ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧

→ニュース画像へ

「デジタルカメラ FinePix1700Z」
3倍ズーム機で世界最小・最軽量の驚異的な薄型ポケットサイズを実現!
総画素数150万画素、高精度 光学3倍ズーム スーパーEBCフジノンレンズ搭載
スタンダードデジタルカメラの決定版!
「デジタルカメラ FinePix1700Z」 新発売


平成11年8月26日
富士写真フイルム株式会社


 富士写真フイルム株式会社(社長:宗雪 雅幸)は、高品位なアルミニウム/マグネシウム新合金製ボディに総画素数150万画素の高画質CCD、そして高精度光学3倍ズームを搭載しながら、世界最小、最軽量の驚異的なポケットサイズを実現したメガピクセルデジタルカメラ「FinePix1700Z」を9月21日より新発売いたします。

 今年度のデジタルカメラ市場は、200万画素を超えるスーパーメガピクセルカメラが各社から次々に発売されたことや、使い易い普及モデルのメガピクセルカメラの登場により、急速に高画素化が進展。その結果、メガピクセル以上のカメラが市場に占める割合は90%を越えるにまで至りました。さらに若い女性や熟年層にまでお客様の層も拡がりを見せ、デジタルカメラの普及も本格的に始まったと思われます。

 当社の「FinePix(ファインピックス)」シリーズはその磨き抜かれた高画質、どなたにも使い易い快適な操作性、そして「モノ」としての価値にこだわった洗練されたデザインでデジタルカメラのトップブランドの地位を確立。その高度な技術力と信頼性は市場において常に高い評価を頂いております。
 今回発売いたします「FinePix1700Z」は「FinePix(ファインピックス)」の思想をさらに高い次元で実現。デジタルカメラとしての機動性を徹底的に追求したズームモデルとして自信をもってラインナップします。



1.発売日   平成11年9月21日(火)
2.製品名   フジフイルム デジタルカメラ FinePix1700Z
3.メーカー希望小売価格(税別)  89,800円
4.デジタルカメラ「FinePix1700Z」の主な特長
(1)150万画素クラスでトップクラスの高画質
総画素数150万の1/2.2インチ高精細正方画素原色CCD
(記録画素数1, 280×1, 024ピクセル)を搭載。
豊かな階調特性を再現する「原色フィルター」の採用、及び定評ある「シーン自動認識オートホワイトバランス」機能の更なる改良と新開発の「シーン自動認識AE」機能の3つの融合により、様々な条件下でも最適な色あい、明るさでの撮影が可能になり、150万画素クラスでトップクラスの高画質を実現しました。
(2)放送用レンズとして評価が高いフジノンレンズの技術により実現した高精度光学3倍ズームレンズ
4面3枚の非球面ガラスモールドにより、周辺の収差を抑えながら小型化。レンズ間隔を極限まで近づけた沈動構造により、3倍ズームながらこれまでのデジタルカメラの常識を破る超薄型化を達成。さらに電子ビームでレンズに多層コーティングを施す独自のスーパーEBCマルチコーティング技術により、透過光量を増加させると共に有害な反射光をカット。
ゴーストやフレアのほとんどない、抜けのよい極めてクリアな描写力を実現。
画面全域にわたって安定した解像力、高いコントラストを発揮します。(6群6枚構成)
光学3倍ズームレンズ(35mmカメラ換算:38mm〜114mm相当)で広角から望遠まで幅広い撮影が可能。
(3)3倍ズーム搭載デジタルカメラでは、150万画素クラスで世界最小・最軽量
当社独自の精密技術による様々な部品の小型化と3次元設計、そして沈動式ズームレンズ、高密度実装技術により、3倍ズーム搭載メガピクセルカメラで世界最小・最軽量の超薄型ボディを実現。
独創的な縦型ボディには、剛性に優れたアルミニウム/マグネシウム新合金を採用。
軽量で手になじむ質感の良さと堅牢性を同時に実現。
(4)その他の機能
[1] 多彩な撮影・再生機能
デジタル2倍撮影モードで最大6倍までのズームアップが可能。
さらにマクロモード(最短被写体距離が25cm)で幅広い撮影が可能。
充実のオート機能(オートフォーカス、オートホワイトバランス、オートストロボ)、効率的な撮影が可能なプレビュー撮影、進んだ撮影が可能なマニュアル撮影、シャープネス設定、夜景や逆光のシーンもきれいに撮れるシンクロ撮影、インターネットでの利用に便利なVGAモードなど多彩な撮影機能。
VGAサイズ連写機能で、3コマ/秒にて、最大9コマの連写が可能。
撮影した画像を簡単にチェックできるマルチ再生(9画面)、自動再生(オートプレイ)、大きく再生して確認できる再生ズーム(1.2〜4倍)等再生機能を満載。
[2] ベストフレーミング機能
最適な構図で撮影できるガイドフレームを液晶モニターに表示。
ガイドフレームに合わせて撮影することで、どなたにもバランスのよい構図での撮影が可能になります。
[3] 快適な操作性を追求した充実の機能
RISC−CPUの高速化とともに、画像処理アルゴリズムを大幅にリファイン。
ズーム機ながら起動時間を3秒台までに短縮するとともに撮影間隔3秒台を達成。
電源スイッチONから撮影、再生までストレスのない操作が可能。
レンズをゴミや傷から保護。高い信頼性と機能美を追求した金属レンズカバー搭載。
片手での簡単操作で定評あるモードダイヤルと十字ボタンを採用。
わかりやすいアイコン表示と、初めて使われる方でも容易に操作が可能なメニュー構造。
小型軽量で継ぎ足し充電が可能な大容量充電式リチウムイオンバッテリーを採用。
液晶ONで約100枚、液晶OFFで約300枚の撮影が可能。(当社撮影条件による)
2インチ13万画素低温ポリシリコンTFTカラー液晶モニターは、明るさを30%アップ(当社従来比)し、屋外でも見やすさを向上。
光学ファインダーや内蔵オートストロボ、ビデオ出力端子を搭載。
[4] 多彩なデジタルフィルター機能

