ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

高い機動性と優れた操作性を発揮するボディデザインに、独自開発2430万画素センサーを搭載

ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T20」

高速画像処理エンジンにより進化した高速・高精度AF性能で、動く被写体の決定的瞬間を捉える
「フィルムシミュレーション」による多彩な色調で、感性を刺激する4K動画も撮影可能

新発売

2017年1月19日

2017年1月31日更新

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術で卓越した写真画質を実現した「Xシリーズ」の最新モデルとして、高い機動性と優れた操作性を発揮する小型軽量ボディに、2430万画素のAPS-Cサイズ「X-Trans™ CMOS III」(*1)センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T20」(以下、「X-T20」)を、平成29年2月23日(木)より発売します。

「X-T20」は、最新のイメージセンサーと高速画像処理エンジン、高度なAFアルゴリズムにより、高速・高精度AFを実現し、素早く動く被写体の決定的瞬間を確実に捉えます。さらに、チルト式タッチパネル液晶モニターを搭載。ハイアングルからローアングルまでの幅広い画角を快適に撮影できます。また、富士フイルムの色再現技術を活かした「フィルムシミュレーション」を使った多彩な4K動画撮影も可能です。「X-T20」は、「ダイヤルを操作しファインダーを覗いて撮る」という写真撮影の根源的な楽しさと機能美を兼ね備えたミラーレスデジタルカメラです。

<「X-T20」で実現した主なポイント>

さまざまな撮影スタイルに対応する、小型軽量のボディと実用的な操作性能

平成27年6月に発売した「FUJIFILM X-T10」(以下、「X-T10」)で好評な手に馴染むグリップ形状とボディデザインを踏襲し、天面にはシャッタースピードダイヤル、露出補正ダイヤル、撮影モードを選択できるドライブダイヤルを配置。ドライブダイヤルに「動画ポジション」を追加し、静止画撮影から動画撮影への切り替えを瞬時に行えます。また、露出補正ダイヤルに「Cポジション」を追加。最大±5段の露出補正が可能になるなど、写真撮影の基本的な設定に関する操作性が向上しています。タッチパネル液晶モニターにはチルト式を採用。直感的なタッチ操作との組合せで、ハイアングルからローアングルまで様々な画角で快適に撮影できます。また、「オートモード切換レバー」を操作することで、シーンに合わせて最適な撮影条件をカメラが自動で設定する「アドバンストSRオート」となり、高画質な写真を簡単に撮影できます。

2430万画素のAPS-Cサイズ「X-Trans™ CMOS III」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」の組み合わせによる卓越した写真画質と高い機動性

2430万画素の「X-Trans™ CMOS III」センサーと画像処理エンジン「X-Processor Pro」の組み合わせで、卓越した高画質を生み出します。さらに、像面位相差AFエリアの拡大とAFアルゴリズムの見直しにより、最速0.06秒(*2)の高速AF、ライブビュー撮影5.0コマ/秒の高速連写、起動時間0.4秒(*3)、シャッタータイムラグ0.050秒、撮影間隔0.25秒(*4)を実現します。

動く被写体の決定的瞬間を捉える「新AFシステム」

AF測距点を従来モデル(*5)の49点から91点(最大325点)までに大幅に拡大。さらに、AFアルゴリズムを高精度に改良し、被写体の捕捉性能を向上させました。また、被写体の動きに応じて調整された5つのプリセットから最適な設定を選択できる「AF-Cカスタム設定」機能を搭載し、動体追従性能を大幅に強化しました。

高解像・高精細な4K動画撮影に対応

フルHD動画撮影に加え、「Xシリーズ」の特長である「フィルムシミュレーション」を活かした多彩な色調の4K動画撮影をお楽しみいただけます。HDMIモニター出力や外部マイク入力も行え、本格的な動画撮影も可能です。

24本の豊富なラインアップで幅広い撮影領域をカバーする、高性能なフジノンXマウントレンズ

本日発表の「フジノン XF50mm F2 R WR」を加えることで、交換レンズラインアップを24本に拡充しました。Xマウントレンズは高精度な光学設計と最新のデジタル技術が結集した最高峰の画質を実現したレンズです。超広角から超望遠域まで、「X-T20」との組合せで高い描写力を発揮します。

