ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧


→ニュース画像へ

「デジタルカメラ FinePix1200」
すぐに使えるオールインワンセット、省電力設計で電池長持ち!
総画素数 131万画素、高画質と使いやすさを両立
「デジタルカメラ FinePix1200」新発売!!


平成11年10月
富士写真フイルム株式会社


 富士写真フイルム株式会社(社長:宗雪 雅幸)は、コンパクトなポケットサイズボディに総画素数131万画素の高画質原色CCDを搭載、誰にでもすぐに使えるインターフェースセットを同梱したメガピクセルデジタルカメラ「FinePix1200」を11月15日より新発売いたします。

 今年度のデジタルカメラ市場は、富士フイルムがスーパーメガピクセルデジタルカメラ「FinePix2700」「FinePix2900Z」を発売し市場をリードすることにより、急速に拡大、成長を続けております。ユーザー層も若年層・女性層や初心者の方まで、多様な拡がりを見せ、デジタルカメラの普及が本格的に進展しております。
 富士フイルムでは、使い易い普及型メガピクセルデジタルカメラとして、6月に「FinePix1500」、9月に「FinePix1700Z」をそれぞれ発売。その磨き抜かれた高画質、快適な操作性、洗練されたデザインは高く評価され、多くの新規ユーザーを開拓してまいりました。

 今回発売いたします「FinePix1200」は、どなたにも安心して使える充実の基本性能を備え、簡単操作を実現したエントリーモデル。ユーザーニーズを満たす抜群のコストパフォーマンスに加え、いつでも携帯して気軽にデジカメ撮影を楽しめるのが魅力です。デジタルカメラユーザーのすそ野をますます拡げる「FinePix1200」が、新たに大好評「FinePix」シリーズのラインナップに加わります。



1.
発売日:  平成11年11月15日(月)
2.
製品名:  フジフイルム デジタルカメラ FinePix1200
3. メーカー希望小売価格(税別): 49,800円
4. デジタルカメラ「FinePix1200」の主な特長
(1) 131万画素クラスでトップクラスの高画質
総画素数131万の1/2.7インチ高精細正方画素原色CCDを搭載。
(記録画素数1,280×960ピクセル)
豊かな階調特性を再現する「原色フィルター」の採用、及び定評ある「シーン自動認識オートホワイトバランス」機能の更なる改良と「シーン自動認識AE」機能の3つの融合により、様々な条件下でも最適な色合い、明るさでの撮影が可能になり、131万画素クラスでトップクラスの高画質を実現しました。
放送用レンズとして評価が高いフジノンレンズを使用しているので高解像度を実現。隅々までくっきりと撮影出来ます。
(2) すぐに使えるオールインワンセットでパソコン取り込みも簡単
カメラ本体に単3型アルカリ乾電池 4本、スマートメディア(4MB、3.3V)1枚を同梱。買ってすぐにお使いいただけます。
さらに、インターフェースセット(PCケーブル[ PC/AT互換機 / PC−9821 / Macintosh用] 3本、CD-ROM[ドライバーソフト] 1枚、不要電波抑圧コア 1個、簡易操作ガイド 1冊)を同梱。いずれのパソコンをお持ちの場合にもすぐ使える、まさにオールインワンセットを提供しています。
131万画素CCDなのでパソコンで扱う際にも、データ容量が大きすぎず、ハンドリングが軽快です。
(3) 単3型乾電池で大量枚数撮影
単3型アルカリ乾電池4本で、液晶ONで約200枚、液晶OFFで約500枚も撮影することができます(当社測定条件による)。バッテリーの持ちがよいので、ここぞという時にシャッターチャンスを逃しません。さらに、連続自動再生130分以上が可能。
お求め易い単3型アルカリ乾電池の他、充電式の単3型ニッケル水素電池やニカド電池も使用することができます。
(4) その他の機能
[1] コンパクトなポケットサイズ
当社独自の精密技術による様々な部品の小型化と3次元設計により、ポケットにすっぽり収まるコンパクトサイズを実現。いつでも気軽に携帯できます。
ボディは一般的なコンパクトカメラと同じ横型を採用。手に取りやすく、撮影時に自然に構えることができます。
[2] 多彩な撮影・再生機能
デジタル2倍拡大撮影機能を使って、手軽に拡大撮影が行えます。さらにマクロモード(被写体距離:約10cm)で幅広い撮影が可能。
オートストロボ機能、効率的な撮影が可能なプレビュー撮影、ワンランク進んだ撮影が可能なマニュアル撮影、シャープネス設定、夜景や逆光のシーンもきれいに撮れるスローシンクロ撮影、インターネットでの利用に便利なVGAモードなど多彩な撮影機能が満載。
撮影した画像を簡単にチェックできるマルチ再生(9画面)、自動再生(オートプレイ)、任意の部分を大きく再生できる再生ズーム(1.2〜4.0倍)など、便利な再生機能も充実。
[3] 快適な操作性を追求した充実の機能
RISCチップの高速化と共に、画像処理アルゴリズムをリファイン。電動スイッチONから撮影、再生までストレスのない操作が可能。
簡単操作で定評のあるモードダイヤルと十字ボタンを採用。分かりやすいアイコン表示と、初めてデジタルカメラを使う方でも容易に操作できるメニュー構造。
光学ファインダーや内蔵オートストロボ搭載。
[4] 多彩なPC接続
「フロッピーディスクアダプター FD−A2B(フラッシュパス)」で3.5インチフロッピーディスクドライブから簡単にパソコンに取り込み可能。
「PCカードアダプター PC−AD3B」で高速にパソコンへ取り込み可能。
「イメージメモリーカードリーダー SM−R1」でUSB端子からパソコンへ取り込み可能。
[5] 業界標準規格準拠
業界標準フォーマットDCF (*1) ( Design rule for Camera File system)準拠。
DPOF (*2) (Digital Print Order Format)による簡単操作のプリント注文が可能。
(*1) デジタルカメラで記録された画像をいろいろな機器で共通に利用しあえるようJEIDA((株)日本電子工業振興協会)で定められた標準規格です。
(*2) DPOFはデジタルカメラで撮影した画像の中から、プリントをしたいコマや枚数などの指定情報をメモリーカードなどの記録媒体に記録するためのフォーマットです。キヤノン株式会社、イーストマン・コダック社、富士写真フイルム株式会社、松下電器産業株式会社の4社で提案され、国内外21社の賛同をいただいています。
5. 別売アクセサリー
6. デジタルカメラ「FinePix1200」の主な仕様
   
7. サンプル画像



「デジタルカメラ FinePix1200」

 

本件に関するお問い合わせは下記にお願いします。
お 客 様   お客様コミュニケーションセンター  TEL 03-3406-2981
報道関係   広報部  TEL 03-3406-2490



footerimage