ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

イチョウ葉由来の機能性関与成分が、記憶力の維持をサポート(*1)

機能性表示食品「イチョウ葉エキス」

新発売

2017年2月6日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、機能性表示食品「イチョウ葉エキス」を平成29年2月10日より発売いたします。本製品は、機能性関与成分として「イチョウ葉フラボノイド配糖体」と「イチョウ葉テルペンラクトン」を配合しています。これらの成分には、認知機能の一部である記憶力を維持する機能があることが報告されています。

エイジングに伴う記憶力の低下に悩む方は多く、当社が実施した調査(*2)では40代~60代の4人に1人が記憶力に悩みがあると回答しています。高齢化が進む中、近年、記憶力の維持をサポートするサプリメントが注目されており、その需要は今後ますます増加し、市場が拡大すると見込まれています。

今回当社が発売する機能性表示食品「イチョウ葉エキス」は、1日の摂取目安量3粒に、機能性関与成分「イチョウ葉フラボノイド配糖体」を28.8mg、「イチョウ葉テルペンラクトン」を7.2mg配合しています。これらは、当社が国内外の文献(*3)から、認知機能の一部である記憶力を維持する効果があると総合的に判断した分量です。イチョウは、数億年前から地球上に存在し、さまざまな環境変化を乗り越えてきた非常に強い生命力と繁殖力を合わせ持つ樹木であり、その葉から抽出した成分は古くから世界中で健康維持のために用いられてきました。本製品の原料は、安全性・品質を保証するGMP認証(*4)を取得した工場で抽出された、高品質なイチョウ葉のエキスです。このイチョウ葉は、イチョウ葉の栽培に最適な土地改良を施した畑で厳格な品質管理の下、種から栽培されており、また機能性関与成分の含有量が最も多くなる夏から秋の落葉前の時期に収穫されています。本製品は、飲みやすい小粒の錠剤で、エイジングによる日常生活での記憶力の低下が気になる方におすすめです。

富士フイルムは、これまで「メタバリアスリム」や「飲む食べる私のサプリ」といった「糖の吸収を抑える」機能性表示食品や、天然由来の赤い色素成分「アスタキサンチン」と健康成分「セサミン」を配合した「飲むアスタキサンチン」などのサプリメントを製品化してきました。今後も、より多くのお客さまのニーズを捉えた高品質かつ安心して摂取いただける製品を提供し、人々の健康に貢献していきます。

[写真]

*1 本品にはイチョウ葉エキスフラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンが含まれます。イチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンは、認知機能の一部である記憶力(日常生活で生じる行動や判断を記憶し、思い出す力)を維持する機能があることが報告されています。

*2 平成28年2月に、40歳~69歳の男女1,198名を対象にアンケート調査を実施。

*3 参考文献
① Burns NR, Bryan J, Nettelbeck T., Ginkgo biloba: no robust effect on cognitive abilities or mood in healthy young or older adults. Hum Psychopharmacol. 2006, 21(1):27-37.
② Elsabagh S, Hartley DE, File SE., Limited cognitive benefits in Stage +2 postmenopausal women after 6 weeks of treatment with Ginkgo biloba. J Psychopharmacol. 2005, 19(2):173-81.
③ Kaschel K., Specific memory effects of Ginkgo biloba extract EGb 761 in middle-aged healthy volunteers. Phytomedicine. 2011, 18(14):1202-7.
④ Nathan PJ, Ricketts E, Wesnes K, Mrazek L, Greville W, Stough C., The acute nootropic effects of Ginkgo biloba in healthy older human subjects: a preliminary investigation. Hum Psychopharmacol. 2002, 17(1):45-9.
⑤ Santos RF, Galduróz JCF, Barbieri A, Castiglioni MLV, Ytaya LY, Bueno OFA., Cognitive performance, SPECT, and blood viscosity in elderly non-demented people using Ginkgo biloba.Pharmacopsychiatry 2003, 36:127-133.

*4 GMPは、Good Manufacturing Practiceの略。安全性確保のための ガイドラインで、定められた管理水準と管理手法が適切に運用されていることを保証しています。


1. 発売日
平成29年2月10日
2. 製品名/価格など
製品名(販売名) イチョウ葉エキス

[写真]

分類 機能性表示食品
届出番号 B115
機能性関与成分 (1日あたり) イチョウ葉フラボノイド配糖体: 28.8mg
イチョウ葉テルペンラクトン: 7.2mg
届出表示 本品にはイチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトンが含まれます。イチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉 テルペンラクトンは、認知機能の一部である記憶力(日常生活で生じる行動や判断を記憶し、思い出す力)を維持する機能があることが報告されています。
摂取目安量 1日あたり3粒
容量・価格 90粒(約30日分)
価格 3,000円+税
3. 製品特長

(1)機能性関与成分「イチョウ葉フラボノイド配糖体」と「イチョウ葉テルペンラクトン」を配合。記憶力の維持をサポートします。
(2)原料に、栽培から抽出まで厳格な品質管理のもとで生産された高品質なイチョウ葉のエキスを使用。
(3)飲みやすい小粒の錠剤。
(4)アレルギー物質「ギンコール酸」含有量を、古くからイチョウ葉を医薬品として認可し活用しているドイツの医薬品規格と同水準の5ppm以下に抑え、安全性に配慮。

4. 機能性関与成分

■イチョウ葉フラボノイド配糖体、イチョウ葉テルペンラクトン

イチョウ葉からエタノールや水で抽出された成分。脳中の活性酸素による障害軽減や血流改善を通じて、認知機能の一部である記憶力を維持する機能があることが報告されています。

5. 販売方法

(1)株式会社 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーより通信販売。
(ウェブサイト http://shop-healthcare.fujifilm.jp/ 電話0120-241-946)

(2)直営店「ASTALIFT 六本木店(フジフイルムヘルスケアショップ)」(東京ミッドタウン「FUJIFILM SQUARE」内:東京都港区赤坂9-7-3)、および「ASTALIFT GINZA(アスタリフト ギンザ)」(東京都中央区銀座5-6-17)にて販売。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部 
  • TEL 03-6271-2000
  • 製品、店舗に関するお問い合わせ 株式会社 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー ブランドマネージメント部 
  • TEL 0120-186-833
  • お客さま 株式会社 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー
  • フリーダイヤル 0120-241-946
  • ウェブサイト http://shop-healthcare.fujifilm.jp/
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る