ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧

FinePix500&CLIP-IT50
―デジタルカメラの新製品を2機種発売―

150万画素がさらに身近に、普及価格のメガピクセルカメラ新登場!
「デジタルカメラ FinePix500」を新発売

VGA(35万画素)デジタルカメラの決定版!
「デジタルカメラ CLIP−IT50」を新発売



FAQはこちら

平成10年5月21日
富士写真フイルム株式会社


 富士写真フイルム株式会社(社長:宗雪 雅幸)は、3月発売以来ご好評をいただいておりますデジタルカメラ「FinePix700」に続いて150万画素のメガピクセル機「FinePix(ファインピックス)」シリーズの普及価格帯のデジタルカメラ「FinePix500」7月12日より新発売いたします。
 また、VGA(35万画素)クラスの「CLIP−IT(クリップ・イット)シリーズ」の決定版、デジタルカメラ「CLIP−IT50」6月24日より新発売いたします。
 デジタルカメラ市場は昨年に引き続き、今年もさらに拡大し200万台に達し、さらにメガピクセルクラスとVGAクラスの2極化が進んでいく見込みです。
 メガピクセルクラスでは、“高画質”と当社が進めております「F−DIサービス」の“高画質プリント出力”により、銀塩カメラと同様の使い勝手が評価され、パソコン入力用途以外のニーズも高まっております。150万画素の普及価格帯の「FinePix500」はこうしたメガピクセルカメラユーザーの裾野の広がりにお応えいたします。
 「CLIP−IT50」はパソコンへの画像入力/テレビやビデオプリンタとの接続/撮ってその場で再生等様々な用途で、手軽に使えるVGAクラスのデジタルカメラの決定版です。小型軽量、デジタルカメラならではの多機能を搭載したVGAクラスのスタンダード機として、あるいはデジタルカメラは初めてという方の入門機として市場導入いたします。



1. 製品名、メーカー希望小売価格(税別)及び発売日
製品名メーカー希望小売価格発売日
フジフイルム デジタルカメラ FinePix50074,800円平成10年7月12日(日)
フジフイルム デジタルカメラ CLIP−IT5039,800円平成10年6月24日(水)

2.デジタルカメラ「FinePix500」及び「CLIP−IT50」の主な特長
デジタルカメラ「 FinePix500」の特長
(1)「 FinePix700」同等の超鮮明画像を実現
総画素数150万の高精細正方画素原色CCD(記録画素数 1280×1024ピクセル)を搭載。
1/2インチ、インターライン構造を採用。画素サイズを大きめにしたワイドダイナミックレンジCCDで、解像度、ダイナミックレンジが大幅に向上、鮮明な撮影画像を実現。
高解像度フジノンレンズ搭載
高精細CCDに相応した170本/mmの超高解像度レンズ。しかも歪みを0.3%以下と通常レンズの1/3以下に抑制。隅々までクリアで歪みの無い画質を実現。
(2)小型で軽量
メガピクセルカメラながら、質量230g、外形寸法123(W)mm×82(H)mm×36(D)mmとコンパクト。
(3)単三形電池で驚異の撮影枚数
どこでも購入可能な単三形電池を採用。
省電力型専用ICの採用で液晶ONで200枚以上撮影可能。液晶OFFで500枚以上撮影可能。 (当社測定条件による)
ニカド充電池も使用可能。
(4)多彩な撮影・再生機能
デジタル×2倍撮影モード・オートフォーカス機能を搭載。マクロモード(最短被写体距離が9cm)で幅広い撮影が可能。
効率的に撮影ができるプレビュー撮影、ユーザーのこだわりに応えるマニュアル撮影、シャープネス切り替え(3段階)、インターネット等の利用に最適な640×480ピクセルのVGAモードなど多彩な撮影機能を満載。
撮影した画像を簡単にチェックできるマルチ再生(9画面)、自動再生(オートプレイ)、撮影したら大きく再生して確認できる再生ズーム(1〜4倍)等多彩な再生機能を満載。

