ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルムフォトサロン札幌

  • 開催期間
  • 2018年3月23日(金)~2018年3月28日(水)
  • 開館時間
  • 10:00~18:00
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン 札幌
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン 札幌

「猫街逍遥 ―前夜の記憶―」 箕浦伸雄写真展

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

「平凡な日常こそ守るべき大切なもの」この思いで作品を撮り続けてきました。
長崎を歩くことになったのは偶然の出会いからでしたが、長く続く時の流れと、それが突然消えた記憶が混在する空気が、私の思いと同調するのを感じました。のんびりと猫たちが歩く街並みはいとおしさと安心感に満ちていますが、同時に脆さも感じます。この空気に魅かれて長年通うことになりました。
作品はすべてフィルムで撮影しています。これは仕事用のデジタル機材をメンテナンスする機会に旅に出るからです。答え合わせのないカメラを持って、ただの「眼」となって歩く時間は自分と向き合う時間でもあります。
今回の写真展は、1冊の写真集の中を歩くような構成にしたいと考えています。路地をぶらぶら歩く猫の視線で見てもらえればと願っています。


箕浦 伸雄



<プロフィール> 箕浦 伸雄 (みのうらのぶお)

1959年東京生まれ神奈川育ち。1992年より北海道芽室町在住。東京工芸大学写真工学科卒業後、医学写真関連の仕事などを経て2005年よりフリーランスカメラマンとして活動中。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る