ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

4K対応の放送用ズームレンズ

「FUJINON UA18×5.5」「FUJINON UA14×4.5」「FUJINON UA27×6.5」

広角/超広角の小型・軽量のポータブルレンズと27倍のスタジオレンズを加え、
全7機種の幅広いラインアップで4K映像制作のニーズにこたえる

新発売

2017年4月6日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、4K対応の放送用レンズ「UAシリーズ」に新たに3機種をラインアップします。小型・軽量なポータブルズームレンズ「FUJINON UA18×5.5」(以下「UA18×5.5」)と「FUJINON UA14×4.5」(以下「UA14×4.5」)は2017年4月下旬、27倍のスタジオズームレンズ「FUJINON UA27×6.5」(以下「UA27×6.5」)は2017年6月下旬の発売を予定しています。

「UA18×5.5」は、5.5mm~100mmの焦点距離を1本でカバーし幅広いシーンの撮影が可能です。「UA14×4.5」は焦点距離4.5mmの超広角レンズであるため臨場感ある撮影ができます。「UA27×6.5」は、焦点距離6.5mm~180mmまでの27倍ズームで多彩な撮影シーンに対応します。

富士フイルムは、4K対応の放送用レンズに今回発売する3機種を加え、全7機種の充実したラインアップで、世界的に拡大する4K映像制作のニーズにこたえていきます。

[写真]「FUJINON UA18×5.5」「FUJINON UA14×4.5」「FUJINON UA27×6.5」

現在、日本や欧米諸国を中心に、サッカーやゴルフのスポーツ中継をはじめ、ドラマやドキュメンタリーといったスタジオや屋外での各種番組制作においても、4Kに対応した放送機材の導入がますます進んでいます。

富士フイルムは、2015年に4K対応の放送用レンズを世界で初めて発売しました。これまで、4K放送の市場拡大に合わせて4機種の放送用レンズをワ-ルドワイドに提供しており、高画質や運用性の良さなどが高く評価され、幅広い用途で採用されています。

今回発売する「UA18×5.5」「UA14×4.5」「UA27×6.5」は、画面周辺の解像力低下とあらゆる収差を抑えることで、ズーム全域で4K画質を実現した放送用ズームレンズです。 「UA18×5.5」と「UA14×4.5」は、小型・軽量ボディによる高い機動性を実現したポータブルレンズです。近年の小型・軽量なカメラ「4Kカムコーダー」の登場により、ますます増えることが見込まれる肩担ぎスタイルでの4K撮影で威力を発揮します。「UA18×5.5」は、質量約2.04kgながら、広角5.5mmから望遠100mmまでの焦点距離を1本でカバーし、報道や、各種番組制作のロケなどの機動力が必要とされる撮影現場にも対応します。「UA14×4.5」は、全長約238.5mmの小型ボディで、超広角4.5mmの焦点距離を活かし、スポーツ中継や、各種番組制作のロケなどで奥行きのある臨場感溢れる映像を撮影することが可能です。

「UA27×6.5」は、4K対応の27倍ズームレンズで、ニュース番組やバラエティ番組などのスタジオ撮影に最適です。広角6.5mmの焦点距離を活かし、会場全体を映すコンサート・ライブ中継などにも対応します。「UA27×6.5」は焦点距離を2倍に延ばすエクステンダー(*1)をレンズ本体に内蔵しており、エクステンダー使用時でも高精細な画質を維持しながら焦点距離を360mmまでカバーします。

富士フイルムが提供するフジノンレンズは、高い描写力が評価され、世界中の映画、TVCM、テレビドラマの制作の現場で採用されてきました。今後、富士フイルムは最先端の映像表現の領域分野で長年培ってきた光学技術や精密加工・組立技術などを活かし、さらなるラインアップ拡充を進め、多様なニーズにこたえていきます。

なお、2017年4月24日~27日にラスベガスで開催される放送機器展示会「NAB2017」に本製品3機種を出展します。

*1 焦点距離を延ばすレンズ。

1. 製品名、発売日、価格
製品名 発売時期 価格
放送用ズームレンズ「FUJINON UA18×5.5BE」 2017年4月下旬発売予定 オープン価格
放送用ズームレンズ「FUJINON UA14×4.5BE」
放送用ズームレンズ「FUJINON UA27×6.5BE」 2017年6月下旬発売予定
2. 製品特長
<3機種に共通する特長>
① ズーム全域で4K対応の高い光学性能を実現
当社独自の多層コーティング処理「HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)」を施し、高い透過率や色再現性を実現。また、最新の光学シミュレーション技術を活用し光学設計を新たに行い、画面周辺の解像力低下とあらゆる収差を抑えることで、ズーム全域で4K画質を実現しています。
② 9枚絞り羽根採用による自然なボケ味を実現
9枚絞り羽の採用により、円形に近い絞り形状を実現。より自然なボケ味を活かした映像表現が可能です。

