ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧
撮る喜びが無限に拡がる 高品位本格一眼レフスタイルデジタルカメラ
「FinePix S5000」新発売
光学10倍ズーム搭載で遠くの風景が大きく写る
「スーパーCCDハニカムIV HR」搭載、有効画素数310万画素の高画質を実現


平成15年7月29日
富士写真フイルム株式会社

 富士写真フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、ハイスペックモデルFinePix「S」シリーズの、新たなラインアップとして、光学10倍ズーム搭載、初心者でもカメラの扱いに慣れた本格志向のユーザーでも使える多彩な撮影機能を搭載した本格一眼レフスタイルデジタルカメラ「FinePix S5000」を8月24日より発売いたします。

 「FinePix S5000」は、「スーパーCCDハニカムIV HR」の搭載と「ハニカム信号処理システム」により、有効画素数310万画素、最大記録画素数2816×2120(600万画素)を実現いたしました。「スーパーCCDハニカムIV HR」により写真高画質を実現し、ノイズの少ないクリアな高画質で、花や景色の撮影などで被写体本来の彩り鮮やかな絵作りがお楽しみいただけます。また、ISO800※1 の高感度撮影が可能で、ローソクのようなわずかな光を活かした雰囲気のある写真も撮影できます。
※1 ISO800時は、1メガモード(1280×960ピクセル) に設定されます。


 「FinePix S5000」は9群11枚(非球面1枚)高性能フジノン10倍ズームレンズを搭載しております。さらにズームアップが必要な場合には、一般的なデジタルズームに比べて画質劣化の少ない最大約22倍※2 のハニカムズームがご活用いただけます。秋のスポーツシーズンに向けて、運動会で活躍されるお子様や、近づくことの難しい憧れのスポーツ選手の姿も「FinePix S5000」を使用すれば、大きくきれいに撮影できます。また、別売のテレコンバージョンレンズをご使用の場合には、旅行や登山などに大変便利な555mm※3 の超望遠撮影をお楽しみいただけ、別売のワイドコンバージョンレンズをご使用の場合には広角29mm※3 の撮影が可能になり、紅葉で真っ赤に染まった風景などもよりワイドに撮影いただけます。
※2 光学10倍ズームとデジタルズーム約2.2倍の組み合わせ。1280×960ピクセル記録時のみご使用いただけます。
※3 35mmカメラ換算値です。

 さらに、「FinePix S5000」はさまざまな撮影機能を充実いたしました。ストロボ到達距離が広角側で約6.0m、望遠側で約5.5mで、夜間の撮影シーンも拡がります。撮影間隔は、約1.2秒を実現し、わずかなシャッターチャンスを逃しません。また、絞りを10段階切り替え可能とし、お好みに応じた多彩な絵作りを楽しんでいただけます。「FinePix S5000」は高品位の本格一眼レフデザインボディとなっており、カメラ本体に皮シボを施したラバーを採用することで、グリップのホールド感を向上させ、これまでフィルムタイプの一眼レフカメラをお使いの方にも違和感無くご利用いただけるモデルに仕上げました。




