ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧
写真メーカーならではのCCD設計で超高画質を実現!
ハイエンド一眼スタイルデジタルカメラ
「FinePix S7000」新発売
「スーパーCCDハニカムIV HR」搭載、有効画素数630万画素、最大記録画素数4048×3040(1230万画素)


平成15年10月21日
富士写真フイルム株式会社

 富士写真フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、ハイスペックモデルFinePix「S」シリーズの、新たなラインアップとして、「スーパーCCDハニカムIV HR」搭載、有効画素数630万画素、高精細フジノン光学6倍ズーム搭載、超高速・高精度のAF機能など、本格的な作品づくりのための多彩な機能を搭載したハイエンド一眼スタイルデジタルカメラ「FinePix S7000」を、11月23日より発売いたします。

 「FinePix S7000」は、「スーパーCCDハニカムIV HR」の搭載と「ハニカム信号処理システム」により、有効画素数630万画素、最大記録画素数4048×3040(1230万画素)の圧倒的な高画質を実現いたしました。抜群の高解像度・高感度・高S/Nで人物の肌のきめ細かさや髪の毛一本一本の質感を忠実にプリントに写し出します。とくに画像を大きく引き伸ばした時の美しさが際立つデジタルカメラです。撮影シーンに応じた幅広い感度設定を可能とし、作品に写し出される光量の加減を自在に操ることができます。ISO800※1 の高感度撮影が可能で、キャンドル数本分の明るさで雰囲気を活かした撮影が可能です。
※1 ISO800時は、2016×1512ピクセル/1600×1200ピクセル/1280×960ピクセルに設定できます。

 「FinePix S7000」は、作品づくりで決め手となるAF機能が充実しています。CCD-AFと外光パッシブAFを併用して被写体をとらえる「スーパーツインAF」による高速フォーカシングや、「コンティニュアスAF」の搭載により狙った被写体にピントを合わせつづけることも可能です。また、高精細フジノン光学6倍ズームを搭載しており、使いやすいFZ(フォーカスズーム)リングでのズーム操作が可能になりました。1.8型液晶モニターと約23.5万画素液晶ファインダーは視野率約100%を実現しており、撮影時に見たままの的確なフレーミングを実現いたします。また、多彩な連写機能、最速1/10000秒の高速シャッター、撮影間隔最短約1.2秒を実現しており、決定的瞬間を逃しません。

 「FinePix S7000」は、より快適に撮影いただくために、グリップに手になじむ皮シボを施したラバーを側面まで装着することでホールド感を向上させました。またボディにもこだわり、耐衝撃性、耐熱性に優れた特殊な合成樹脂素材に、高級一眼を感じさせるレザートーン塗装を採用しました。
 さらに、「FinePix S7000」は、拡張性にもすぐれています。CCD -RAWモードを搭載、別売のハイパーユーティリティーソフト「HS-V2」を使用すれば、高度な画像編集も可能です。撮影した画像は、USB2.0で高速転送、さらに、機械式リモートレリーズ、大型外部ストロボが装着可能なホットシューなども装備しております。

