ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


研究報告 No.47 2002年 研究報告書

 

※PDFファイルを閲覧するにはAdobe® Reader®が必要です。詳しくは「プラグインについて」をご覧ください。

研究報告書(全文)

研究報告書(分割版)

研究者 山下清司、大谷薫明、副島晋、大島直人
研究者 野口修由、飛世学、内田充洋、鈴木信之、亀山信行、久米裕二
研究者 冨永佳博、岡村大輔
研究者 佐藤徳次
研究者 山本尚、鈴木亮、安藤茂、榎本淳、平野武司(*1)、吉田光治、長谷川博之、氏家洋一、久原修治
研究者 浅井有人、渡邊芳明、寺田昌弘、菅沼陽史、羽田典久、乾谷正史
研究者 藤井武、角克人、品田英俊(*1)、高田倫久(*1)
研究者 河邉保雅、丹史郎、漢那慎一、児玉邦彦、藤森亨、西山文之、百田淳、山中司
研究者 金山修二
  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者

転載リスト

著作権の関係上、全文は掲載できませんので、もとの掲載雑誌を直接ご覧になるか、研究報告誌の冊子体を参照ください。

銀塩写真の21世紀展望
研究者 髙田俊二
掲載誌 日本写真学会誌 64(1),9-13(2001).
カラー電子写真用フォトペーパーの品質工学(QE)による最適設計
研究者 立石朋美、岡本潤
掲載誌 QES2001 第9回品質工学研究発表大会論文集,178-181(2001).
Alフリー活性領域を有する0.8μm帯高出力半導体レーザにおける高信頼化と光出射端面温度の低減
研究者 早川利郎
掲載誌 SPIE Proceeding, Vol.4287,103-110(2001).
単一レンズによる三次元イメージ撮影システム
研究者 小野修司
掲載誌 3次元画像コンファレンス2000 講演論文集,91-94(2000).
多層血液分析フイルムにおける糖を用いた酵素の安定化
研究者 村谷浩二、石崎慶一
掲載誌 日本食品工学会誌 Vol.1,No.2,59-64(2000).
回転ドラム搭載型MRヘッドに適した超薄磁性層塗布型媒体の検討
研究者 江尻清美、杉崎力、田口亮(*1)、真島恵吾(*1)、武藤一利(*1)、上原年博(*1)、奥田治雄(*1)
掲載誌 IEEE.Trans.mag., Vol.37,No.4,1605-1608(2001).
プラズマCVD法によるa-C:H:N保護膜の作成とその摩擦磨耗特性
研究者 臼杵一幸、片山和俊、長尾信、柏木朗
掲載誌 日本トライボロジー会議予稿集 2000-5,195-196(2000).
重合性基を有するディスコティックネマティック液晶性トリフェニレン誘導体およびその光学異方性フィルムへの応用
研究者 岡崎正樹、河田憲、西川秀幸、根来雅之
掲載誌 Polym. Adv. Technol., 11,398-403(2000).
DUVレジスト用新規アセタールポリマーの構造設計
研究者 藤森亨、丹史郎、青合利明、西山文之、山中司、百田淳、漢那慎一、河邊保雅、八木原盛夫、小久保忠義(*1)、Sanjay Malik(*1)、Lawrence Ferreira(*1)
掲載誌 SPIE Proceeding, Vol.3999,579-590(2000).
固体7Li-NMRと in situ XRDによるスズ酸化物およびスズ複合酸化物へのリチウム挿入反応の研究
研究者 古屋和彦、小川恵三、峰尾泰、松藤明博、奥田潤、恵良田知樹(*1)
掲載誌 Journal of Physics: Condensed Matter 13,3519-3532(2001).
水中における両親媒性ポリペプチドの凝集構造
研究者 鷲巣信太郎、土井智清(*1)、木下隆利(*1)、神谷博輝(*1)、辻田義治(*1)、吉水広明(*1)
掲載誌 Polymer Journal Vol.33,No.2, 160-164(2001).
  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者

関連情報

富士フイルムの幅広い事業領域についてご紹介します。

先進独自の技術を生み出す、富士フイルムグループの研究開発体制とは。

富士フイルムの工場や研究所、技術開発センターなどがご覧になれます。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る