ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


新規事業創出への取り組み

 

[写真]

世の中にある潜在ニーズにいち早く着目し、富士フイルム独自の技術を活かした革新的なイノベーションを社会に提供するために、さまざまな取り組みを行っています。

研究所全体での取り組み

富士フイルムステージゲートプロセス

富士フイルムステージゲートプロセスは、新規事業・新商品開発のプロセスを標準的に6つのステージに分割して、開発を推進していく手法です。各ステージにおいて、不確実な要因についての仮説検証を行いながら、不確実性を減らし、各ステージの終わり(ゲート会議)で、あらかじめ決められた項目についての目標達成度および次のステージでクリティカルな課題とそのアクションプランのチェックにより、次のステージに進むかどうかの判断を行います。
各ステージごとに得られた新たな課題から、都度戦略を見直すことで、ユーザーニーズに合致した競争力のある新事業・新商品の開発を狙っています。

Blue Sky Research制度

新規事業の持続的創出には「研究者個人の自由な発想と情熱による研究」がその根源となります。現在導入している「Blue Sky Research(BSR)」は、研究者の自由な発想と想いを研究テーマに育てるための制度であり、「気づいたアイデアを眠らせず、全社でオープンに議論することにより、テーマを育成していく」ことを目的としています。
この制度においては、現在の業務との関連性は問わず、基礎研究から新規商品提案まで、あらゆるフェーズでテーマの応募が可能です。

先進研究所での取り組み

異分野研究者の交流

コーポレートラボ群の4研究所と、ディビジョナルラボ群の2研究所を先進研究所に集約し、異分野の知識・技術の積極的な融合による新規事業の創出に取り組んでいます。

フィージビリティチームとプロジェクトチーム

先端コア技術研究所や有機合成化学研究所、アドバンスマーキング研究所、インフォマティクス研究所で生まれたアイデア・技術は、「技術のポテンシャルを見極めるためのフィージビリティーチーム」、「要素技術開発のためのプロジェクトチーム」で議論・研究を重ねます。そして、新たな製品へと育てるために、ディヴィジョナルラボでの研究開発へと移行します。
その際、富士フイルムグループの研究者から選抜されたメンバーが協働することにより、これからの活動の成果の最大化を図ります。こうした“融知・創新”を通じて、新規事業・新製品の種を創出していきます。

商品化までの流れ

[図]

高機能材料の開発推進

高機能材料開発本部の設立

高機能材料分野における新規商品・事業の創出の加速を目的に、2013年に「高機能材料開発本部」を設立しました。この組織では、人材・技術・資金など必要な社内外のリソースを集め、少人数のプロジェクトチームを編成して新規ビジネスの事業化を推進します。変化や競争が激しい現代社会において、「小さく・早く・安く・多く」をキーワードに、収益性の高い商品・事業を継続的に創出することを目指しています。

オープンイノベーション活動

イノベーション戦略企画部の設立

事業戦略と技術戦略の機能を集結することで、新規事業創出のスピードを加速化させるとともに、オープンイノベーションのグローバル展開を推進する部門として、2015年に設立しました。
イノベーション戦略企画部では、研究開発に必要な投資規模などのリソース配分を経営視点から精査し、研究テーマによっては外部に研究開発を委託するという判断も行います。

Open Innovation Hub(オープンイノベーションハブ)

[写真]Open Innovation Hub(オープンイノベーションハブ)

Open Innovation Hubは、これまで富士フイルムグループが開発してきた優れた材料・製品を支える基盤技術やコア技術、開発中の新しい技術・材料・製品などに直接触れていただきながら、さまざまな分野の企業とフェイス・トゥ・フェイスでコミュニケーションすることで、新しい価値の創造のきっかけを共に作る「共創」の場として、グローバルに展開しています。

イノベーションアイデア提案制度

全世界の富士フイルム社員が、自由な発想でイノベーションアイデアを提案する社内制度です。 「新製品・サービス」や「技術革新」、部門を横断する業務プロセスの改善など、新たな価値の創出につながるアイデアを募り実現をサポートすることで、イノベーション創出、アイデアを自由に出し合える企業風土醸成につなげていきます。

関連情報

富士フイルムの歴史は、イノベーションの歴史です。

富士フイルムはイノベーションで前に進み続けます。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る