ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズで初めて等倍撮影に対応し、迫力のあるマクロ撮影を実現
「Xシリーズ」の高画質な写真撮影の楽しみをさらに広げる!

中望遠マクロレンズ「フジノンレンズ XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」

強力な手ブレ補正機能を搭載し、小型・軽量なミラーレスカメラとの組み合わせで、より快適な手持ち撮影が可能

新発売

2017年9月7日

2017年10月31日更新

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術で卓越した写真画質を実現するデジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズのラインアップとして、中望遠マクロレンズ「フジノンレンズ XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」を、2017年11月30日(木)より発売します。本製品は、明るい開放F値2.8、焦点距離122mm相当(35mm判換算)のレンズで、「Xシリーズ」用交換レンズで初めて等倍撮影に対応。被写体を原寸大でセンサー上に写すことで、迫力のあるマクロ撮影が可能です。さらに、合焦部の高い解像感と、豊かなボケ味を実現。富士フイルム独自の色再現技術による色彩豊かな描写を生み出し、花などのネイチャーフォトで威力を発揮します。

「フジノンレンズ XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」は高い解像性能を持ち、独自開発の「X-Trans™ CMOSセンサー」(*1)の性能を余すことなく引き出す中望遠マクロレンズで、遠景から近接までのさまざまな撮影距離において、「Xシリーズ」の高画質をお楽しみいただけます。非球面レンズ1枚、EDレンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚を含む12群16枚構成の光学設計と、フローティングフォーカス方式(*2)を採用することで、収差が顕著に現れるマクロ撮影時でも高い解像感を実現。さらに、シフトブレ(*3)に対応した手ブレ補正機能によって、手持ちでの撮影をサポートします。また、リニアモーターを搭載することで高速かつ静音なAFを実現し、スムーズな撮影が可能です。

外装は、高級感と堅牢性を兼ね備えたデザインを採用。絞りリングやフォーカスリングの使用感も追求し、快適な操作性を発揮します。さらに防塵・防滴・-10℃の耐低温構造に加え、レンズ前玉に施したフッ素コーティングによる撥水・防汚機能も備えます。これらの高いタフネス性能により、アウトドアなどさまざまな撮影シーンに対応します。

富士フイルムは本日、「XFレンズ」の開発ロードマップの最新情報を発表しました(*4)。本ロードマップでは、ラインアップへの追加を予定している「超広角ズームレンズ」と「望遠単焦点レンズ」の基本スペックを公開しています。今後、本ロードマップで示した計27本の交換レンズのラインアップで、幅広い撮影領域をカバーしていきます。

*1 X-Trans™は、富士フイルム(株)の商標または登録商標です。非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでモアレや偽色の発生を抑えます。

*2 フォーカスレンズ群を2つに分け、撮影距離に応じて連動して駆動させるフォーカス方式。2つのフォーカスレンズ群の間隔を高精度に制御することで収差を抑制する。

*3 水平・垂直方向の手ブレで、撮影倍率が大きくなるほど手ブレの影響が顕著になる。

*4 「XFレンズ」の最新のロードマップは、http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/xf_lens/roadmap/をご覧ください。

[写真]

1. 製品名、発売日、価格

製品名 発売日 希望小売価格(税抜)
フジノンレンズ XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro 2017年11月
<2017年10月31日追記>
2017年11月30日(木)
168,500円
2. 製品特長

[写真]

[写真]

