ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン大阪

  • 開催期間
  • 2018年1月12日(金)~2018年1月18日(木)
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
    (最終日は14:00まで/入館は終了10分前)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 大阪

山本治之写真展 「ぶな林彷徨 -美しきぶな林の四季-」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 私の住む近畿地方のブナは、気候や植林等の関係で、多くは高い山の頂き付近に存在し、普段目にすることは少ない。
 初めてブナと出合ったのは、奈良県と三重県の境に位置する大台ケ原である。それまで写真で目にしていた多くのブナは幹が白く、すっきりと伸びた美しい木であったが、大台ケ原のブナは多雨地帯でかつ風も強いため、背が低く苔に覆われていた。それでも一目見ただけでその魅力に憑りつかれてしまった。その後様々なブナと出合い、ブナを写したいという思いは一層深くなって行った。
  一念発起し、北限(北海道黒松内)~南限(鹿児島県高隅山)のブナ林を訪ね、手で触れ身体で感じて撮影するのに5年を要した。これらの作品に過去の作品も加え構成している。今では倒れて朽ちた懐かしい写真もある。ブナに魅せられて25年、その想いと魅力を少しでも伝えることが出来れば幸いである。
 是非ご高覧ください。


山本治之


* 作品点数 : カラー約40点



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る