 「FinePix S7000」は“撮る”喜びだけでなく、“創る”喜びを満たしていただくためにつくられたデジタルカメラです。




1.発売日 平成15年11月23日(日)
2.製品名 フジフイルム デジタルカメラ「FinePix S7000」
3.メーカー希望小売価格(税別)   オープン
4. 主な特長
(1) 「スーパーCCDハニカムIV HR」搭載により高解像度・高感度・高S/Nを実現
有効画素数630万画素、「ハニカム信号処理システム」により最大記録画素数4048×3040(1230万画素)を実現。プリント時、特に画像を大きく引き伸ばした時に際立つ高解像度と滑らかな階調表現。
室内など光量の少ないシーンで手ぶれを防ぐ、標準感度IS0200を実現。ISO200/400/800の幅広い感度設定※2 、撮影シーンに応じて光量の加減を自在に操ることが可能。高感度設定ならキャンドル数本分の明るさでストロボなしの撮影ができ、見たままの、雰囲気を活かした撮影が可能。
※2 ISO800時は、2016×1512ピクセル/1600×1200ピクセル/1280×960ピクセルに設定できます。
1/10000秒(マニュアル時)の超高速シャッターが、動きの激しい被写体を確実に捉えます。
専用ICチップ搭載の「新インテリジェント画像処理システム」により、撮影間隔最短約1.2秒の快適なレスポンスを実現。
(2) 超高速・高精度のAF機能を搭載
決定的瞬間を逃さない「スーパーツインAF」。レンズ上部に装備した外光パッシブ位相差AFとCCD-AFの併用で、すばやく的確に被写体をとらえることで高速フォーカシングを実現。
動いている被写体でも狙ったポイントに、自動的にピントを合わせ続け、フォーカス時間を短縮する「コンティニュアスAF」
画面上49(7×7)ポイントからオートフォーカスポイントを自由に選択できる「エリア選択AF」
シャッターボタンを半押しにすると、コントラストが高い被写体に自動的にピントを合わせる「オートエリアAF」
(3) ハイエンド一眼スタイルモデルにふさわしい充実のスペック
7群10枚(非球面2枚)のレンズすべてに、最高級マルチコーティングを施したスーパーEBCフジノン光学6倍ズームレンズ“スプレンディッシュ”を搭載。ズーム全域にわたる高い解像力と抜けの良いクリアな描写力を実現し、被写体からの光を余すところなくCCDへと導きます。
広角から望遠まで(35mmカメラ換算:焦点距離35mm〜210mm相当)幅広い撮影が可能。テレコンバージョンレンズ(別売)を使用すれば、315mm相当の望遠撮影が、ワイドコンバージョンレンズ(別売)を使用すれば、28mm相当の広角撮影を実現。
画像劣化が極めて少ない「ハニカムズーム」※3 で、1600×1200ピクセル時は約15倍、1280×960ピクセル時は約19倍までズームアップしても美しい画像の撮影が可能。
※3 「スーパーCCDハニカム」搭載機における、光学ズームとデジタルズームの組み合わせ。
使いやすいFZリングで、ズーム操作はもちろんマニュアルフォーカスも可能。
大きくて見やすい1.8型液晶モニター(約11.8万画素)と、視度調節が可能な明るい液晶ファインダー(約23.5万画素)は視野率約100%を実現し、見たままの的確なフレーミングを可能に。
耐衝撃性、耐熱性に優れた特殊な合成樹脂素材に、高級一眼を感じさせるレザートーン塗装を採用。グリップには手になじむ皮シボを施したラバーを側面まで装着しホールド感を向上。
ストロボ機能強化により、広角側約0.3m〜約8.5m、望遠側約0.9m〜約7.9mまで撮影範囲拡大。
(4) 本格的な作品づくりを最大限にサポートする多彩な撮影機能
「スーパーマクロ機能」により、1cmまでの接写が可能。
最短約0.3秒間隔で連続5コマまでの連写、最短約1秒間隔で連続40コマまで撮影できるMEGA連写、シャッターボタンを押している間約0.3秒間隔で最大40コマ連写しボタンから指をはなした直前の、最後の5コマのみを記録するサイクル連写
AUTO・プログラムオート・シャッター優先オート・絞り優先オート・マニュアル・シーンポジション・動画の7種類の撮影モードがダイヤルで手軽に設定可能。
絞りはF2.8〜F8(広角側)の10段階切り替え可能で、より多彩な絵づくりを実現。
ボタンひとつで、記録画素数・感度・色調・プリント注文時の枚数設定が可能な「ファインピックス フォトモード」搭載。
露出補正機能と各種ホワイトバランスで微妙な明るさのトーンや色彩をコントロール。
最長15秒(マニュアル撮影時)の長時間露光を実現。また、連動したや画像を全く違うシーンを重ねて撮影できる「多重露光撮影機能」を搭載。
動きが滑らかなVGA毎秒30フレームの音声付き動画機能搭載。
フジカラーのお店に「xD-Picture Card」を持っていけば、フジカラーデジカメプリント可能。
(5) 「FinePix S7000」の撮影シーンを最大限に拡げる充実のシステム
データ容量の大きい高画質画像の大量撮影を可能にするxD-ピクチャーカードとマイクロドライブのダブルスロット。1GBのマイクロドライブ(別売)なら最大2190枚※4 の画像が記録可能。
※4 1280×960ピクセル時
CCDから書き出されたデータを圧縮せずに、そのまま記録するCCD-RAWモード搭載。さらに、別売のハイパーユーティリティーソフト「HS-V2」を使用することで、高品位な編集が可能。
外部ストロボが装着可能なホットシュー搭載、機械式リモートレリーズ装着可能など抜群の拡張性。
USB2.0対応でパソコンに高速データ送信。
5. FinePix「Picture The Future」(ピクチャー ザ フューチャー)に対応
「Picture The Future」はデジタルカメラFinePixを起点としたデジタルイメージングシステムの総称で、デジタルカメラFinePixを中心に、ビュアーソフト、画像ネットサービスが一体となっています。デジタルカメラで撮影した画像を見たり、活用して楽しむことを主な目的に、以下の内容から構成されています。
(1) 「FinePixViewer」(ファインピックスビュアー)
デジタルカメラで撮影した画像をパソコン画面上に簡単に並べて見ることが可能な画像閲覧ソフト。
簡単な画像加工ができる他、音楽付きスライドショー形式のビデオCD※5 を作成して、家庭用DVDプレイヤーで楽しむことができます。 ビュアー上のメニューから「FinePix Internet Service」にもリンクできます。
※5
ビデオCDの作成にはCD-Rドライブが必要です。また、Macintoshの場合、roxio社Toast 5 Titaniumが必要です。
音楽データは別途ご用意ください。
(2) 「FinePix Internet Service」(ファインピックス インターネット サービス)
「FinePixViewer」から会員登録すると利用できるサービスです。フォトコンテストなどの画像投稿企画への応募、携帯電話への画像送信、フジカラーネットサービスへの注文など、インターネットを利用したサービスを提供しています。
6. 別売アクセサリー
7. xD-Picture Card・マイクロドライブ標準撮影枚数/記録時間
8. 「FinePix S7000」の主な仕様

ハイエンド一眼スタイルデジタルカメラ「FinePix S7000」」


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
お客様 お客様コミュニケーションセンター TEL 03-3406-2982
報道関係 広報部 TEL 03-3406-2490

最新のニュースリリース

2016年2月18日

2016年2月18日

2016年2月1日

2016年1月19日

ニュースリリース一覧へ
ページ先頭へ戻る