ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


研究報告 No.43 1998年 研究報告書

 

※PDFファイルを閲覧するにはAdobe® Reader®が必要です。詳しくは「プラグインについて」をご覧ください。

研究報告書(全文)

研究報告書(分割版)

研究者 首藤定伸、倉光昌之、桑島茂、坂東信介
研究者 山田耕三郎、江副利秀、河戸孝二
研究者 田口慶一、渡辺裕幸、瀬岡良雄
研究者 前本一夫
研究者 近藤俊一
研究者 沢野充、中村秀之、白井秀、後藤靖友、下村彰宏
研究者 高橋健治、田崎誠二、錬石恵子、江藤雅弘
研究者 武尾英哉、志村一男、小畑秀文(*1)、縄野繁(*1)
研究者 田原修二、成田俊彦
研究者 佐々木弥
研究者 曽我孝、松尾淳一、小西正弘、岩部和記
研究者 中島延淑、山田光一、大塚秀一、加藤久豊
研究者 宇佐美良徳、大久保彰人、依田章
研究者 田中秀明、阿部義彦
研究者 小沢啓一郎、竹内雅志、保田敏雅、藤田眞作(*1)
  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者

転載リスト

著作権の関係上、全文は掲載できませんので、もとの掲載雑誌を直接ご覧になるか、研究報告誌の冊子体を参照ください。

互いが直交して連結されたペンタメチンストレプトシアニン色素ダイマーにおけるスピロ共役
研究者 加藤隆志、小川恵三、稲垣由夫、岡崎廉治(*1)
掲載誌 Bulletin of the Chemical Society of Japan 70(5),1109-1114(1997).
脱着過程の熱力学的解析に基づくAgBr粒子に吸着したシアニン色素のJ会合体の構造と成長機構
研究者 浅沼浩之(*1)、谷 忠昭
掲載誌 The Journal of Physical Chemistry B 101(12),2149-2153(1997).
密度汎関数計算に基づくビフェニルラジカルアニオンとカチオンの振動解析
研究者 古屋和彦、鳥居肇(*1)、古川行夫(*1)、田隅三生(*1)
掲載誌 Chemistry Letters 10,913-914(1996).
スズ系非晶質複合酸化物:高容量リチウムイオン吸蔵材料
研究者 井戸田義雄(*1)、窪田忠彦(*1)、松藤明博、前川幸雄、宮坂力
掲載誌 Science 276,1395-1397(1997).
バルク周期反転ドメインMgO-LiNbO3を用いたLD励起946nmYAGレーザの内部共振機型SHG
研究者 原田明憲、二瓶靖和、岡崎洋二、日向浩彰
掲載誌 Optics Letters 22(11),805-807(1997).
配合材料の活用による商品・技術開発:磁気テープにおける配合材料複合化技術
研究者 向田可人、花井和子
掲載誌 プラスチックスエージ No.4,109-112(1997).
フィブロネクチン細胞認識部位由来Arg-Gly-Asp(RGD)のペプチドミメティクスによる癌の浸潤と転移の抑制
研究者 藤猪英樹(*1)、西川尚之、駒澤宏幸、織笠敦、小野光則、伊藤勇、村田純(*1)、東市郎(*1)、済木育夫(*1)
掲載誌 Oncology Research 8(9),333-342(1996).
FP-21399はHIV外皮蛋白によって引き起こされる膜融合を阻害し、またリンパ節に濃縮される
研究者 小野光則(*1)、和田裕美子(*1)、ヤンミン・ウー(*1)、根守良一、神保由美子、ホン・ワン(*1)、キンミン・ロー(*1)、山口直人(*1)、ベアトリーチュ・ブルンクホルスト(*1)、大友弘子、ジョン・ベソロフスキー(*1)、ジェフェリー・C.・ウェイ(*1)、伊藤勇、ステファン・ギリス(*1)、ランボー・チェン(*1)
掲載誌 Nature Biotechnology 15,343-348(1997).
  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者

関連情報

富士フイルムの幅広い事業領域についてご紹介します。

先進独自の技術を生み出す、富士フイルムグループの研究開発体制とは。

富士フイルムの工場や研究所、技術開発センターなどがご覧になれます。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る