撮影した人物の肌をより美しく加工する【美肌】モード、画面の光の部分を放射状に強調する【クロスフィルター】モード、画像をセピア色、モノクロにする【セピア】モード、【モノクロ】モードなどのエフェクト機能を搭載し、様々な表現効果を楽しむことができます。
[5] 多彩なPC接続
「フロッピーディスクアダプター FD−A2B(フラッシュパス)」で3.5インチフロッピーディスクドライブから簡単にパソコンへ取り込み可能。
「PCカードアダプター PC−AD3B」で高速にパソコンへ取り込み可能。
「イメージメモリーカードリーダー SM−R1」でUSB端子からパソコンへ取り込み可能。
RS−232Cから画像を転送。8MBスマートメディアがセットになった「インターフェースバリューセット IF−VS1」。
[6] 業界標準規格準拠
業界標準フォーマットDCF (*1) (Design rule for Camera File system)準拠。
DPOF (*2) (Digital Print Order Format)による簡単操作のプリント注文が可能。
さらにお好みの部分を拡大トリミングしてのプリント注文も可能。
(*1)デジタルカメラで記録された画像をいろいろな機器で共通に利用しあえるようJEIDA((株)日本電子工業振興協会)で定められた業界標準規格です。
(*2)DPOFはデジタルカメラで撮影した画像の中から、プリントをしたいコマや枚数などの指定情報をメモリーカードなどの記録媒体に記録するためのフォーマットです。キヤノン株式会社、イーストマン・コダック社、富士写真フイルム株式会社、松下電器産業株式会社の4社で提案され、国内外21社の賛同をいただいています。
5.別売アクセサリー
6.デジタルカメラ「FinePix1700Z」の主な仕様
7.サンプル画像


デジタルカメラ「FinePix1700Z」 デジタルカメラ「FinePix1700Z」


本件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。
お客様 お客様コミュニケーションセンター  TEL 03-3406-2981
報道関係 広報部TEL 03-3406-2490



footerimage