ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン大阪

  • 開催期間
  • 2018年3月30日(金)~2018年4月5日(木)
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
    (最終日は14:00まで/入館は終了10分前)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 大阪 スペース1
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 大阪

“フォト吉備”写真展 「ふるさと岡山」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

“フォト吉備”は、全て日本風景写真協会の会員でかつ古来吉備と呼ばれていた地域に居住するメンバーから成り立っています。月例会での作品作りの楽しい会話から、やがてクラブ設立へと発展し、岡山市で毎年展示会を開催しています。本展示会の作品は全て岡山県内で撮影しています。吉井康哲は写真集としてイタリア・トスカーナの田舎を撮った「ラ・ストラーダ・ビアンカ」、岡山県内を撮った「美しき岡山」を出版しています。水川信行は写真の原点「光と影」に注目し、人の感性に強く訴えかける作品を発表し続けています。川島潤太は特に自分の居住する地域の近辺を中心に、求道的な作品作りに心を砕いています。岩見清人は自然風景を独特な切り口で表現し周囲を驚かせます。片野景悟は全国展で何度も上位入賞するなど、風景をありのままどっしりと表現し見ている人を納得させます。


フォト吉備代表 吉井康哲


後援 : 岡山県、近畿岡山県人会


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る