ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

製造ラインの製品検査・計測で使用するマシンビジョンカメラ用レンズの望遠タイプが登場!

「FUJINON HF50XA-5M」

2/3型センサー・3.45μmピクセルピッチに対応、小型ボディと最短撮影距離200mmを実現
優れた耐振動・耐衝撃性能も発揮し、多様な設置条件で周辺部まで高画質を実現

新発売

2017年10月11日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、製造ラインの製品検査・計測で使用するマシンビジョンカメラ用レンズの新ラインアップとして、2/3型センサー・3.45μmピクセルピッチ(*1)(5メガピクセル相当)対応、焦点距離50mmの「FUJINON HF50XA-5M」(以下、「HF50XA-5M」)を、本年12月中旬より発売します。「HF50XA-5M」は、望遠タイプでありながら、外径φ33mmの小型ボディと、近接撮影にも対応できる最短撮影距離200mmを実現。また、優れた耐振動・耐衝撃性能を備えているため、揺れの大きい設置条件など、さまざまな環境下で使用できます。

[写真]

近年、製造現場では、製品の生産効率向上や厳格な品質管理に対する要求が高まっており、マシンビジョンシステムを活用した製品検査・計測が増加しています。このような中、より精度の高い検査を多様な設置条件下で行いたいというニーズが拡大しています。それに伴って、画像情報の入り口となるレンズにも、高い解像性能や小型化などが求められています。

富士フイルムは、本年2月に、2/3型センサー・3.45μmピクセルピッチ対応、撮影距離や絞り値の変更に伴う解像力の低下を抑制する当社独自の高解像性能「4D High Resolution」(*2)、コンパクト設計などを特長とする、マシンビジョンカメラ用レンズの新シリーズ「FUJINON HF-XA-5Mシリーズ」(以下、「HF-XA-5Mシリーズ」)を発売。焦点距離6mm、8mm、12mm、16mm、25mm、35mmの6機種をラインアップし、幅広い製造現場において画質や利便性などの点で高い評価をいただいています。

今回発売する「HF50XA-5M」は、「HF-XA-5Mシリーズ」の基本性能はそのままに、外形φ33mmの小型ボディ、焦点距離50mmを備えた、望遠タイプのマシンビジョンカメラ用レンズです。ユーザーの使用頻度が高い、撮影距離500mmの条件では、3.45μmピクセルピッチの高解像に対応し(*3)、それ以外の条件でも、「4D High Resolution」により、画像全域で2/3型センサー・4.4µmピクセルピッチ(3メガピクセル相当)以上の均一で高い解像度を確保します。これにより、検査対象から離れた場所からでも高精度な検査を行うことができます。

また「HF50XA-5M」は、最短撮影距離200mmを実現しているため、近接撮影も可能。微細な電子部品などを対象とした精密な製品検査などにも適しています。さらに、当社独自のメカ機構を採用することで、光軸変動(*4)10µm以下(*5)の優れた耐振動・耐衝撃性能を発揮。可動式のロボットアームの先端部にマシンビジョンシステムを装備して製品を検査する場合でも使用できます。

なお、「HF50XA-5M」は、画像認識精度向上に対するニーズの今後の高まりを見据えて、最大1.1型センサーまで対応できる光学設計を採用。同サイズに対応したマシンビジョンカメラに装着すれば、4.5µmピクセルピッチ(7メガピクセル相当)(*6)の高い解像度を可能にします。

富士フイルムは、広角(焦点距離6mm)から望遠(同50mm)に対応した全7機種の「HF-XA-5Mシリーズ」で、幅広いユーザーのニーズにこたえていきます。

富士フイルムは、長年培ってきた光学技術や精密加工・組み立て技術により、放送用レンズや監視カメラ用レンズなど、高画質デジタル時代に対応したレンズを幅広く提供しています。今後、さらなる成長が見込まれるマシンビジョン分野においても、高性能・高画質・高品質を追求した豊富なラインアップで多様な顧客ニーズにこたえていきます。

*1 イメージセンサーの精細さを表す指標。単位“µm”は、隣り合う画素間の距離を表し、距離が小さい(画素の密度が高い)ほど高い解像性能を持つ。2/3型センサーの場合、3.45µmピクセルピッチは5メガピクセルに相当。

