ニュースリリース

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。富士フイルム株式会社 役員氏名の正式表記は、【富士フイルムについて | 役員一覧】をご覧ください。
役員一覧

→ニュース画像へ

『Silvi F2.8(シルヴィ・エフ・ニーハチ)』
スーパーワイドコンパクト FUJIFILM 135コンパクトカメラ
『Silvi F2.8(シルヴィ・エフ・ニーハチ)』
新 発 売


平成14年10月
富士写真フイルム株式会社

 富士写真フイルム株式会社(社長:古森 重隆)は、コンパクトカメラの新たな撮影領域を切り拓く新発想の135コンパクトカメラ『Silvi F2.8』を12月上旬より発売致します。
 新しいコンセプトにより多彩な新機能を盛り込み、お客様が撮影された写真に関する不満・不安を解決し、どなたにでも満足な写真が撮れる、フィルムカメラならではの全く新しい発想のコンパクトカメラです。


1. ひろびろ撮れる超広角24mmからの2倍ズーム
旅先で写真を撮るとき、記念となる風景や建物が全部入らず、悔しい思いをしたことは誰にでもあるはずです。『Silvi F2.8』なら超広角24mmなので風景や建物もひろびろ撮れます。
室内や後ろに下がることの出来ない狭い場所でも威力を発揮します。

2.
クラス(※1) 最高の明るさF=2.8レンズ
キレイな夜景を背景に写真を撮ったけど、夜景が写っていなかったり、顔が白飛びしていてキレイな写真が撮れなかったことは誰にでもあるはずです。『Silvi F2.8』なら明るいF=2.8レンズと、被写体との距離や明るさに合わせて光量を1/64まで制御できる気配りフラッシュ(スーパーデジタルプログラムフラッシュ)、さらにスロープ発光制御シャッターとの組み合わせで露光量を1/800まで制御できるので、人物もライトアップされた夜景もキレイに撮れます。
(※1) メーカー希望小売価格50,000円以下のズームコンパクトカメラ比較

3. 自分撮りもらくらくO.K.のセルフショット機能
『Silvi F2.8』のセルフショットモードなら、自分撮りや仲間と一緒に撮るときに、人物も背景もひろびろ撮れます。ボディー前面にある赤いセルフショット用撮影範囲ランプが見える所にいれば、みんな写ります。三脚がなくても、周囲の人に頼まなくても簡単に記念撮影ができます。

4. ツインシャッター
右手でも左手でも簡単に撮影ができる画期的なツインシャッター搭載。自分撮りの時も撮りやすい方の手で撮れるので大変便利です。

5.
世界最小・最軽量(※2) のコンパクトボディ
携帯性に優れたコンパクトなボディなので、カバンやポケットに入れても気になりません。
(※2) 35mm ズームコンパクトカメラ比較 平成14年10月現在

6. その他の便利な機能
(1) 光って見やすい大型液晶なので、撮影モードの設定・確認などの操作が簡単にできます。
(2) クイックショットモードにすれば約0.15秒で撮影できます。シャッタータイムラグが少ないので、「あっ、今撮りたい!」という時にシャッターチャンスを逃しません。
(3) どのズーム倍率でもオートモードで35cm近接撮影が可能。花や料理なども大きく撮影できます。
(4) フィルム給送はプレワインドなので、万一誤って裏ぶたを開けてしまっても、直前コマ以外の 撮影済みのコマが感光するのを防げる安心設計です。

7. イメージキャラクター
イメージキャラクターとして、カメラ好きタレントとしても有名な“吉岡美穂”を起用。駅貼り広告や店頭ポスターを中心にプロモーションを展開いたします。

吉岡 美穂(よしおか みほ)プロフィール
■ 生年月日 1980年2月3日
■ 出身地 大阪府
■ 身  長 169cm
■ 趣  味 仕事・プライベート問わず、外出する時には必ずカメラを持ち歩いている。
コンパクトカメラ、一眼レフ、デジタルカメラ、インスタントカメラ、両手では足りない くらいのカメラを保有する写真好き。
■ 経  歴 人気レースクイーンからサントリーやトリンプのキャンペーンガールを経て、トップグラビアモデルに。
昨年からはバラエティ・ドラマを中心にTV番組、CM出演にも進出。
癒し系の女優としての道を着実に駆け上がっている、今注目度 No.1のタレント。



≪製品概要≫
1.製 品 名 富士フイルム 135コンパクトカメラ 『Silvi F2.8』
2.価   格 メーカー希望小売価格40,000円
3.発 売 日 平成14月12月上旬
4.出荷予定台数   初年度100,000台(国内出荷ベース)

主な仕様


『Silvi F2.8(シルヴィ・エフ・ニーハチ)』



本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
お客様 お客様コミュニケーションセンター TEL 03-3406-2981
報道関係 広報部 TEL 03-3406-2490



ページ先頭へ戻る