[写真][X-T20 Silver][X-T20 Black]

*1 X-Trans™ は、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑えます。

*2 CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、ハイパフォーマンスモードON時。「フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR」装着時。16mm撮影時。

*3 ハイパフォーマンスモードON時。「フジノンレンズ XF27mmF2.8」装着時。

*4 MFモード時。

*5 「X-Trans™ CMOS II」センサー、および「EXR Processor II」搭載機種。

1. 製品名、発売日、価格
製品名:デジタルカメラ「FUJIFILM X-T20」
   デジタルカメラ「FUJIFILM X-T20」レンズキット
発売日:平成29年2月下旬
<2017年1月31日追記>
発売日決定:平成29年2月23日(木)
希望小売価格:オープン
2. 製品特長
(1) 「ファインダーを覗いて撮る楽しさ」を追及した小型軽量のボディと実用的な操作性能
  • 縦横サイズの適切なバランスと手に馴染むグリップ形状をもつデザインを採用し、ボディの小型・軽量化を実現。持ち運びやすさだけでなく、撮影に集中するための最適な形状や素材にもこだわっています。また、シャッターの静音設計により、撮影の瞬間を意識させないため被写体の自然な表情を捉えることができます。
  • 天面と底面パーツには、堅牢性かつ剛性の高いマグネシウム合金を採用。
  • ボディ天面には、①シャッタースピード、②露出補正、③ドライブモードを設定するための3つのダイヤルを搭載。 カメラの電源を入れなくても、設定状況がひと目で分かり便利です。また、アルミを削りだした金属製ダイヤルにより、上質な外観と、心地よいクリック感を実現。
  • ドライブダイヤルには「動画ポジション」を新設し、静止画撮影と動画撮影の切換えが簡単に行えるようになりました。また、露出補正ダイヤルに「Cポジション」を追加したことで、通常は±3段、1/3ステップずつの露出補正が、フロントコマンドダイヤルとの組合せ操作で最大で±5段、1/3ステップの露出補正が可能となりました。
  • 高精細な104万ドット・3.0型のチルト式タッチパネル液晶モニターを採用。人垣や障害物の上からのハイアングル撮影、子供やペットなどの目線に合わせたローアングル撮影をタッチ操作で直感的に行えるなど、ユニークな画角での撮影を楽しめます。
  • レバーの切り換えだけでフルオートに切り換え可能な「オートモード切換レバー」を配置。「アドバンストSRオート」によりカメラがシーンに合わせた最適な撮影条件を自動で設定するため、誰でも簡単に撮影を楽しめます。
  • レンズ光軸上に位置する電子ビューファインダーには約236万ドットの有機ELディスプレイを採用し、最短表示  タイムラグ0.005秒を実現しています。また、ファインダー専用レンズにより0.62倍(*6)の大型表示倍率を実現するとともに、撮影シーンに応じて自動でファインダーの明るさが制御されることで、さまざまな環境下での視認性が向上しています。
  • 「撮影効果反映」機能をONにすることで、「フィルムシミュレーション」などの撮影効果をファインダーの表示に反映できます。
  • ファインダー部との一体設計により、小型のボディサイズを維持したまま、天面にポップアップフラッシュを内蔵。「スーパーiフラッシュ」機能により、シーンに合わせて光量を自動で制御します。

[写真]◀ボディ天面に3つのダイヤルを搭載し、快適な操作性を追求。「オートモード切換レバー」を操作するだけでフルオートに切換可能。

*6 ファインダーを通じて見る被写体の像の大きさと、肉眼で見る被写体の大きさとの比率。35mm判換算50mmレンズ、無限遠、視度-1.0m-1の時、0.62倍。

(2) タッチパネル操作による直感的で快適な撮影
  • 液晶モニターには静電式タッチパネルディスプレイを採用。設定メニューの「タッチパネル設定」をONにすると、撮影モード時と再生モード時に、スマートフォンやタブレット端末と同様の直感的操作が可能となり便利です。
  • 撮影モード時には、液晶モニター上の指で触れた位置でフォーカスを合わせる「タッチAF」やフォーカスから撮影まで自動でおこなう「タッチショット」等ができます。再生モード時には、液晶モニター上で指をスワイプすることで前後の画像へ遷移する「スワイプコマ送り」や、画面をダブルタップするとピント位置を中心に撮影画像を拡大表示する「ダブルタップ拡大」等ができます。
  • 動画撮影時も「タッチパネル設定」をONにすることで、被写体の動きに応じてピント位置の変更・再フォーカスが可能なため、より本格的な動画撮影に威力を発揮します。
  • また、タッチ操作を解除したいときには、「タッチパネル操作」をOFFにすることもできます。

