ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ニュースリリース

Share |
 

肌のハリや弾力の維持に関わるメッシュコラーゲン(*1)を強化

独自成分「ナノレスベラトロールEX」を新開発

2018年7月10日

富士フイルム株式会社

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、肌の表皮と真皮の間にある基底膜に存在し、肌のハリや弾力の維持に関わる「メッシュコラーゲン」の構造を密にして強化するとともに、その分解を抑制する独自成分「ナノレスベラトロールEX」を新たに開発しました。本成分の開発にあたって以下の研究成果が得られました。

<研究成果>
① 肌の基底膜に存在するタンパク質「ECM1」(*2)が、肌のハリや弾力の維持に関わるメッシュコラーゲンの構造を密にし、強化することを確認しました。
② ECM1が、メッシュコラーゲンの分解を抑制することを確認しました。
③ ECM1を増加させる成分を探索した結果、ポリフェノールの一種である「レスベラトロール誘導体(別名:プテロスチルベン)」(*3)にその作用を見出しました。さらに、レスベラトロール誘導体とその浸透を促進するオイル「イソノナン酸イソトリデシル」を、当社独自技術でナノ乳化して浸透性を向上させた「ナノレスベラトロールEX」を新たに開発しました。本成分によって、ECM1が増加し、メッシュコラーゲンの構造強化と分解抑制が促されることで、肌のハリや弾力の改善が期待できます。

当社は、今後発売するエイジングケア領域の機能性化粧品にナノレスベラトロールEXを配合する予定です。

*1 メッシュ状の構造を形成するIV型コラーゲン。IV型コラーゲンは、真皮を構成するI型コラーゲンと異なり、表皮と真皮の間にある基底膜を構成する特殊なコラーゲンの1つ。

*2 「Extracellular matrix protein 1」の略。メッシュコラーゲンと共に基底膜に存在するタンパク質。

*3 プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス。

【基底膜とECM1】

基底膜は、表皮と真皮の間に存在し(図1左:肌の断面図)、表皮細胞の土台となるとともに、真皮から表皮へスムーズに栄養を供給する働きを持っています。基底膜は、主成分であるメッシュコラーゲンを始め、表皮と真皮の結合を担うラミニンやインテグリン、水分保持を担うパールカンなどから構成されています。

ECM1は、メッシュコラーゲンと同様に、基底膜に局在するタンパク質です(図1:蛍光顕微鏡像)。本成分は、 メッシュコラーゲンだけでなく、ラミニンやパールカンなど多くの分子と結合することが知られており(図1:基底膜の模式図)、その結合相手の多様性から“生体の接着剤”とも呼ばれ、基底膜の構造維持において重要な役割を担っています。

ECM1が遺伝的に異常な場合、表皮の萎縮やシワ形成、摩擦に弱く傷ができやすいといった、加齢に似た皮膚の変化が起こります。また、ECM1は加齢によって減少することから、エイジングケアを実現するための研究対象として注目されています。

[図1]

■ 研究の背景

当社は、これまで、写真フィルムの主成分であるコラーゲンの研究を応用し、肌の基底膜に存在して、加齢や紫外線によって分解が進み、構造が脆くなる「メッシュコラーゲン」を正常な状態に保つことで、肌のハリや弾力の低下の抑制が期待できることを明らかにしてきました。今回当社は、メッシュコラーゲンの構造を強化する成分の探索に取り組みました。

■ 研究の成果

1.ECM1が、メッシュコラーゲンの構造を密にして強化することを確認

タンパク質「ECM1」とメッシュコラーゲンが、基底膜に共存することは知られていましたが、詳しい相互作用については報告されていませんでした。そこで、メッシュコラーゲンとECM1を直接混合した溶液を電子顕微鏡で観察したところ、メッシュコラーゲンの繊維同士が互いに橋が架かったように結合(=架橋)し、構造が密になる形態変化が見られました(図2写真)。一般的に、繊維同士が架橋し、構造が密になると、その溶液の流動性は失われ、粘度は高くなります。そこで、このメッシュコラーゲン溶液の粘度値を測定したところ、ECM1の添加量に連動して粘度値が増加することが確認できました(図2グラフ)。このことから、ECM1はメッシュコラーゲンに直接作用して、その構造を密にすることで、メッシュコラーゲンを強化する働きを持つことが分かりました。また、ECM1以外のタンパク質では、このように大きな粘度値の変化が確認できなかったことから、ECM1は高い選択性でメッシュコラーゲンの架橋形成に作用すると考えられます。

[図2]

*4 液体やゲル状材料の粘度や弾性を測定する装置。

2.ECM1がメッシュコラーゲンの分解を抑制することを確認

メッシュコラーゲンは、肌に存在する線維芽細胞(*5)やケラチノサイト(*6)が分泌する酵素「ゼラチナーゼ(MMP2、MMP9)」(*7)によって分解されます。そこで、ゼラチナーゼに対するECM1の機能を調べたところ、ECM1はゼラチナーゼの活性を阻害することが分かりました(図3)。また、これにより、メッシュコラーゲンの分解が抑制されることを確認しました(図4)。

つまりECM1は、メッシュコラーゲンの構造を強化するだけでなく、その分解を顕著に抑制することが分かりました。

*5 肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す皮膚の真皮層に存在する細胞。

*6 角化細胞とも呼ばれる皮膚の表皮を構成する細胞の1つで、何層にも重なった構造をとる。

*7 MMPは、Matrix Metallo Proteinase(マトリックスメタロプロテアーゼ)の略。MMP2は主に線維芽細胞が、MMP9は主にケラチノサイトが分泌する。

[図3]

[図4]

3.ECM1を増加させる「ナノレスベラトロールEX」を開発

メッシュコラーゲンの構造強化と分解抑制に重要な役割を果たしているECM1は、加齢によって減少することが分かっています。そこでECM1の産生を増加させる成分を探索し、レスベラトロール誘導体(別名:プテロスチルベン)にその効果を見出しました(図5)。

[図5]

次に、レスベラトロール誘導体をメッシュコラーゲンが存在する基底膜へと効果的に届ける成分を探索し、オイル「イソノナン酸イソトリデシル」に肌へのレスベラトロール誘導体の浸透を促進する作用を見出しました。

レスベラトロール誘導体とイソノナン酸イソトリデシルは、それぞれ水に溶けにくく、美容液などの透明水系製剤に安定に配合させることが難しい成分です。当社は、これらの成分を独自のナノ技術で約40nmサイズにナノ乳化した「ナノレスベラトロールEX」の開発に成功しました(図6)。ナノレスベラトロールEXは、ナノ乳化していないレスベラトロール誘導体に比べて、浸透性が約4倍向上しました(図7)。

[図6][図7]

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 報道関係 富士フイルム株式会社 コーポレートコミュニケーション部
  • TEL 03-6271-2000
  • 今回の研究に関するお問い合わせ 株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー ブランドマネージメントグループ
  • TEL 0120-186-833
Share |

最新のニュースリリース

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

記事の内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

富士フイルム広報 公式アカウント twitter

ニュースリリース検索

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る