ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧
超小型スクエアボディに高機能を凝縮した「ファインピックス スクエア ミニ」
「FinePix F440」「FinePix F450」新発売
410万画素/520万画素、光学3.4倍ズーム、2.0型液晶搭載、F440には選べる3色のボディカラー


平成16年6月17日
富士写真フイルム株式会社

 富士写真フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、スタイリッシュモデルFinePix「F」シリーズの新たなラインアップとして、片手に収まるミニサイズに高機能を凝縮したデジタルカメラ「FinePix F440」「FinePix F450」を「ファインピックス スクエア ミニ」(愛称)として、7月上旬より順次発売いたします。

 「FinePix F440」「FinePix F450」は、それぞれ有効画素数410万画素、有効画素数520万画素のCCDに加え、独自の画像処理システムを搭載しており、被写体やシーンの色情報を細かく分析することで、自然な色再現、低ノイズを実現しています。もちろん、その描写力は大きくプリントしても納得の高画質です。

 今回、薄さ約21mmのスリムなボディに新開発のフジノン超薄型光学式3.4倍ズームレンズを搭載することにより、美しく個性的な「スクエアデザイン」を受け継ぎながら、「FinePix F420」に比べ、本体容積で約3割のコンパクト化を実現しています。また、大画面2.0型低温ポリシリコンTFTカラー液晶モニター(約15.4万画素)を搭載し、撮影時や再生時に一層見やすくなりました。さらに、マクロ撮影・音声付き動画、人物・風景・スポーツ・夜景などの撮影に便利なシーンポジション機能も搭載しており、シーンに応じた多彩な撮影が可能です。

 「FinePix F440」「FinePix F450」は、単にボディサイズのコンパクト化を図るだけではなく、スタイリッシュでシンプルな外観デザインにこだわりました。「FinePix F440」の本体色には「シルバー」、「ホワイト」、「ワインレッド」の3色のボディカラーをご用意し、個性に合わせて選べるカラーバリエーションを展開してまいります。

 「FinePix F440」「FinePix F450」は、美しく個性的なカラーボディーでいつも持ち歩きたくなるようなミニサイズでありながら、高機能を備えています。お洒落な撮影スタイルを提案する「ファインピックス スクエア ミニ」として多くの皆様にご愛用いただけるものと確信しております。

カラーが選べる専用ソフトケースも同時発売
 
 「FinePix F440」「FinePix F450」兼用ソフトケース「SC-FX440/キャメル/ホワイト/ブラック/ワインレッド」を7月上旬より発売いたします。ソフトケースもカラフル&スタイリッシュで、本体カラーとマッチした4つのシックなカラーの中からお好みに合わせてお選びいただけます。

防水プロテクターも同時発売
 
 加えて、許容水深40mの「FinePix F440」「FinePix F450」兼用防水プロテクター「WP-FX440」を7月上旬より発売いたします。本格的なダイビングでの水中撮影はもちろん、コンパクトボディならではの携帯性を活かし、これからの季節に多い水辺でのレジャーやアウトドアシーンでも活躍します。





   <6月28日追加事項>
1.発売日 FinePix F440 (シルバー) 平成16年7月上旬 → 平成16年7月4日発売
   <7月14日追加事項>
 (ホワイト) 平成16年7月中旬 → 平成16年7月31日発売
 (ワインレッド) 平成16年7月中旬 → 平成16年7月31日発売
FinePix F450 平成16年7月中旬 → 平成16年7月18日発売
2.製品名 フジフイルム デジタルカメラ「FinePix F440」
フジフイルム デジタルカメラ「FinePix F450」
3.メーカー希望小売価格(税別)   オープン