[写真]◀タッチパネル操作による直感的で快適な撮影が可能です。

(3) 「Xシリーズ」最高峰の解像力を誇るイメージセンサー、高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」と、80年以上の写真フィルム開発により培われた色再現技術の組み合わせで卓越した写真画質を実現
  • 独自開発のAPS-Cサイズ「X-Trans™ CMOS III」センサー(2430万画素、ローパスフィルターレス)を搭載。非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑えます。解像感を損なう原因にもなっていたローパスフィルターが不要となることで、センサー受光部に光を十分に届けることができ、フジノンレンズの解像力を最大限に発揮できます。
  • 写真フィルムの開発で培った独自の色再現技術は、温かみのある人肌、抜けるような空の青色、鮮やかな木々の緑色などを、記憶色に近い美しい色で再現します。
  • フィルムシミュレーション機能に、「ACROS」モードを追加。「X-Processor Pro」の高速演算処理により、従来のモノクロモードを凌駕する滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感の再現によるモノクロ写真表現が可能です。
  • フィルム写真が持つ独特の粒状感を再現する「グレイン・エフェクト」機能を搭載。「強」「弱」の2段階で設定でき、全てのフィルムシミュレーションと併用が可能です。主にプリント時に、フィルム写真のような効果を手軽に再現できます。
  • センサーなどの新デバイスの採用と信号処理技術の改善により、更なるノイズ低減に成功。「X-T10」では拡張感度であったISO12800を通常感度として使用できます。超高感度撮影でも、画像のざらつきを抑え、引き締まった黒と滑らかな階調を再現。光量が少ないシーンでも美しい写真撮影ができます。
  • レンズの性能を最大限に引き出す独自の画像処理技術「点像復元処理」を搭載。レンズ毎の光学性能や特性を元に、回折現象(*7)などの光学的影響を補正するため、画像のすみずみまで高いシャープネスやリアルな立体感が得られます。

*7 絞りを絞り込んで撮影する際に、本来シャープになるべき細かい画像がボケてしまう現象。

(4) 動いている被写体に強い「新AFシステム」
  • AF測距点を従来モデル(*5)の49点から91点(最大325点)までに大幅に拡大。全画面の約40%(画面中央部)に49点の測距点置き、像面位相差AFエリアとすることで、高速・高精度な位相差AFをより多くのシーンで活用できます。
  • AFアルゴリズムを根本的に見直したことで、これまで像面位相差AFが苦手としてきた点光源、ローコントラスト、動物の毛並みのような微細なテクスチャーを持つ被写体の捕捉性能が向上しました。また、全画面の約85%をカバーするコントラストAFの性能も読み出し速度を従来モデル比約2倍(*5)に向上させ、より高速・高精度なピント合わせが可能となりました。動画撮影時にも、動く被写体に対して滑らかにAFポイントを遷移することができ、より自然でスムーズな動画撮影ができます。
  • 被写体に応じて、高精度なピント合わせが要求される際に有効な「シングルポイント」モード、動いている被写体の決定的瞬間を捉える「ゾーン」モード、複数のエリアを自動的に選択してピントを合わせる「ワイド/トラッキング」モードを選択できます。
  • 「ゾーン」モードでは、全91点の測距点から任意の位置に3x3、5x5、7x7のフォーカスエリアを選択できます。特に、フォーカスエリアの中心を画面中央に選択すると位相差AFを使用できるため、より高速でのピント合わせが可能です。「ワイド/トラッキング」モードでは、被写体の動きに合わせて複数のフォーカスエリアを自動で選択してピント合わせを行います。動きの予測できない被写体や素早く動く被写体を複数撮影したい際に非常に有効です。
  • フォーカスモードを「コンティニュアスAF(AF-C)(*8)」に設定した際に、ピントの追従性をより高める「AF-Cカスタム」設定を搭載しました。「AF-Cカスタム」設定では、被写体の動きに合わせたAF設定を5つのプリセットから選択することができます。

