ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

イノベーションによるこころ踊る未来を創る

富士フイルムは、生み出しつづけます。
人々の心が躍る革新的な「技術」「製品」「サービス」を。
明日のビジネスや生活の可能性を拡げるチカラになるために―
「Open Innovation Hub」は、富士フイルムが写真感光材料を原点として培ってきた
最先端のコア技術や進行中の開発テーマと、皆さまが持つ課題やアイデアが交わり、
コラボレーションしながら新たな価値を創り出していく“共創” の場。
暮らしや社会、そして地球環境に貢献する新たな価値と発想を導き出していきます。

フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションで“共創”を加速

富士フイルムのオープンイノベーションは、コラボレーティブなイノベーションです。選び抜いたパートナーとともに、互いの技術やアイデアを融合することで新たな価値を作っていくことです。

私たちがコラボレーティブなオープンイノベーションを志向する理由は2つあります。第一に、人々の健康や環境などさまざまな領域における社会課題を解決するためです。その実現のためには、パートナーと志を共有し、対等な共創関係を維持できる関係を構築することが有効です。その結果、当社単独では成し得ない大きなイノベーションを起こせると、私たちは考えています。

オープンイノベーションの具体的な進め方としては、現在の重点領域であるヘルスケア事業や高機能材料事業で画期的な新商品・サービスや新規事業を創出することに重きを置いています。そうした商品やビジネスモデルを、富士フイルムとパートナーの双方に発展をもたらすだけでなく、社会に大きく貢献する力を秘めたものにしていきたいのです。

第二の理由は、富士フイルムの写真メーカーとしての来歴や遺伝子に関わっていることです。私たちの技術は、材料化学を中心に、画像処理、光学、メカ・エレキ、ソフトウエアなど広きにおよんでいます。それらの大半は写真フィルムの研究・製造の中で培ってきた、世界最高峰の水準のものです。しかし、写真フィルムはデジタル社会への移行に伴い、写真の世界の主役の座を降り、当社のビジネスはデジタルイメージングやヘルスケア、高機能材料などの新規分野へと多角的に発展を遂げました。それはつまり、写真で培った技術を、新たな分野で活用する機会が増えているということです。技術から新たな価値を導き出す機会を的確にとらえ、その可能性を高めるには、幅広い他分野の知見と融合すること必要不可欠です。これが、富士フイルムがコラボレーティブなオープンイノベーションを推進しているもうひとつの理由です。

日本・東京と米国・シリコンバレー、欧州・オランダに創設したOpen Innovation Hubは、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションを通じ、富士フイルムの基盤・コア技術やそれを応用した製品に直接触れることができるほか、そこから得たアイデアについて自由に議論することが可能です。私たちはこのOpen Innovation Hubを拠点に、異業種 の皆様とも密に情報のキャッチボールを行い、新たな イノベーションを“共創”して参ります。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る