*2 画像の中心部から周辺部まで均一な高い解像性能を保持し(2D)、撮影距離(distance)や絞り値(diaphragm)の変動による解像性能の低下を抑制(2D)する、フジノンレンズ独自の高解像性能を表す名称。

*3 画像の大部分で3.45μmピクセルピッチを実現。画像の周辺部では一部3.45μmピクセルピッチ以下の解像度となる。

*4 振動や衝撃によりレンズ玉が初期の位置から動くことで生じる画像ズレのこと。画像ズレによって撮影範囲が変動すると、センサーの誤作動を招く。

*5 加振台にレンズを固定し、振動数10-60Hz(振幅0.75mm)、振動数60-500Hz(加速度100m/S2)、掃引サイクル数50 cycleのJIS C 60068-2-6に準拠した振動実験の後、10Gの衝撃実験を実施。

*6 撮影距離500mmの条件下において。

1. 製品名、焦点距離、発売日、価格

製品名

焦点距離

発売日

価格

FUJINON HF50XA-5M

50mm

2017年12月中旬

オープン

2. 主な特長
(1)当社独自の高解像性能「4D High Resolution」により高い解像度を確保
  • ユーザーの使用頻度が高い、撮影距離500mmの条件では、2/3型センサー・3.45μmピクセルピッチ(5メガピクセル相当)の高解像に対応。それ以外の条件でも、当社独自の高解像性能「4D High Resolution」により、画像全域で2/3型センサー・4.4µmピクセルピッチ(3メガピクセル相当)以上の均一で高い解像度を確保します。
  • 画像認識精度向上に対するニーズの今後の高まりを見据えて、最大1.1型センサーまで対応できる光学設計を採用。同サイズに対応したマシンビジョンカメラに装着すれば、4.5µmピクセルピッチ(7メガピクセル相当)の高い解像度を可能にします(撮影距離500㎜の場合)。
(2)望遠タイプでありながら、外径φ33mmの小型ボディと最短撮影距離200mmを実現
  • 焦点距離50mmを備えた望遠タイプであるため、検査対象から離れた場所からでも高精度な検査を行うことができます。
  • 外形φ33mmの小型ボディにより、小型の検査装置内で設置スペースが限られている場合でも使用できます。
  • 最短撮影距離200mmを実現し、近接撮影に対応。微細な電子部品などを対象とした精密な製品検査などにも適しています。
(3)光軸変動10µm以下の優れた耐振動・耐衝撃性能を発揮
  • 当社独自のメカ機構を採用することで、光軸変動10µm以下の優れた耐振動・耐衝撃性能を発揮。可動式のロボットアームの先端部にマシンビジョンシステムを装備して製品を検査する場合でも使用できます。
(4)取り付け作業時の高い利便性を実現
  • フォーカス時でもレンズ全長が変化しない機構を採用。最適な撮影距離に合わせて取り付けることができます。
  • レンズ鏡筒にアイリス(絞り)とフォーカスの固定穴を3か所ずつ設けています。設置条件に合わせて最適な固定穴を選択可能で、取り付け作業時に高い利便性を実現します。
3. 主な仕様
製品名称 FUJINON HF50XA-5M
焦点距離 50mm
絞り範囲(F no) F2.4-F16
画角(H x V)
※標準センサー2/3型時
10.4°×7.8°
フォーカス範囲
(前玉面より)(mm)
∞‐200
操作方法 フォーカス マニュアル
アイリス マニュアル
フィルタ径 M30.5x0.5
マウント Cマウント
適合センサーサイズ(標準) 2/3型(3.45µm)
適合センサーサイズ(最大) 1.1型(4.5µm)
TVディストーション(%)
※標準センサー2/3型時
0.01
外径寸法(mm) φ33×66.5
質量 (約) (g) 95

製品の仕様および外観は、発表時点(2017年10月11日)の情報であり、予告なく変更する場合があります。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • お客さま 光学・電子映像事業部
  • TEL 048-668-2152
  • 報道関係 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る