4. 主な特長
(1) 有効画素数410万画素/520万画素でプリントしてもきれいな高画質
有効画素数410万画素 (F440)/有効画素数520万画素 (F450)の超高画質を実現。
(2) 自然な色を再現できる画像処理システム搭載
なめらかな階調と細やかな色彩を実現。
解像感を損なわずにノイズを極限まで低減。
(3) スリムボディに新開発フジノン超薄型光学ズームレンズを採用
「FinePix F420」に比べ、本体容積で約3割の大幅サイズダウンを実現した薄さ約21mmの超スリムボディに光学3.4倍ズームを搭載。
デジタルズームと光学ズームの組み合わせにより、最大約12.2倍(F440)、最大約13.8倍(F450)のズームアップが可能。(640×480ピクセル時)
(4) 被写体を大きく鮮明に映し出す大型・高画質液晶搭載
より快適な撮影を可能にする大画面2.0型低温ポリシリコンTFTカラー液晶モニターを採用。約15.4万画素の高画質なので、撮影画像をより鮮明に確認できます。
(5) 美しくデザイン性溢れる3色のボディカラー
「FinePix F440」は「シルバー」、「ホワイト」、「ワインレッド」の3色をご用意いたしました。お客様のお好みに合わせてお選びいただけます。
(6) シンプル操作で多彩な撮影機能を可能に
ボタンひとつで、記録画素数・感度・色調・プリント注文時の枚数設定が可能な「ファインピックス フォトモード」搭載。
ワンタッチで設定できる「マクロ」「ストロボ」ボタン。
(7) マニュアル撮影もより身近に
4種類の撮影シーン(人物・風景・スポーツ・夜景)に合わせてモードが設定できる撮影機能「シーンポジション」を搭載。
マニュアル設定にすれば、ホワイトバランスの他に、露出補正も可能。被写体と背景のコントラストがきつい場合や、微妙な明るさを思いどおりにコントロールしたい時に13段階で補正可能。
(8) その他の多彩な機能
320×240ピクセル時、毎秒10フレーム、連続最長約1分の音声付き動画撮影が可能。
液晶モニターの表示を6つの言語から選択できるワールドワイド表示機能。
記録メディアとして「xD-Picture Card」(xD-ピクチャーカード)を採用しており、容量512MBのカード使用時には4M FINEピクセルモードで259枚(F440)、5M FINEピクセルモードで205枚(F450)の記録が可能。
ピクチャー・クレードル同梱で簡単充電、パソコン転送・ビデオ出力が可能。
フジカラーのお店に「xD-Picture Card」を持っていけば、気軽にフジカラーデジカメプリント可能。
デジタルカメラとプリンターを直接接続してプリントできる業界標準規格「PictBridge」※1 や「PRINT Image Matching II」※2 に対応。
※1 PictBridge 対応プリンター使用時   ※2 PRINT Image Matching II 対応プリンター使用時
(9) 充実したアクセサリー
急速バッテリーチャージャー「BC-30」(別売)使用で、約80分で簡単に急速充電が可能。

5. FinePix「Picture The Future」(ピクチャー ザ フューチャー)に対応
「Picture The Future」はデジタルカメラFinePixを起点としたデジタルイメージングシステムの総称で、デジタルカメラFinePixを中心に、ビュアーソフト、画像ネットサービスが一体となっています。デジタルカメラで撮影した画像を見たり、活用して楽しむことを主な目的に、以下の内容から構成されています。
(1) 「FinePixViewer」(ファインピックスビュアー)
デジタルカメラで撮影した画像をパソコン画面上に簡単に並べて見ることが可能な画像閲覧ソフト。簡単な画像加工ができる他、音楽付きスライドショー形式のビデオCD※3 を作成して、家庭用DVDプレイヤーで楽しむことができます。 ビュアー上のメニューから「FinePix Internet Service」にもリンクできます。
 
※3
ビデオCDの作成にはCD-Rドライブが必要です。また、Macintoshの場合、roxio社Toast 5 Titanium、またはToast 6 Titaniumが必要です。音楽データは別途ご用意ください。
(2) 「FinePix Internet Service」(ファインピックス インターネット サービス)
「FinePixViewer」から会員登録すると利用できるサービスです。フォトコンテストなどの画像投稿企画への応募、携帯電話への画像送信、フジカラーネットプリントサービスへの注文など、インターネットを利用したサービスを提供しています。
6. 別売アクセサリー
7. 「FinePix F440/FinePix F450」の主な仕様


デジタルカメラ「FinePix F440」
デジタルカメラ「FinePix F440」
デジタルカメラ「FinePix F450」
デジタルカメラ「FinePix F450」


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
お客様 お客様コミュニケーションセンター TEL 03-3406-2982
報道関係 広報部 TEL 03-3406-2490

最新のニュースリリース

2016年2月18日

2016年2月18日

2016年2月1日

2016年1月19日

ニュースリリース一覧へ
ページ先頭へ戻る