレンズをバランス良く配置することで色収差も良好に補正し、高画質を実現。また、前ボケ/後ボケともにきれいなボケ味を実現しています。
  • 最高5段分の手振れ補正機構を搭載。低照度下での手持ち撮影時などに大きな効果を発揮します。
  • 最前面のレンズにはフッ素コーティングを施し、優れた撥水・防汚性能も備えています。

(6) 豊富な専用アクセサリーを用意し、プロ写真家の細かな要求にも応えられるシステムを構築。幅広い撮影シーンや撮影手法に対応が可能。

① 縦位置撮影時の利便性を大きく向上させる縦位置バッテリーグリップ「VG-GFX1」(別売)

  • レリーズボタン、ダイヤル、ファンクションボタンなどを配置し、横位置撮影時と同様の操作性を実現する高機能バッテリーグリップです。専用バッテリー「NP-T125」1個を装填でき、長時間撮影時のバッテリー交換頻度を下げることが可能です。
  • 別売アクセサリーの「AC-15V」を接続することで、グリップ内の電池を約2時間で充電することが可能です。

② EVFの装着角度を調整することができる、EVFチルトアダプター「EVF-TL1」(別売)

  • 本アクセサリーをボディとEVFユニットの間に装着することにより、横位置撮影時で0°~90°、縦位置撮影時で-45°~+45°の範囲でEVFの装着角度を調整することができます。ファインダーを使用しながら、さまざまなアングルでの撮影が可能となり、カメラポジションの自由度や表現の幅が大きく広がります。

③ 富士フイルムの中判フィルムカメラ「GX645AF(※生産終了品)」用に開発した交換レンズ「SUPER EBC FUJINON HCレンズ」を装着するためのマウントアダプター「H MOUNT ADAPTER G」(別売)

  • 本アダプターを「GFX 50S」に装着することで、「GX645AF」用の交換レンズ「SUPER EBC FUJINON HC レンズ」計9本とテレコンバーター1本を使用できます。ピント合わせはマニュアルフォーカスに限定されるものの、ボディのコマンドダイヤルでの絞り変更や、レンズに内蔵されている「レンズシャッター」での撮影も可能。これにより、最高速度1/800秒での高速フラッシュシンクロができます。
  • ボディと通信可能な電気接点を備えており、各レンズの補正データなどを作成、保存、適用することが可能です。また、露出モードはマニュアル、絞り優先AEに対応します。
  • 重いズームレンズを三脚で使用する際のブレ防止と、良好な重量バランス確保のため、取り外し可能な三脚座も付属しています。

④ 「GFX 50S」をデジタルバックとして使用可能(*7)なビューカメラアダプター「VIEW CAMERA ADAPTER G」(別売)

  • 「GFX 50S」をデジタルバックとして使用することで、「CM FUJINON」など、往年のフジノン大判フィルムカメラ用レンズによる撮影が可能になるビューカメラアダプターです。4×5サイズのフィルムフォーマットを採用するビューカメラのフィルムホルダー装填位置に装着して使用します。
  • シャッターはレンズ側、ボディ側ともに使用可能で、撮影条件に併せて最適な方式を選択できます。
  • 大判レンズの大きなイメージサークルと、ビューカメラ独特の蛇腹による光軸可変機能を活用して、商品撮影や建築撮影などに有効な「アオリ」撮影が行えます。

*7 デジタルバックとは、フィルムカメラのフィルム装填部(フィルムバック)に装着することでデジタル撮影を行うためのユニットです。「VIEW CAMERA ADAPTER G」は、ビューカメラの形状によっては装着できない場合があります。

⑤ プロ写真家の撮影現場に欠かせないテザーシューティングソフト「HS-V5 for Windows」(*8)と、「Tether Shooting Plug-in PRO for Adobe® Photoshop® Lightroom®」(ともに別売)

