ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン大阪

  • 開催期間
  • 2017年4月14日(金)~2017年4月20日(木)
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
    (最終日は14:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1・スペース2
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 大阪

第56回 富士フイルムフォトコンテスト入賞作品発表展

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

「第56回 富士フイルムフォトコンテスト」の入賞作品発表展を全国の富士フイルムフォトサロンにて順次開催致します。

 今年度は、昨年度を上回る36,110点もの作品を全国よりご応募いただき、厳正な審査を経て175点の入賞作品が決定致しました。ご応募いただいた作品は撮影者の創意工夫が目立ち、改めて写真表現の多様性を再認識することが出来ました。
 今年の入賞作品は、各地のお祭りやセレモニーといったイベントの賑やかさや動植物や自然現象を斬新な視点で捉えた個性溢れる作品が目立ちました。自由写真部門では、人々や動物の躍動感が伝わる作品が多く入選しました。ネイチャーフォト部門では、自然現象が見せる荒々しさや光を巧みに活かした作品や動物への優しい眼差しが窺える作品が多数集まりました。フォトブック部門では、ストーリーの展開に工夫を凝らしたが作品が目立ち、ページを捲るごとに心揺さぶられる作品が多くありました。また、特別テーマ部門は、従来の「日常の一コマ」から今年度は新しく「壁を素敵にする写真」として作品募集を致しました。撮影者自身がアートの様に作り込んだ空間をセンス良く描き出した作品や、まるで絵画のようなカラフルな作品等、カフェやお部屋の壁に飾りたくなるお洒落で素敵な写真が数多く見受けられました。

 入賞作品発表展では、入賞者の感性豊かな写真をより明確に感じ取って頂けるよう最高品質の銀塩プリントで展示します。また「フォトブック部門」は、一冊を通じて入賞者の方が伝えたかったメッセージを感じて頂けるよう、作品を実際に手にとってご覧いただけます。写真の力、素晴らしさを実感できる作品展です。是非ご来場頂き、お楽しみ下さい。


写真家審査員(敬称略・順不同)
自由写真部門:林 義勝
ネイチャーフォト部門:辰野 清
フォトブック部門:榎並 悦子
特別テーマ部門:鶴巻 育子




ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る