ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧
スーパーCCDハニカム搭載でキレイな写真がとれる
さらに進化をとげたMP3オーディオ機能搭載
薄さと軽さを極めたコンパクトボディ
「デジタルカメラ FinePix50i」
新 発 売


平成13年5月29日
富士写真フイルム株式会社

 富士写真フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、超薄型・超軽量のコンパクトボディにオーディオ機能を搭載し、いつでもどこでも一緒に持っていきたくなるスタイリッシュなマルチメディアデジタルカメラ「FinePix50i」を6月27日より新発売いたします。

 国内デジタルカメラ市場は、デジタル写真の楽しさ・便利さが広く受け入れられ、前年比倍増の勢いで急成長しています。富士フイルムのデジタルカメラFinePixシリーズは、「スーパーCCDハニカム」(注1) の高画質・多機能・スタイリッシュなデザインなどにより強いご支持をいただき、トップブランドとして多くの方々にご愛用いただいております。なかでも昨年夏に発売した「FinePix40i」は、撮って・見て楽しむデジタルカメラの基本機能に加え、MP3音楽を聴いて楽しむという新しいスタイルを提案、大変ご好評をいただいております。その「FinePix40i」をさらに超薄型化・超軽量化し、機能を進化させたニューモデルが「FinePix50i」です。

(注1)
「スーパーCCDハニカム」は、フォトダイオード配列を従来型CCDの正方格子配列から45度回転させ、フォトダイオードの形状を受光面積の大きい八角形にしたものです。これにより、解像度・感度・ダイナミックレンジ・S/N・色再現性などの要素をバランス良く向上させ高画質を実現しています。

 「FinePix50i」は、CCD総画素数240万画素の「スーパーCCDハニカム」を搭載し、ハニカム信号処理により記録画素数最大2400×1800(432万)画素を実現、コンパクトサイズでもキレイな写真をとることができます。また、画質劣化の少ないデジタルズーム機能(ハニカムズーム)を搭載し、最大3.75倍(640×480ピクセル時)のズームアップが可能です。
 MP3オーディオ機能もさらに進化、省電力設計でオーディオ再生時間4時間を実現し、お気に入りの音楽を長時間聴くことが可能になりました。クールなデザインのリモコンは、曲のタイトル名やアーティスト名をリモコンの液晶画面に表示することができます。
 さらに「FinePix50i」は、超薄型23.5mm・超軽量190g(撮影時)のコンパクトボディで、携帯電話のようにポケットやバッグにいつでも入れて持ち運べる気軽さと、スタイリッシュなデザイン性を兼ね備えたデジタルカメラです。新たに採用した「ムーンフェイスレンズバリアー」は、気品と優雅さを感じさせるデザインです。

 また「FinePix50i」は、デジタルカメラFinePixを中心にビュアーソフト・画像ネットサービス等が一体となった新システム FinePix “Picture The Future”に対応しております。
 「FinePix50i」で撮影したあとカメラ本体を「PictureCradle」(付属) の上に置くだけですぐに充電開始。
そして「PictureCradle」とパソコンを付属の専用USBケーブルで接続しておけば、スイッチ一つでビュアーソフト「FinePixViewer」(付属CD-ROMに内蔵)が自動的に起動し、撮影した画像をパソコンのモニター上に一覧表示することができます。さらに、ビュアー上のメニューからインターネットを介して「FinePix Internet Service」に簡単にリンク。アルバムや写真入りホームページの作成、画像添付メールの作成、携帯電話への画像情報を送付するサービス等をご利用いただけます。もちろん、超高画質プリントのFDiネットプリントサービスにも簡単にアクセスいただけます。
 FinePix “Picture The Future”は今までのデジタルカメラの撮る楽しみに加え、撮影した画像の活用方法やコミュニケーションの楽しみを大きく広げていきます。

 美しい画像を撮って楽しむ「FinePix50i」。撮った画像をインターネットで活用して楽しむ「FinePix50i」。音楽好きな人の「FinePix50i」。持つ喜びを感じるファッショナブルな「FinePix50i」。友達との会話をはずませるきっかけとしての「FinePix50i」。
「FinePix50i」は、デジタルフォトライフの楽しさをさらに広げる、まさに新世代のマルチメディアデジタルカメラです。