  • 「GFX 50S」をUSBケーブルでPCと接続して本ソフトウェアを使用すると、撮影した画像を直接PCに転送したり、PCからカメラをコントロールできます。
  • 「Tether Shooting Plug-in PRO for Adobe® Photoshop® Lightroom®」に新規に搭載された「コントロールパネルウィンドウ」を使用することで、画像閲覧性のスピードアップや各種撮影条件の設定、保存など、多彩な機能が使用することができます。

*8 ご購入後に当社WEBサイトから最新版をダウンロードしてアップデートしていただく必要があります。

⑥ RAW現像ソフト「RAW FILE CONVERTER EX2.0 powered by SILKYPIX(無償)」と「Adobe® Photoshop® Lightroom®(別売)」

  • カメラ内RAW現像では対応できない、緻密な補正や高度な画像処理処理をする際に使用するRAW現像ソフトです。どちらも「フィルムシミュレーション」に対応しており、富士フイルムが誇る極めて高度な色再現に限りなく近い画像データの作成が可能です。

主な専用アクセサリー一覧

製品名 型番 メーカー希望小売価格(税別)
EVFチルトアダプター EVF-TL1 81,000円
縦位置バッテリーグリップ VG−GFX1 87,000円
充電式バッテリー NP-T125 17,000円
バッテリーチャージャー BC-T125 12,000円
マウントアダプター H MOUNT ADAPTER G 93,000円
ビューカメラアダプター<平成29年内発売予定> VIEW CAMERA ADAPTER G 未定
ACアダプター AC-15V 14,000円
クリップオンフラッシュ EF-X500 68,000円
クリップオンフラッシュ EF-X20 オープン
クリップオンフラッシュ EF-20 オープン
クリップオンフラッシュ EF-42 オープン
ステレオマイクロフォン MIC-ST1 オープン
リモートレリーズ RR-90 オープン

GFX 50Sの主な仕様

製品名 FUJIFILM GFX 50S
有効画素数 約5140万画素
撮像素子 43.8mm×32.9mm(FUJIFILM G Format) ベイヤーCMOSセンサー、原色フィルター採用
センサークリーニング 圧電素子による超音波方式
記録メディア SDカード(~2GB)/SDHCカード(~32GB)/SDXCカード(~256GB) UHS-I/UHS-II対応(*9)
レンズマウント FUJIFILM Gマウント
撮影感度 感度設定 AUTO(ISO12800まで設定可能)
ISO100~12800(1/3ステップ) (標準出力感度)
拡張感度 ISO50/25600/51200/102400    
ファインダー 電子ビューファインダー
0.5型 有機ELファインダー  約369万ドット(視野率: 約100%)
アイポイント:約23mm(接眼レンズ最後尾から)
視度調整範囲:-4m-1~+2m-1
ファインダー倍率: EVFモード時 0.85 倍
(ともに35 mm 判換算50 mm レンズ、無限遠、視度 -1.0 m-1 のとき)
対角視野 約40°(水平視野 約33°)
アイセンサー付き
液晶モニター 3.2型 4:3アスペクト タッチパネル式3方向チルトTFTカラー液晶モニター
約236万ドット(視野率約100%)
動画 Full HD 1920×1080 29.97p/25p/24p/23.98p 36Mbps 連続最大 約30分まで
HD 1280×720 29.97p/25p/24p/23.98p 18Mbps 連続最大 約30分まで
* 動画を撮影するときは、UHS スピードクラス1以上のメモリーカードをご使用ください。
* 動画を連続して撮影した場合、ファイルサイズが4GBを超える場合でも、一時中断することなく動画 撮影が可能ですが、動画ファイルは分割して保存されるため、それぞれのファイルごとに再生が必要です。
電源 充電式バッテリーNP-T125(リチウムイオンタイプ)(付属)
静止画撮影可能枚数(*10) 約400枚(オートパワーセーブON時) ※GF63mmF2.8 R WR使用時
連続撮影電池寿命(*10) Full HD:約145分 (顔検出OFF時)
実撮影電池寿命(*10) Full HD:約70分 (顔検出OFF時)
寸法・質量 (幅)147.5mm×(高さ)94.2mm×(奥行き)91.4mm(最薄部41.6mm)
約825g(付属バッテリー、メモリーカード含む)、EVF装着時:約920g
約740g(バッテリー、メモリーカード含まず)
付属品 充電式バッテリーNP-T125(リチウムイオンタイプ)、バッテリーチャージャーBC-T125、プラグアダプター(1式)、交換式ファインダーEVF-GFX1、ボディーキャップ、ストラップ取り付け金具、ストラップ取り付け金具ロック、ショルダーストラップ、ケーブルプロテクター、ホットシューカバー(ボディ/EVF)、端子カバー(EVF)、バッテリーグリップ用端子カバー、シンクロターミナルキャップ、使用説明書、保証書一式