1.発売日 平成15年8月24日(日)
2.製品名 フジフイルム デジタルカメラ「FinePix S5000」
3.メーカー希望小売価格(税別)   75,000円
4. 主な特長
(1) 「スーパーCCDハニカムIV HR」を搭載
有効画素数310万画素、「ハニカム信号処理システム」により最大記録画素数2816×2120(600万画素)を実現。大きくプリントしてもノイズの少ないクリアな高画質を可能に。
標準でISO200の高感度を実現し、光量の少ないシーンでも手ぶれの心配を軽減。さらに、ISO200/400/800の幅広い感度設定が可能※4 で、あらゆる撮影シーンに対応。
※4 ISO800時は、1メガモード(1280×960ピクセル) に設定されます。
(2) 9群11枚(非球面1枚)高性能フジノン10倍ズームレンズを搭載
35mmカメラ換算37mm〜370mm相当で広角から望遠まで幅広い撮影が可能。
デジタルズーム(約2.2倍)と合わせて、最大約22倍のハニカムズームを実現。(1280×960ピクセル時)
テレコンバージョンレンズ(別売)を使用すれば、555mm※5 の超望遠撮影が可能。
ワイドコンバージョンレンズ(別売)を使用すれば、広角29mm※5 での撮影が可能。
※5 35mmカメラ換算値です。
(3) 初心者でもカメラの扱いに慣れた本格志向のユーザーでも使える多彩な撮影機能
絞りをF2.8〜F8(広角側)の10段階切り替え可能で、より多彩な絵作りを実現。
AUTO・プログラムオート・シャッター優先オート・絞り優先オート・マニュアル・シーンポジション・動画の7種類の撮影モードがダイヤルで簡単に設定可能。
狙った被写体にピントを合わせつづける「コンティニュアスAF」機能、画面上の49のポイントの中から自在にオートフォーカスポイントを選択できる「エリア選択AF」機能搭載。さらに、暗いところでもピントを的確に捕らえるためにAF補助光を搭載。
ボタンひとつで、記録画素数・感度・色調・プリント注文時の枚数設定が可能な「ファインピックス フォトモード」ボタン搭載。
最短約0.2秒間隔で連続5コマまでの連写、最短約0.6秒間隔で連続40コマまで撮影できるMEGA連写、シャッターボタンから指をはなした直前の、最後の5コマのみを記録するサイクル連写を搭載。
オートブラケティング機能搭載により露出補正量を一定幅で変化させつつ連写を行う事が可能。
CCDより出力されたデータを画像処理を加えないでそのまま保存するCCD-RAWモード搭載。
動きが滑らかな30フレーム/秒音声付き動画機能搭載。
(4) ストロボ到達距離約6.0mなど充実したスペック
ストロボ機能強化により、広角側で約0.3m〜約6.0m、望遠側で約0.8m〜約5.5mまで撮影範囲拡大。
最短撮影間隔約1.2秒を実現しシャッターチャンスを逃さない。
付属の単3形アルカリ乾電池4本で最大撮影可能枚数約4,700枚(連続撮影時間約165分)※6 を実現。
※6 撮影条件:付属の単3形アルカリ乾電池使用、常温、液晶モニターOFF、記録画素数1M、ストロボ発光なし、連続撮影。
5. その他の多彩な機能
  カメラ本体に皮シボを施したラバーを採用することで、グリップのホールド感を向上させ、且つ一眼レフならではの高級感を演出。
液晶モニターの表示を6つの言語から選択できるワールドワイド表示機能。
記録メディアとして「xD-Picture Card」(xD-ピクチャーカード)を採用しており、容量512MBのカード使用時には6Mピクセルモードで347枚の記録が可能。
16MB「xD-Picture Card」、USBケーブル(Mini-B)、専用A/Vケーブル、単3形アルカリ乾電池4本等を付属し、購入後すぐにお使いになれるオールインワン・パック。
フジカラーのお店に「xD-Picture Card」を持っていけば、気軽にフジカラーデジカメプリント可能。
6. FinePix「Picture The Future」(ピクチャー ザ フューチャー)に対応
「Picture The Future」はデジタルカメラFinePixを起点としたデジタルイメージングシステムの総称で、デジタルカメラFinePixを中心に、ビュアーソフト、画像ネットサービスが一体となっています。デジタルカメラで撮影した画像を見たり、活用して楽しむことを主な目的に、以下の内容から構成されています。
(1) 「FinePixViewer」(ファインピックスビュアー)
デジタルカメラで撮影した画像をパソコン画面上に簡単に並べて見ることが可能な画像閲覧ソフト。
簡単な画像加工ができる他、音楽付きスライドショー形式のビデオCD※7 を作成して、家庭用DVDプレイヤーで楽しむことができます。 ビュアー上のメニューから「FinePix Internet Service」にもリンクできます。
※7
ビデオCDの作成にはCD-Rドライブが必要です。また、Macintoshの場合、roxio社Toast 5 Titaniumが必要です。
音楽データは別途ご用意ください。
(2) 「FinePix Internet Service」(ファインピックス インターネット サービス)
「FinePixViewer」から会員登録すると利用できるサービスです。フォトコンテストなどの画像投稿企画への応募、携帯電話への画像送信、フジカラーネットサービスへの注文など、インターネットを利用したサービスを提供しています。
7. 別売アクセサリー
8. 「FinePix S5000」の主な仕様

高品位本格一眼レフスタイルデジタルカメラ「FinePix S5000」


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
お客様 お客様コミュニケーションセンター TEL 03-3406-2982
報道関係 広報部 TEL 03-3406-2490

最新のニュースリリース

2016年2月18日

2016年2月18日

2016年2月1日

2016年1月19日

ニュースリリース一覧へ
ページ先頭へ戻る