ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン名古屋

  • 開催期間
  • 2014年1月24日(金)~2014年1月30日(木)
  • 開館時間
  • 10:00~18:00
    (最終日は14:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 名古屋
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 名古屋

深水 佳世子 写真展 《 水の国・にほんの 潤景 》

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 雨に濯われた朝の渓谷を逍遥すると、いずこからともなく山霧が湧き上がり、時なく様相を変えていく。 渓に茂る樹木の一葉一葉が潤い、かぐわしい雨の香りを発散する。

 一昨年の東日本大震災では、津波により改めて大自然における水の怖さを、私たちは打ち震えるように思い知った。

 しかし、その後復活の勇気や歓びを与えてくれたのは、水に支えられて生きる森羅万象でもあったと思う。 震災後初めての春を迎え、澄んだ空にみずみずしく広がった桜花に、私たちはどんなに生命の歓びを感じ、感謝の思いを湧きあがらせたことであったろう。

 深山や谿谷に、それぞれの季節を迎えて忘れず咲いてくれる花々に、「山河ある」ことの重さをひしひしと感じる。

 里では、水を張った田に植えられた稲が、農夫たちに慈しみ育てられやがて穣りの秋を迎える。 収穫の歓びに、刈り取りの稲の黄に照り映えるように農夫の顔が耀く。

 「水の国」の生命たちの幸いを、慎ましく祈りたいと思う。


 
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る