    SET1 基本:
    動きのある被写体全般に適応する標準的な設定です。

    SET2 障害物に強い:
    障害物がフォーカスエリアと被写体の間に入りやすいシーンに適しています。

    SET3 加速減速に強い:
    モータースポーツ等のように急激な加速や減速など、被写体の速度変化が大きなシーンに最適です。特に、高速AFが可能なリニアモーター駆動のレンズの使用で大きな効果を発揮します。

    SET4 急出現に強い:
    フォーカスエリア内に突発的に入り込んできた被写体に即座にピントを合わせたいシーンに適しており、画面の手前の被写体を優先してピント合わせを行います。

    SET5 激しい動きに強い:
    被写体の速度変化が激しく、かつ上下左右にも動いてフォーカスエリアから外れやすいフィールドスポーツの撮影時に最適な設定です。

  • 人間の瞳を自動で検出し、ピントを合わせる「瞳AF」を搭載。「瞳AF」は、「AUTO」「右目優先」「左目優先」の3種類から選択することができます。「AUTO」に設定すると、自動的に手前にある眼を優先してピント合わせを行うため、「フジノンレンズ」の明るい開放F値を活かした背景を美しくぼかすポートレート撮影など、ピント合わせが難しいシーンでも、手軽に瞳にピントを合わせることが可能です。
  • 被写体との距離に応じて自動でマクロモードに切り替わる「オートマクロ」機能を搭載。
  • 独自の像面位相差AFによる最速0.06秒の高速AFを搭載。高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」により、起動時間0.4秒、シャッタータイムラグ0.050秒、撮影間隔0.25秒を実現。

*8 シャッターボタンを半押ししている間、ピントを合わせ続けるAF方式。

(5) 高精細で色調表現が豊かな4K動画撮影
  • 独自開発のセンサーと画像処理エンジンにより、フルHD映像(1920 x 1080)に加え、4K映像(3840 x 2160)の撮影が可能となりました。ドライブダイヤルを「動画ポジション」に設定し、メニュー内の「動画モード」から4K動画を選択するだけで、100Mbpsの高ビットレート記録による4K映像の撮影が簡単に行えます。
  • 外付けHDMIモニターに接続して、「HDMIレックコントロール」をONにすると、カメラのレリーズボタンを切るだけで、自動的にHDMIクリーン出力が可能となり、自分の意図したタイミングでの4K動画記録が簡便に行えます。

    [写真]外付けHDMIモニターに接続して、HDMIクリーン出力が可能です。

  • 静止画撮影で好評な「フィルムシミュレーション」を動画撮影時にも使用できます。例えば、「クラシッククローム」モードによる、深みのある色合いと豊かな陰影を表現したドキュメンタリー調の映像や、「ACROS」モードによる引き締まった黒と滑らかな階調を両立させた美しいモノクロ映像の撮影ができ、当社ならではの多彩で表現豊かな動画撮影をお楽しみいただけます。
  • なめらかなフルHD動画撮影は、59.94コマ/秒、50コマ/秒、29.97コマ/秒、25コマ/秒、24コマ/秒、23.98コマ/秒の6種類から選択可能。お好みのフレームレートで撮影できます。
  • 動画撮影時もマニュアル露出設定が可能。絞り(*9)・シャッタースピード(*9)・ISO感度を設定でき、お好みの露出で撮影することが可能です。マニュアルフォーカスや露出補正と合わせて快適に撮影いただけます。

*9 絞り・シャッタースピードは撮影中も変更可能。また、シャッタースピードは設定されたフレームレートよりも速い範囲でのみ設定可能です。

(6) 幅広い撮影領域をカバーする、24本の豊富なフジノンXFマウントレンズ
  • 高精度な光学設計が施されたフジノンXマウントレンズは、①画面中央から周辺まで高い描写力で高精細な画像を撮影できること、②開放F値を最大限明るくし、表現の幅を広げること、③持ち運びやすいようコンパクト化を図ること、を基本コンセプトとしています。
  • ご好評を頂いているスタイリッシュレンズシリーズの「フジノン XF35mm F2 R WR」と「フジノン XF23mm F2 R WR」、「フジノン XF50mm F2 R WR」(本日発表)は高い描写力を誇りながらも小型・軽量のため、取り回しの良い「X-T20」との相性が抜群です。

