MYFAVORIELESSONCONTESTPICK UPINTERVIEWHOMEへ
京都 The Old and New Guide of Kyoto
最新号にもどる
 

月に2から3回の京都詣でのペースで撮影がすすみ始めると、1回の撮影でおよそ50本もフィルムを使ったのだとか。

「カメラも、何で撮ろうかな、と迷っていたときに、京都の友達が言ったんです。『京都って碁盤の目の街やから、正方形の写真がいいんじゃない』。それ、すごい説得力あるでしょ。なるほど、と思って6×6という正方形で撮れるカメラで撮影することにしたんです」

「どういった所であれ、街の撮影は難しいんですが、京都を撮影するのは、いわば1250歳の妖怪みたいな大先輩のおじいさん(もしくはおばあさん)を撮影するようなもの。いろんな深み、いろんな経験がありすぎて。18歳、20歳の若い子のポートレイトとかを撮るほうが、そりゃラクですよ」とMOTOKOさんは言う。最終的にコンタクトシートだけで50cm以上の高さになるくらいのカット数を撮り、さらにそこから絞り込んだプリントだけで300枚にもなった。

「今回服部一成さんに、アートディレクションをお願いしました。基本的には、自由にやっていただきました。私、写真集のような仕事では、アートディレクターの役割ってとても大きいと考えているんです。というのも、音楽で考えたら分かりやすいんですが、アーティストの自己プロデュースものって、なんかその人だけの世界で自己完結していて、1人よがりで小さくなってしまいがちでしょ。そこをきちんとディレクションすることによって、自分では思いつかないような魅力を引き出してもらえるから、より大きなものなると思うのです。これは、写真集というメディアで、みんなに何かを伝えたい、と考えている私にとって、とても必要なことなんです」

「もちろん純粋さも必要だけど、私は常に自分の価値観を疑っているというか。1人よがりにならない様に気をつけています。これは自分のプロジェクトである写真集をやるときに、一番大切なことのひとつだと考えています。表現するって、人に伝えることでしょ。私の中に、皆さんに何かきっちり伝えたい、分かってもらいたいものがあるから、それを表現するツールとして、写真があった、という感じです。私がこの写真集で伝えたい『京都』、伝わるといいな、と思います」




<プロフィール>
1966年大阪生まれ。1990年大阪芸大卒業。

2001年
 写真集「UA by MOTOKO」(リトルモア)
2003年
 写真集「Day Light」(ピエ・ブックス)
 「First time」(ソニー・マガジンズ)
 「flowers of romance」(ピエ・ブックス)
2005年4月
 写真集「京都 The Old and New Guide of Kyoto」
  (プチグラパブリッシング)
 個展「“京都2005” by MOTOKO」 京都cocon烏丸にて

Official site>>
http://www.mili.jp/motoko.html

(C)MOTOKO
拡大>>


(C)MOTOKO
拡大>>


写真がウマくなるコツは?

「私、基本的に女の人は写真が上手いと思います。なぜかと言うと自分の好きなものがはっきりしていて、ぶれないでしょ。素直にいいと思ったものを写せばいいんじゃないかな。例えば、この写真集の中のおそばも、素直に、アシスタントの前に置かれたままをそのまま撮影したんです。「おいしそう」と、「おいしい」っていうのは、ちょっと違うから、あとは人生の経験を積み重ねていけばいいだけのような気がします」


<展覧会>
Exhibition 「秋」 
〜 京都 2005 by MOTOKO 〜


2005年11月23日(水・祝)〜12月4日(日)会期中無休
会場: LAPNET SHIP
開館11時 閉館21時 入場無料

今年4月、京都・COCON烏丸にて好評のうちに幕を閉じた展覧会「京都2005」を、東京で開催。MOTOKOさんが切り取った京都の街をぜひご覧ください。

  【プレゼント内容】
  ・ポストカード 3名
  ・ポスター 1名
  ・DVD 3名

<Present!>
MOTOKOさんからフォトモア読者へ嬉しいプレゼント!
写真集「京都 The Old and New Guide of Kyoto」から、正方形サイズのポストカード(3枚1セット)を3名様、サイン入りポスター(非売品)を1名様、写真集に掲載されなかった写真をゆったりとした音楽とともにスライドショーにしたサイン入りDVD(非売品)を3名様へプレゼント!

ご希望の方は、「MOTOKOインタビュー プレゼント希望」という件名で、お名前、ご住所、希望のプレゼント、フォトモアへの感想を明記のうえ、メールでご応募ください。
締め切りは、12月7日(水)。抽選結果は発送をもってかえさせていただきます。
応募はこちら>> photomore@fujifilm.co.jp



<<前ページ
(1/2)
 
BACKNUMBER
 
vol.8
フォトグラファー 長島有里枝

「想いをかたちに。そのまなざしをフィルムに焼き付ける」
vol.7
現代美術作家 やなぎみわ

「架空の光景をリアルに写す『写真』の使い方」
vol.6
写真家 今岡昌子

「『re・birth』のあとに続くもの」
vol.5
モデル KIKI

「LOVE ARCHITECTURE KIKI」
 
 

© 2006 FUJIFILM Corporation