*9 動作確認機種は、http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/compatibility/でご覧ください。

*10 CIPA規格による。バッテリーは付属のもの、記録メディアはSDメモリーカードを使用し測定。バッテリーの充電容量により撮影可能枚数の変動があるため、ここに示すバッテリー作動可能枚数を保証するものではありません。低温時にはバッテリー作動可能枚数が少なくなります。

フジノンGFレンズの主な仕様一覧

製品名 フジノンレンズ GF63mmF2.8 R WR
レンズ構成 8群10枚(EDレンズ 1枚)
焦点距離 f=63mm(35mm判換算:50mm相当)
画角 46.9°
最大口径比(開放絞り) F2.8
最小絞り F32
絞り形式 羽根枚数 9枚(円形絞り)
ステップ段数 1/3ステップ(全22段)
撮影距離範囲 0.5m~∞
最大撮影倍率 0.17倍
外形寸法 最大径×長さ(約)
先端よりマウント基準面まで
φ84.0mm×71.0mm
質量(約) (レンズキャップ、フード含まず) 405g 
フィルターサイズ φ62mm
付属品 レンズフロントキャップ FLCP-62II
レンズリアキャップRLCP-002
レンズフード
レンズポーチ
製品名 フジノンレンズ GF32-64mmF4 R LM WR
レンズ構成 11群14枚
(非球面レンズ:3枚、EDレンズ:1枚、スーパーEDレンズ:1枚) 
焦点距離 f=32-64mm(35mm判換算:25-51mm相当)
画角 81°~46.3°
最大口径比(開放絞り) F4
最小絞り F32
絞り形式 羽根枚数 9枚(円形絞り)
ステップ段数 1/3ステップ(全19段)
撮影距離範囲 広角:0.5m~∞
望遠:0.6m~∞
最大撮影倍率 0.12倍
外形寸法 最大径×長さ(約)
先端よりマウント基準面まで
φ92.6mm×116.0mm (ワイド端)/145.5mm(テレ端)
質量(約) (レンズキャップ、フード含まず)
875g
フィルターサイズ φ77mm
付属品 レンズフロントキャップ FLCP-77
レンズリアキャップRLCP-002
レンズフード
レンズポーチ
製品名 フジノンレンズ GF120mmF4 R LM OIS WR Macro
レンズ構成 9群14枚
(EDレンズ:3枚)
焦点距離 f=120mm(35mm判換算:95mm相当)
画角 25.7°
最大口径比(開放絞り) F4
最小絞り F32
絞り形式 羽根枚数 9枚(円形絞り)
ステップ段数 1/3ステップ(全19段)
撮影距離範囲 45cm~∞
最大撮影倍率 0.5倍
外形寸法 最大径×長さ(約)
先端よりマウント基準面まで
φ89.2mm×152.5mm
質量(約) (レンズキャップ、フード含まず) 980g
フィルターサイズ φ72mm
付属品 レンズフロントキャップ FLCP-72II
レンズリアキャップRLCP-002
レンズフード
レンズポーチ

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルム FinePixサポートセンター
  • TEL 050-3786-1060
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る