ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン大阪

  • 開催期間
  • 2015年3月20日(金)~2015年4月1日(水)
    * 最終日は19:00まで
    * 3月21日(土)写真家によるトークショー開催予定
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
    (最終日は19:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1・スペース2・ホワイエ
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 大阪

富士フイルムフォトサロン大阪 企画写真展
「生(ライフ)~写真がとらえる野生~」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 富士フイルムフォトサロン大阪では、厳しい野生の世界で精一杯生きている哺乳類や鳥などの生き物たちの姿を、4人の若手動物写真家達がとらえた写真展「生(ライフ)~写真がとらえる野生~」を開催いたします。
 極北、砂漠、水中、我々人間が生活するにはあまりにも厳しい環境の中でも、野生の動物たちは力強く、そして気高く生を営んでおります。その野生生物たちの生きる姿に魅せられ、何ヶ月もキャンプ生活をしたり、幾度となく深く潜り撮影を続けている若き写真家達がいます。今回の写真展では、そんな写真家達から4名をピックアップさせていただき、競作として「生」-生きるということ、生(産)まれるということ、生活していくということ-を描き出す展示を行います。生きるために他の生命をいただくこと、仲間と生きていくこと、子孫を残していくということ、そこには生々しい「生」の営みが見られ、改めて生命の尊厳や美しさを感じとっていただける写真展です。


【プロフィール】

鍵井 靖章(1971年生まれ)
 大学在学中から水中写真家・伊藤勝敏氏に師事し水中写真を志し、オーストラリアなどでダイビングガイドをする傍ら水中写真を撮り続ける。1998年フリーの写真家として独立。独特の世界観でプランクトンからクジラまで水中のありとあらゆるものを撮影している。第15回アニマ賞受賞。


前川 貴行(1969年生まれ)
 写真家田中光常に師事し、独立して2000年より写真家としての活動を開始。日本、北米、アフリカ、インドネシア、インドなど、全世界をフィールドに撮影を敢行するとともに、展覧会の開催、書籍出版にも精力的に取り組む。2013年第一回日経ナショナルジオグラフィック写真賞グランプリ受賞。


松本 紀夫(1972年生まれ)
 人生を模索していた大学生の頃、故星野道夫氏の作品に出会い写真家を志す。その後大学を中退し、アラスカ大学へ編入。独学でキャンプや写真の技術を習得し現在に至る。年の約半分をアラスカで過ごし、夏は北極圏や無人島、冬は氷河の上のかまくらでひとりで生活しながら、自然の撮影に専念する。


山形豪(1974年生まれ)
 少年時代を中米のグアテマラや西アフリカのブルキナファソ、トーゴといった国々で過ごす。独学で写真を学び1998年よりフリーの写真家として活動を始める。南部アフリカの野生動物や風景、人の写真を撮り続けながら、写真サファリのガイドとしても活動中。近年では、インド亜大陸にもフィールドを広げている。日本自然科学写真協会(SSP)会員


【同時開催】
NATURE CRAZYS -ネイチャー・クレイジーズ-




ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る