1.発売日 平成13年6月27日(水)
2.製品名フジフイルム デジタルカメラ 「FinePix50i」
3.メーカー希望小売価格(税別)  88,000円
4. デジタルカメラ「FinePix50i」の主な特長
(1) キレイな画像が撮れる
最大記録画素数432万画素(CCD総画素数ハニカム配列の240万画素)
「スーパーCCDハニカム」とハニカム信号処理により、記録画素数最大2400×1800(432万)画素の高画質を実現。
最大3.75倍(640×480ピクセル時)のデジタルズーム機能(ハニカムズーム)を搭載
3.75倍(640×480ピクセル時)、1.875倍(1280×960ピクセル時)、1.5倍(1600×1200ピクセル時)のデジタルズーム機能を搭載。
「スーパーCCDハニカム」により、画質劣化の少ないデジタルズームが可能。画質を気にすることなく思いのままに、被写体にズームアップが可能。
ストレスのない起動時間と撮影間隔
「FinePix50i」は、起動時間が最短で約1.5秒、撮影間隔が最短で約1.1秒です。電源オンですぐに写真が撮れ、シャッターを押すとすぐにストレスなく次の撮影が可能。
(2) MP3オーディオ機能が更にレベルアップ
MP3とは、MPEG1 Audio Layer3の略で、CDやMD並みの高音質でデータを圧縮する規格です。
音とびの心配もありません。「FinePix50i」は、MP3を手軽にお楽しみいただくための機能を満載しています。
音楽データをMP3ファイルに高速変換&編集するソフトウェアを付属。
音楽データをMP3ファイルに高速変換するソフトを付属し、手間のかかるデータ変換を簡便化。CDなどの音楽ソースからの直接変換が可能で、4分の曲もわずか1分で簡単に高速変換。
(変換スピードはパソコンの動作環境により異なります)
長時間の再生と録音
音楽データは、64MBのスマートメディアにCDやMD並みの音質で最長約80分の記録が可能。
また、オーディオ再生時の省電力化を図ることによって、4時間の長時間再生が可能。
クールなデザインで使いやすいバックライト付きリモコン
リモコンの液晶に曲名やアーティスト名の表示ができます。また、クールなデザインのリモコンには使いやすい液晶バックライトが付属。
曲の一覧表示と1曲ずつの消去が可能
ID付きスマートメディアに記録した音楽のタイトル名を本体の液晶画面で確認することが可能。
さらに、全曲消去はもちろん1曲ごとに消去できるため、思い思いの編集を行うことが可能。
(3) 超薄型、超軽量、しかもスタイリッシュ
女性のポーチやバッグのように小さなものにもらくらく収納できる厚さ23.5mmの超薄型。
持ち歩いても負担にならない190gの超軽量。(撮影時)
どんな場所、服装にも合うスタイリッシュなデザインのアルミ合金ボディ。
スムーズに開閉するスマートなレンズバリア
(4) 便利で楽しい機能
仲間で盛り上がるパーティーモード
音に反応してシャッターが切れるので、自分も含めた大人数での撮影に最適。飾らない表情、思いがけないポーズが撮れて、楽しさがアップ。
撮影した画像にコメントをつけられるボイスメモ機能
撮影直後に、その画像に対して撮影場所等の簡単なコメントを30秒間、音声メモとして記録できますので、想い出を音声入り画像で残すことが可能。
一瞬の笑顔をとらえる高速連写
約0.2秒間隔で最大3コマ連写が可能です。
連続最長9時間の音声録音ができるボイスレコーディング機能
会議などの音声を最長約9時間連続(ACアダプター、スマートメディア128MB使用時)して記録することが可能。
録音中、再生中にかかわらず、ボイスインデックスをつけることも可能。
業界標準フォーマットDCF(Design rule for Camera File system)(注2)準拠
DPOF(Digital Print Order Format)(注3)による簡単操作のプリント注文が可能。
さらにお好みの部分を拡大トリミングしてのプリント注文も可能。
(注2)
デジタルカメラで記録された画像をいろいろな機器で共通に利用しあえるよう
JEITA(社団法人電子情報技術産業協会)で定められた業界標準規格です。
(注3)
DPOFはデジタルカメラで撮影した画像の中から、プリントしたいコマや枚数などの
指定情報をメモリーカードなどの記録媒体に記録するためのフォーマットです。
