ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

技術力

Information16

圧力/熱/光を可視化する

[写真]技術力16 圧力/熱/光を可視化する

分布可視化フィルム

プレスケール

加圧部が発色することで、
圧力分布を可視化するフィルム

圧力のかかった部分が赤く発色し、その濃淡で面圧を測定できるフィルム。微圧から中圧(4LW~MW)に対応したツーシート、中圧から超高圧(MS~HS~HHS)に対応したモノシートの2タイプ・全8種類をラインアップ。

プレスケール

圧力による発色のメカニズム

発色剤層のマイクロカプセルが圧力によって破壊され、その中の無色染料が顕色剤に吸着、反応することで発色。

圧力による発色のメカニズム

サーモスケール

熱を加えた部分が発色、
熱量分布を可視化するフィルム

熱分布を色の変化で測定するフィルム。熱源の温度と接触時間によって発色が変わる。低温(80~105℃)と高温(150~210℃)に対応した2種類をラインアップ。

サーモスケール

熱による発色のメカニズム

熱により顕色剤が溶解するとともに、マイクロカプセル壁に物質透過性が発生。顕色剤がカプセル内部に進入し、発色剤と反応することで発色。

熱による発色のメカニズム

UVスケール

紫外線に感応し、紫外線光量分布を
可視化するフィルム

紫外線光量に応じて色の濃さが変化することで、照射面全体を測定するフィルム。低光量向けのモノシートタイプ、中光量・高光量向けのツーシートタイプと、積算光量に応じて3種類をラインアップ。

UVスケール

紫外線による発色のメカニズム

紫外線を受け、マイクロカプセル中の顕色剤と染料が反応することで発色。支持体に感光層と白色層を設けたことで、光量による濃淡が生じる。

紫外線による発色のメカニズム

コア技術
  • 機能性分子
  • 機能性ポリマー
  • 酸化還元制御技術
  • ナノ分散技術
  • 精密塗布技術
  • 製膜技術
基盤技術
  • 材料化学

ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る