[写真]取り回しの良い「X-T20」との相性が抜群の、スタイリッシュレンズシリーズ。

(7) 多彩な撮影機能
  • 写真フィルムの画質設計ノウハウが息づく当社独自のカラーモード「フィルムシミュレーション」を搭載。最新の「ACROS」をはじめVelvia/PROVIA/ASTIA/PRO Neg.Std(プロネガ スタンダード)/PRO Neg. Hi(プロネガ ハイ)/クラシッククロームなど合計15種類のモードから設定できます。
  • 高度なアート表現を手軽に楽しめるアドバンストフィルター機能を搭載。ポップカラー/トイカメラ/ミニチュア/ダイナミックトーン/パートカラー(赤・橙・黄・緑・青・紫)/ソフトフォーカスのほか、ハイキーやローキーといった撮影効果も手軽にお楽しみいただけます。
  • 2つの被写体を重ねてクリエイティブな表現を可能にする多重露出機能を搭載。
  • インターバルタイマー撮影が可能。撮影間隔(1秒~24時間)、回数(1枚~∞まで)、開始時間を設定可能。タイムラプス撮影などのユニークな表現を楽しめます。
  • 最速1/32000秒の超高速電子シャッター(*10)を搭載。晴天時の雪原や海岸などの非常に明るいシーンにおいて、開放F値で被写界深度の浅い写真を撮影しても露出オーバーせず、美しい画像を撮影することが可能。シャッター音が発生しないため、音に敏感な動物や寝ている子供を撮影する場合も、被写体の自然な表情を撮影することができます。
  • マニュアルフォーカス時に、左右にずれた像を一致させることでピントを合わせる「デジタルスプリットイメージ」(*11)や、被写体のコントラストが高い箇所の輪郭を強調して表示するフォーカスピーキング機能を搭載。強調部分の表示色を白・赤・青から選べ、ピントが合っているかどうかが分かりにくいシーンでも便利です。

*10 撮像素子が出力する電気信号を電子的に制御することで、露光時間をコントロールする露光方式。動いている被写体については、画像が歪んで撮影される場合があります。フラッシュ撮影はできません。

*11 デジタルスプリットイメージ、Digital Split Imageは、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。

(8) スマートフォンやタブレット端末(*12)からリモート撮影ができる「ワイヤレス通信」機能を搭載。
  • 専用アプリ「FUJIFILM Camera Remote」(無料)をお手持ちのスマートフォンやタブレット端末にダウンロードしていただくと、離れたところからでも、ワイヤレスでスマートフォンやタブレット端末でシャッターや露出などの操作ができる「リモート撮影」機能をお使いいただけます。「リモート撮影」では、「タッチAF」、シャッタースピード変更などの基本操作に加え、多様な撮影条件の設定が可能。集合写真や自分撮りはもちろん、自然の中での動物の撮影など、離れた場所から構図を確認して撮影できます。
  • 「ワイヤレス通信」機能を使えば、ID・パスワードなどを入力する手間なく、ワンタッチの簡単操作で写真や動画をスマートフォンなどに転送したり、カメラ内の写真や動画をスマートフォン上で閲覧して選択、取り込むことができます。スマートフォンなどで取得した位置情報を画像に付加することも可能です。
  • Wi-Fi®通信(*13)も対応しており、カメラ内のデータを簡単にパソコンにバックアップすることも可能です(*14)。

*12 Android™スマートフォンやタブレット端末、iPhone/iPad。

*13 Wi-Fi®はWi-Fi Alliance®の登録商標です。

*14 あらかじめ無料の専用ソフト「FUJIFILM PC AutoSave」をパソコンへインストールする必要があります。

3.別売アクセサリー

「X-T10」の別売アクセサリーである、レザーケース「BLC-XT10」とハンドグリップ「MHG-XT10」は、「X-T20」でもご使用いただけます。

  • レザーケース「BLC-XT10」

    [写真]レザーケース「BLC-XT10」装着時

    ボディにフィットする専用本革ボトムレザーケース。カメラを保護することに加え、本革が持つ上質な質感が手になじみホールド感を高めます。カメラに装着したままバッテリー交換が可能です。同じ革素材のショルダーストラップ、バッグに収納する際にカメラを包むラッピングクロスとセットで提供します。