<個別製品の特長>
(1)「FUJINON UA18×5.5BE」

① 質量約2kgの小型・軽量を実現
質量約2.04kgの小型・軽量化を実現した4K対応のズームレンズ。報道や、各種番組制作のロケなど機動力が求められる撮影現場で威力を発揮します。
② 広角5.5mmから望遠100mmまでの18倍ズームで、幅広いシーンの撮影が可能
広角5.5mmから望遠100mmまでの焦点距離を1本でカバー。屋内外での番組制作や報道など幅広い撮影シーンで高い運用性と機動力を発揮します。また最短撮影距離0.4m(*2)での撮影が可能です。

*2 レンズ前面からの距離。

(2)「FUJINON UA14×4.5BE」

① 全長約238.5mmの小型・軽量を実現
全長約238.5mmの小型ボディを実現した4K対応のワイドズームレンズ。スポーツ中継や各種番組制作のロケ、屋内での撮影など幅広く対応します。
② 多彩なシチュエーションでの4K画質を実現
超広角4.5mmの焦点距離を活かし、スポーツ中継や各種番組制作のロケなどで奥行きのある臨場感溢れる4K映像を撮影することが可能です。さらに最短0.3mまでの近接撮影ができるため、屋内での限られたスペースでの使用も可能です。
③ 画面周辺の歪曲収差を抑制
最先端の映像分野で長年培ってきた光学技術を活かし、画面周辺部の歪曲収差を抑制しています。

(3)「FUJINON UA27×6.5BE」

① 広角6.5mmから望遠180mmまでの27倍ズームで、多彩な撮影シーンに対応
広角6.5mmから望遠180mmを実現した27倍レンズ。ニュースやバラエティ、音楽制作などのスタジオ撮影に最適です。さらに、会場全体を映すコンサート・ライブ中継など、多彩な撮影シーンで高精細な4K画質を実現します。
② 4K対応の高い光学性能を引き出す、最大口径比「F1.5」
最大口径比「F1.5」の大口径レンズを搭載。4K対応の高い光学性能を最大限引き出します。
③ 16bitエンコーダー(*3)を標準装備
ズームやフォーカスの位置情報などのレンズデータを高分解能で出力できる16bitエンコーダーを標準装備。CG映像とライブ映像を合成できるバーチャルスタジオなど、さまざまなシステムとの連携が可能です。

*3 位置情報をデジタル信号に変換するセンサー。16bitの精度で分割して、ズーム・フォーカスの位置情報を電気信号で送出。

3. 主な仕様
型名 UA18×5.5BE UA14×4.5BE UA27×6.5BE
カメラ仕様 2/3型センサー搭載バヨネットマウントカメラ
焦点距離 (1×) 5.5-100mm
(2×) 11-200mm
(1×) 4.5-63mm
(2×) 9-126mm
(1×) 6.5–180mm
(2×) 13–360mm
ズーム比 18× 14× 27×
エクステンダー
最大口径比 1:1.8(5.5-62mm)
1:2.9(100mm)
1:1.8(4.5-41mm)
1:2.8(63mm)
1:1.5(6.5-123mm)
1:2.2(180mm)
最至近距離(M.O.D.)
前玉から
0.4m 0.3m 0.6m
被写体範囲 (M.O.D.時)
[水平×垂直]
(1×)
5.5mm 800mm×450mm
100mm 44mm×25mm
(1×)
4.5mm 744mm×418mm
63mm 51mm×29mm
(1×)
6.5mm 1063×597mm
180mm 38×21mm
(2×)
11mm 395mm×222mm
200mm 22mm×12mm
(2×)
9mm 365mm×205mm
126mm 27mm×15mm
(2×)
13mm 529×297mm
360mm 20×11mm
画角
[水平×垂直]
(1×)
5.5mm 82.2°×52.2°
100mm 5.5°×3.1°
(1×)
4.5mm 93.6°×61.8°
63mm 8.7°×4.9°
(1×)
6.5mm 72.8°×45.0°
180mm 3.1°×1.7°
(2×)
11mm 47.1°×27.5°
200mm 2.7°×1.5°
(2×)
9mm 56.1°×33.3°
126mm 4.4°×2.5°
(2×)
13mm 40.5°×23.4°
360mm 1.5°×0.9°
フィルターネジ径 M127×0.75(フィルターはレンズフードに取り付けます) -
サイズ(約) φ95×240.5mm
(φ×全長)
φ95×238.5mm
(φ×全長)
258×264×536mm
(高さ×幅×奥行き)
質量(約) 2.04kg(レンズフードなし) 2.21kg(フードなし) 22.8kg

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 光学・電子映像事業部 営業グループ
  • TEL 048-668-2143
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る