キヤノン株式会社、イーストマン・コダック社、富士写真フイルム株式会社、
松下電器産業株式会社の4社で提案され、国内外80社の賛同をいただいています。
(5) FinePix “Picture The Future”(ピクチャー ザ フューチャー)に対応
“Picture The Future”とはデジタルカメラFinePixを起点としたデジタルイメージングシステムの総称で、デジタルカメラFinePixを中心に、ビュアーソフト、画像ネットサービスが一体となった全く新しいシステム、サービスです。デジタルカメラで撮影した画像を見たり、活用して楽しむことを主な目的に、以下の内容から構成されております。
[1] 「PictureCradle」(ピクチャー クレイドル)
「FinePix50i」をスケルトンデザインの「PictureCradle」の上に置くだけですぐに充電を開始。
また、専用USBケーブルでパソコンに接続すると、ビュアーソフト「FinePixViewer」がスイッチ一つで自動的に立ち上がり、撮影した画像を一覧表示。「FinePix Internet Service」にも1クリックでアクセス可能。
※パソコンに事前に付属のCD-ROMをインストールする必要があります。
[2] 「FinePixViewer」(ファインピックス ビュアー)
付属のCD-ROMに内蔵のデジタル画像閲覧ソフト。デジタルカメラで撮影した画像をパソコン画面上に簡単に並べて見ることが可能。また、ビュアー上の自動取り込みスイッチをおせば、USB経由でパソコンに高速画像取り込みが可能。ビュアー上のメニューから「PictureJourney」、「FDiネットプリントサービス」、「FinePix.com」をはじめ各種の「FinePix Internet Service」にもリンク。
[3] 「FinePix Internet Service」(ファインピックス インターネット サービス)
「FinePixViewer」のメニューからアクセスできるインターネットサービスの総称。画像添付メールを送信したり、写真入りホームページやアルバム作り等ができる中心的なサイト「PictureJourney」、自宅のパソコンでFDiサービス対応のお店にプリントをネットで簡単に注文できる「FDiネットプリントサービス」、「FinePix.com」をはじめとする写真関連サイトへのリンク、FinePixに関する様々な質問に答えるユーザーサポート等の各種サービスを展開。(ユーザー登録が必要)
「PictureJourney」(ピクチャー ジャーニー)
「FinePix Internet Service」の中心となるサイト。アルバム作成や写真入りホームページ、画像添付メールの作成、携帯電話の待ち受け画面としてお気に入りの画像をダウンロードできる「どこでもPictuere」サービスからなる会員サイトと、一般公開のコミュニティーサイトで構成。
(PictureJourney会員登録が必要)
「FDiネットプリントサービス」
撮影した画像を選択するだけで自宅のパソコンからインターネットを介して高品質写真プリントを簡単に注文、指定した登録のお店でプリントの受け取りが可能。
(FDiネットプリントサービス会員登録が必要)
[4] 「PictureHello」(ピクチャー ハロー)
PCカメラ機能内蔵のFinePixを持つユーザー同士が1対1で対話できるテレビ電話機能。
「FinePixViewer」の上でテレビ電話用のソフトが立ち上がり、パソコンのマイクとスピーカーも使用してテレビ電話が可能。(Windowsにのみ対応)
5. 別売アクセサリー
6. デジタルカメラ「FinePix50i」の主な仕様


「デジタルカメラ FinePix50i」 「デジタルカメラ FinePix50i」
「デジタルカメラ FinePix50i」 「FinePix50i」「PictureCradle」
「バックライト付きリモコン」


本件に関する問い合わせは下記にお願いいたします。
お客様 お客様コミュニケーションセンター TEL 03-3406-2982
報道関係 広報部 TEL 03-3406-2490

最新のニュースリリース

2014年4月23日

2014年4月17日

2014年4月16日

2014年4月10日

ニュースリリース一覧へ
ページ先頭へ戻る