デジタルカメラ「CLIP−IT50」の主な特長
(1)VGA(35万画素)クラスではトップクラスの高画質
デジタルカメラ専用の総画素数35万の正方画素・原色(RGB)フィルターCCD採用。
ファインピックスの開発で培った新画像処理回路によりさらに美しい画像を実現。
(2)ポケットに入る小型軽量
質量200g、外形寸法110(W)mm×77(H)mm×33 (D)mmと非常にコンパクト。携帯にも便利でモバイルでの使用に最適。
(3)省電力設計で電池長持ち
どこでも購入可能な単三形電池を採用。
省電力型専用ICの採用で液晶ONで250枚以上撮影可能。液晶OFFで700枚以上撮影可能。 (当社測定条件による)
ニカド充電池も使用可能。
(4)話題を提供するおもしろエフェクト機能(
「CLIP−IT50」ならではのエフェクト機能で、撮った画像にスリム、ワイド、凸レンズ、凹レンズ、シルバー、ゴールド等の様々なエフェクトをかけて記録できます。
その他、撮影した画像を簡単にチェックできるマルチ再生(9画面)、再生ズーム(2倍・4倍)、自動再生(オートプレイ)、等多彩な再生機能を満載。
)エフェクト機能は(株)市川ソフトラボラトリーと当社が共同開発した画像処理機能です。

新製品2機種の共通特長
(1)使いやすさの徹底追及
ホールドが良く撮影しやすい横型コンパクトカメラスタイル。
レンズを傷つけないレンズカバー付きで携帯も安心。
光学ファインダーや内蔵オートストロボ搭載。
撮ったその場で再生・確認できる1.8インチ液晶モニターを搭載。
はじめてでも簡単に使えるモードダイヤルや、十字ボタンで楽々オペレーション。
夜景や逆光のシーンもきれいに撮れるシンクロ撮影機能。
(2)16MBのスマートメディアに対応
デジタルカメラの記録メディアのスタンダードとして定着した、切手サイズの「スマートメディア」に新たに大容量16MBがラインアップに加わりました。
「フラッシュパス」で3.5インチフロッピーディスクドライブから簡単にパソコンへ取り込み可能。
「PCカードアダプター」で、高速でパソコンへ取り込み。
「フラッシュパス・ PCカードアダプター」で取り込んだ画像を見るには、別途JPEG対応アプリケーションソフトが必要です。
(3)業界標準のExifフォーマット採用、 F−DIサービスで簡単にプリント
業界標準のExifVer2.1(*1)フォーマットに対応。
F−DIサービス窓口のお店で写真並のプリントが得られる「デジタルカメラプリントサービス(*2)」に対応。
*1Exif Ver2.1は従来のExifに対して大幅に機能を拡張した画像規格で、米国イーストマン・コダック社他が提案する「FlashPix」フォーマットへ容易に変換が可能。
*2「デジタルカメラプリントサービス」は、昨年9月より開始いたしました「F−DIサービス」の一環で、デジタルカメラで撮影した画像をデジタルラボシステム「フロンティア」で高画質に銀塩写真に出力するプリントサービス。

3.別売アクセサリー
製品名(新製品)メーカー希望小売価格
(消費税別)
イメージメモリーカード MG−16S(スマートメディア16MB3.3V)15,000円
PCカードアダプター PC−AD3(5V/3.3V共用)
 (スマートメディア16MB対応)
10,000円
FinePix500専用ソフトケース(本革)SC−FX52,500円
CLIP−IT50専用ソフトケース SC−CI52,000円

製品名(発売中)メーカー希望小売価格
(消費税別)
イメージメモリーカード MG−2 (スマートメディア2MB 5V)5,800円
イメージメモリーカード MG−4 (スマートメディア4MB 5V)6800円
イメージメモリーカード MG−4S(スマートメディア4MB 3.3V) 6800円
イメージメモリーカード MG−8S(スマートメディア8MB 3.3V)8,800円
フロッピーディスクアダプター FD−A1 “フラッシュパス”12,000円
インターフェースセット(Win95/NT4.0用) IF−CL/W37,000円
インターフェースセット(Mac用) IF−CL/M37,000円

  ●Windowsは米国Microsoft社の米国及びその他の国における登録商標です。
  ●Macintoshは米国アップルコンピュター社の商標です。


4.デジタルカメラ「FinePix500」&「CLIP−IT50」の主な仕様
(1) FinePix500の主な仕様
(2) CLIP−IT50の主な仕様


FinePix500(正面)
CLIP−IT50(正面)
FinePix500(後面)
CLIP−IT50(後面)
FinePix500
CLIP−IT50


本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
お 客 様お客様コミュニケーションセンター TEL 03-3406-2981
報道関係 広報部 鈴木・斎藤TEL 03-3406-2490



footerimage