ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン名古屋

  • 開催期間
  • 2008年9月19日(金)〜2008年9月25日(木)
  • 開館時間
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 名古屋
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 名古屋

大塚 武和 写真展「山麓季行」Ⅱ (金剛生駒紀泉国定公園指定50周年記念)

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

金剛生駒国定公園は、平成8年10月に和泉・かつらぎ山系へと拡大指定され、「金剛生駒紀泉国定公園」と改称された。この国定公園は、大阪・奈良・和歌山・の三府県境が接するところを中心に、北へ金剛生駒山系が連なり、西へは和泉・かつらぎ山系が連なる、まさに「三国境」として君臨してきた山系であります。特に本州の南限に近く都市の近郊で、標高がわずか858mで「ブナ」の自然林が形成され、その中の1本は当時日本で3番目に太い「ブナ」の木といわれていた。現在は保護のため遊歩道が作られ、特設「ステージ」からしか見ることができない。また学術上貴重な牛滝山や犬鳴山の自然林、その中にあって地球の中を、かいま見るようで今にも山ごと滑り落ち大地震がと、思うような大きな岩盤が露出している。他方奈良県側は歴史や神話の宝庫で、この国定公園の山麓を歩けば史跡にあたるといわれるほど多く点在している。自然破壊が進む昨今なんとしても残したい自然です。
是非ご高覧ください。
大塚 武和 


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る