ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン大阪

  • 開催期間
  • 2017年6月9日(金)~2017年6月15日(木)
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
    (最終日は14:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 大阪

中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」発売記念写真展
野波 浩写真展「reflection(リフレクション)」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 富士フイルムフォトサロン 大阪では、2017年6月9日(金)から6月15日(木)まで、中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」発売を記念し、写真家 野波 浩写真展「reflection(リフレクション)」を開催致します。

 野波氏は、その高い芸術性と幻想的な世界観で、国内外から極めて高い評価を得ている写真家です。野波氏の作品には、その独特の写真技法から、極めて高い描写力と質感、階調再現性が常に求められます。本写真展「reflection」は、野波氏が、世界最高レベルの高画質を誇る最新鋭の中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」と、小型軽量ながら高画素フルサイズ一眼に匹敵する超高画質を誇る高性能ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T2」を駆使し、被写体の女性モデルからスタジオの撮影空間まで独自の世界観に作り上げて撮り下ろした、珠玉の作品展です。

< 作者のことば >
私の作品制作の大きなテーマには「耽美」とか「カオス」等がある。
私の作品を振り返ってみると以前は無国籍を意識して世界観を構築してきたように思うが、最近、徐々に「和の匂い」が見え隠れしてきた。私自身そんなに日本の文化や歴史などに詳しい訳でもないが、その魅力にようやく気がついたのかもしれない。
自身の作品に対する方向性などはこれからも変わらずに続けていくだろう。
その中に今私が感じている「匂い」がより反映されれば何か新しいものが視えるかもしれない。

※ reflection(リフレクション)=反射・過去を振り返ること

※ 6月11日(日)、展示会場内で野波浩氏によるギャラリートークを開催いたします。

<野波 浩 プロフィール>

1954年島根県生まれ。1974年大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ)を卒業後、印刷会社の写真スタジオ勤務を経て1979年に独立、Studio No・ah設立。
大阪を拠点に写真家として主に広告写真を中心に活動を開始する。
多重露光やフォトモンタージュ、コラージュ等多彩な写真技法を駆使し、独自の世界観を生み出している。
国内外で、写真展多数開催。
作品集:「ABYSS」、「EUREKA」、「CHAOS」、「DIPTYCH」、(エディシオン・トレヴィル刊)、「MOUSA」(アートスペースK刊)、LUNA SEA写真集「ZOE」(音楽専科社刊)、江角マキコ写真集「E-MOOD」(リトル・モア刊)、劇団新感線写真集「婆娑羅」(エディシオン・トレヴィル刊)等。


【写真展併催イベント】 中村成一氏によるギャラリートーク

日時2017年6月11日(日)  14:00~ (約40分)
会場富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1 (写真展会場)
※ お席のご用意はございませんので、予めご了承ください
参加無料
申込不要



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る