  • ハンドグリップ「MHG-XT10」

    [写真]ハンドグリップ「MHG-XT10」装着時

    カメラのホールド感を高める金属性のアシストグリップ。三脚穴は光軸上に配置し、回転ズレのないパンニング・フレーミングが可能です。また、グリップを外すことなく電池やSDメモリーカードを抜差し可能。アリミゾ式の三脚台座を使用する際のクイックシューとしてもご使用いただけます。


製品名 型番 メーカー希望小売価格(税別)
ボトムレザーケース BLC-XT10 11,000円
ハンドグリップ MHG-XT10 16,000円
充電式バッテリー<NEW> NP-W126S オープン
バッテリーチャージャー BC-W126 オープン
DCカプラー* CP-W126* オープン
ACアダプター* AC-9V* オープン
マウントアダプター M MOUNT ADAPTER オープン
マクロエクステンションチューブ(16mm) MCEX-16 11,900円
マクロエクステンションチューブ(11mm) MCEX-11 11,900円
SDHCメモリーカード Class6(4GB) SDHC-004G-C6 オープン
SDHCメモリーカード Class6(8GB) SDHC-008G-C6 オープン
SDHCメモリーカード Class6(16GB) SDHC-016G-C6 オープン
SDHCメモリーカード Class10(4GB) SDHC-004G-C10 オープン
SDHCメモリーカード Class10(8GB) SDHC-008G-C10 オープン
SDHCメモリーカード Class10(16GB) SDHC-016G-C10 オープン
SDHCメモリーカード Class10(32GB) SDHC-032G-C10 オープン
UHS-Ⅰ対応 SDHCメモリーカード Class10 (8GB) SDHC-008G-C10U1 オープン
UHS-Ⅰ対応 SDHCメモリーカード Class10 (16GB) SDHC-016G-C10U1 オープン
UHS-Ⅰ対応 SDHCメモリーカード Class10 (32GB) SDHC-032G-C10U1 オープン
UHS-Ⅰ対応 SDXCメモリーカード Class10 (64GB) SDXC-064G-C10U1 オープン
クリップオンフラッシュ<NEW> EF-X500 68,000円
クリップオンフラッシュ EF-X20 オープン
クリップオンフラッシュ EF-20 オープン
クリップオンフラッシュ EF-42 オープン
バッテリーパック<NEW> EF-BP1 34,000円
ステレオマイクロホン MIC-ST1 オープン
リモートレリーズ RR-90 オープン
レンズプレート MLP-75XF 9,400円
プロテクトフィルター(フィルター径77mm用) PRF-77 11,300円
プロテクトフィルター(フィルター径72mm用) PRF-72 オープン
プロテクトフィルター(フィルター径67mm用) PRF-67 オープン
プロテクトフィルター(フィルター径62mm用) PRF-62 オープン
プロテクトフィルター(フィルター径58mm用) PRF-58 オープン
プロテクトフィルター(フィルター径52mm用) PRF-52 オープン
プロテクトフィルター(フィルター径46mm用) PRF-46 8,000円
プロテクトフィルター(フィルター径43mm用) PRF-43 7,300円
プロテクトフィルター(フィルター径39mm用) PRF-39 オープン
ボディーキャップ BCP-001 オープン
レンズフロントキャップ(フィルター径77mm用) FLCP-77 オープン
レンズフロントキャップ(フィルター径72mm用) FLCP-72 II オープン
レンズフロントキャップ(フィルター径72mm用) FLCP-72 1,100円
レンズフロントキャップ(フィルター径67mm用) FLCP-67 オープン
レンズフロントキャップ(フィルター径62mm用) FLCP-62 オープン
レンズフロントキャップ(フィルター径58mm用) FLCP-58 オープン
レンズフロントキャップ(フィルター径52mm用) FLCP-52 オープン
レンズフロントキャップ(フィルター径46mm用) FLCP-46 1,000円
レンズフロントキャップ(フィルター径43mm用) FLCP-43 1,000円
レンズフロントキャップ(フィルター径39mm用) FLCP-39 オープン
レンズフードキャップ(「XF18mmF2 R」用) LHCP-001 オープン
レンズフードキャップ(「XF35mmF1.4 R」用) LHCP-002 オープン
レンズリアキャップ RLCP-001 オープン