(1)フローティングフォーカス方式の採用により、高画質な等倍マクロ撮影を実現
  • 「Xシリーズ」用交換レンズで初めて等倍撮影を実現。被写体を原寸大でセンサー上に写すことで、迫力のあるマクロ撮影が可能です。
  • フォーカスレンズ群をフロントフォーカス群とリアフォーカス群の2つに分け、撮影距離に応じて駆動させるフローティングフォーカス方式を採用。2つのフォーカスレンズ群の間隔を高精度に制御することで、近接も含めた全撮影領域で収差を良好に抑制し、高画質な撮影を実現します。
    さらに、この2つのフォーカスレンズ群の傾きを抑える新機構を開発したことで、画像周辺部まで均一な高い解像性能を発揮します。
  • フォーカスレンズ群がレンズ内部を移動するため、レンズの全長は変わらず一定。被写体への接触を心配することなく、マクロ撮影をお楽しみいただけます。
(2)高い解像性能を実現
  • 非球面レンズ1枚、EDレンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚を含む12群16枚のレンズ構成を採用。非球面レンズによって球面収差を抑制し、EDレンズとスーパーEDレンズをバランス良く配置することで色収差を抑え、高い解像性能を実現します。
(3)シフトブレに対応した手ブレ補正機能を搭載
  • マクロ撮影時に影響が顕著になるシフトブレに対応した手ブレ補正機能を新たに搭載。ジャイロセンサーと加速度センサーにより角度ブレとシフトブレを高精度に補正し、手持ちでの撮影をサポートします。
  • CIPAガイドライン準拠で5.0段分の手ブレ補正性能を実現しています。
(4)高速かつ静音なAFを実現
  • リニアモーターを搭載することで高速かつ静音なAFを実現し、スムーズなマクロ撮影をお楽しみいただけます。
(5)高いタフネス性能を実現
  • 鏡筒の11か所にシーリングを施した防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用。さらに、レンズ前玉にはフッ素コーティングを施し、撥水・防汚機能も備える高いタフネス性能を実現しました。防塵・防滴・-10℃の耐低温構造のミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro2」「FUJIFILM X-T2」と組み合わせることで、アウトドアの小雨や埃が舞う環境下でも、安心して撮影ができます。
(6)テレコンバーターに対応
  • すでに発売済みの「フジノン テレコンバーター XF1.4X TC WR」(「XF1.4X TC WR」)と「フジノン テレコンバーター XF2X TC WR」(「XF2X TC WR」)の装着が可能で、望遠マクロレンズとしてもご使用いただけます。

「XF1.4X TC WR」装着時:焦点距離112mm(35mm判換算: 171mm相当)開放F値4
「XF2X TC WR」装着時:焦点距離160mm(35mm判換算: 244mm相当)開放F値5.6


詳細な製品情報については、http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujinon_lens_xf80mmf28_r_lm_ois_wr_macro/をご覧ください。

3. 主な仕様

形式 フジノンレンズ XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro
レンズ構成 12群16枚
(非球面レンズ1枚、EDレンズ3枚、スーパーEDレンズ1枚)
焦点距離 f=80mm(35mm判換算:122mm相当)
画角 20.1°
最大口径比(開放絞り) F2.8
最小絞り F22
絞り形式 羽根枚数 9枚(円形絞り)
ステップ段数 1/3ステップ(全19段)
撮影距離範囲(撮像素子面から) 25cm~∞
最大撮影倍率 1倍
外形寸法 最大径×長さ(約)
先端よりマウント基準面まで
φ80mm x130mm
質量(約)(レンズキャップ、フード含まず) 750g
フィルターサイズ φ62mm
付属品 レンズキャップ FLCP-62II
レンズリアキャップRLCP-001
レンズフード
ラッピングクロス
4. サポート情報

「XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」のAF性能を十分に発揮させるには、下記対象機種カメラのファームウエアのアップデートが必要です。当該ファームウエアは11月下旬に公開予定です。
ご使用中のファームウエアのバージョン確認やアップデート方法は、以下のウェブページをご覧ください。

対象機種:X-Pro1/X-E1/X-M1/X-A1/X-A2/X-E2/X-T1/X-T10/X-A3
ウェブページ:http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 富士フイルム FinePixサポートセンター
  • TEL 050-3786-1060
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • 「フジノン XFレンズ」スペシャルコンテンツ
  • http://fujifilm-x.com/lenses/
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る