トップ > 富士フイルム フォトサロン > 奈良美弥子写真展「大地のうたがきこえる-冬音(とうね)-」
  • 開催期間
  • 2010年10月22日(金)~2010年10月28日(木)
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
    (最終日は16:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン スペース2
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

富士フイルムフォトサロン

メール配信サービス

Fotonoma

ASTALIFT

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン スペース2

奈良美弥子写真展「大地のうたがきこえる-冬音(とうね)-」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

「やっぱし冬はがっつり凍(しば)れないば、だめなんだわ」
私たち北海道民が冷夏の時によく言う言葉です。
「冬が寒いと夏は暑くて豊作が期待される」と昔から言われてきました。
実りの季節には意外かも知れませんが、冬の厳しさが重要です。
特に秋に蒔かれ、夏の早い時期に収穫される「秋蒔き小麦」は、雪の中で春を迎えます。
雪が寒さから作物を守っているのです。
作物だけではなく、雪は自然界の植物達の芽吹きも守ってくれています。
今回の作品は、大地に耳を澄ませながら撮りためてきた四季の中から、ただ何となく流れているようで実はじっくりと実りの季節を迎える準備を進めている「休息の季節」、晩秋から冬の始まり、厳冬期、早春と移り変わる微妙な季節の変化をまとめました。
富良野と美瑛の冬の風景から、北海道に生きる私たちの強さと大らかさを感じていただけたら幸いに存じます。

奈良 美弥子