4.「FUJIFILM X-T20」の主な仕様

型番 FUJIFILM X-T20
有効画素数 約2430万画素
撮像素子 23.6mm×15.6mm(APS-Cサイズ) X-Trans™ CMOS Ⅲセンサー 原色フィルター採用
センサークリーニング 圧電素子による超音波方式
記録メディア SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード(UHS-I 対応)(*15)
レンズマウント FUJIFILM Xマウント
撮影感度 感度設定 AUTO(ISO12800まで設定可能)
ISO200~12800(1/3EVステップ)(標準出力感度)  
拡張感度 ISO100/25600/51200
ファインダー 電子ビューファインダー
0.39型 有機ELファインダー  約236万ドット (視野率: 約100%)
アイポイント:約17.5mm(接眼レンズ最後尾から)
視度調整範囲:-4.0m-1~+2.0m-1
ファインダー倍率: 0.62 倍 (35 mm 判換算50 mm レンズ、無限遠、視度 -1.0 m-1 のとき)
対角視野 約30 °(水平視野 約25 °)アイセンサー付き 
液晶モニター 3.0型 3:2アスペクト タッチパネル式TFTカラー液晶モニター 約104万ドット(視野率約100%)、チルト式
動画 4K(3840×2160) 29.97fps/25fps/24fps/23.98fps 100Mbps 連続最大 約10分まで
Full HD(1920×1080) 59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p 36Mbps 連続最大 約15分まで
HD(1280×720) 59.94p/50p/29.97p/25p/24p/23.98p 18Mbps 連続最大 約30分まで
*4K動画を撮影するときは、UHSスピードクラス3以上のメモリーカードをご使用ください。
*動画を連続して撮影した場合、ファイルサイズが4GBを超える場合でも、一時中断することなく動画撮影が可能ですが、動画ファイルは分割して保存されるため、それぞれのファイルごとに再生が必要です。
電源 充電式バッテリーNP-W126S(リチウムイオンタイプ)(付属)
寸法・質量 (幅)118.4mm×(高さ) 82.8mm ×(奥行き) 41.4mm (奥行き最薄部31.9mm)
約383g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
約333g(バッテリー、メモリーカード含まず)
標準撮影枚数(*16) 約350枚(XF35mmF1.4R使用時、LCD表示ON)
付属品 充電式バッテリーNP-W126S(リチウムイオンタイプ)、バッテリーチャージャーBC-W126、ショルダーストラップ、ボディーキャップ、ストラップリング、ストラップリングカバー、ストラップリング取り付け補助具、使用説明書、保証書一式

*15 動作確認機種は、http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/compatibility/index.htmlで掲載予定です。

*16 CIPA規格による。バッテリーは付属のもの、記録メディアはSDメモリーカードを使用し測定。バッテリーの充電容量により撮影可能枚数の変動があるため、ここに示すバッテリー作動可能枚数を保証するものではありません。低温時ではバッテリー作動可能枚数が少なくなります。

5.「FUJIFILM X-T20 レンズキット」の主な仕様

製品名 レンズキット X-T20/XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
ボディ仕様 (FUJIFILM X-T20に同じ)
同梱レンズ仕様
レンズ構成 10群14枚(非球面レンズ3枚、異常分散レンズ1枚)
焦点距離 f=18-55mm(35mm判換算:27-84mm相当)
画角 76.5°-29°
最大口径比(開放絞り) F2.8 - F4.0
最小絞り F22
絞り形式 羽根枚数 7枚(円形絞り)
ステップ段差 1/3ステップ(全19段)
撮影距離範囲 標準 0.6m~∞(ズーム全域)
マクロ 広角:30cm~10m
望遠:40cm~10m
最大撮影倍率 0.15倍(T端)
外形寸法 φ65.0mm×70.4mm(W端)/97.9mm(T端)
質量(レンズキャップ・フード含まず) 310g
フィルターサイズ φ58mm

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルム FinePixサポートセンター
  • TEL 050-3786-1060
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る