ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


研究報告 No.53 2008年 研究報告書

 

※PDFファイルを閲覧するにはAdobe® Reader®が必要です。詳しくは「プラグインについて」をご覧ください。

研究報告書(全文)

研究報告書(分割版)

研究者 三木正章,村上 光,細谷陽一,西村亮治
研究者 寺横 素,大橋洋介,沢野哲也,羽田典久
研究者 浅井有人,Ta thi Quynh Lien(*1),野中俊一郎,羽田典久
研究者 服部英行,渡辺邦治
研究者 西尾朋宣,来馬浩二,江副利秀,小倉信彦,山下清司,林 克巳
研究者 都丸雄一,谷 武晴,堀田吉則,畠中優介,納谷昌之
研究者 植田文教,芹澤慎一郎,鈴木啓一,森 冬比古,永田幸三,牧野快彦,栗原延浩,岩倉 謙,佐藤雅男,池田賢治,高島正伸
研究者 杉浦清仁,岡田英孝,船津英二,山本剛司
研究者 塩尻一尋,沖 和宏
研究者 平川明信(*1),遠山信明(*1)
  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者

転載リスト

著作権の関係上、全文は掲載できませんので、もとの掲載雑誌を直接ご覧になるか、研究報告誌の冊子体を参照ください。

AD法により作製したPZTセラミックスの評価
研究者 三好 哲
掲載誌 Japanese Journal of Applied Physics 46(10B), 7018-7023 (2007).
QuickGeneシリーズ:高分子多孔質メンブレンを用いた迅速かつ簡便な核酸抽出システム
研究者 森 寿弘,岩木義英,半戸里江,駒澤宏幸,大友弘子,佐々木 翼,守 智子,金原秀行,稲名克哉,竹下由美子,百木康人,牧野快彦
掲載誌 臨床化学 36(1), 33-39 (2007).
デジタルマンモグラフィーにおける石灰化再現性の画素サイズ依存性
研究者 桑原孝夫,岩崎信之,山根勝敏,小島徹也,福島公威(*1),阿賀野俊孝
掲載誌 Proceeding of SPIE, Medical Imaging 2007 : Physics of Medical Imaging, 6510, 651045-1-651045-9 (2007).
光変換型ディジタルラジオグラフィーにおける表露光方式と裏露光方式の画質性能
研究者 高須厚徳,岩渕康夫,加藤宗貴,荒川 哲,安田裕昭,島田克己,桑原孝夫
掲載誌 Proceeding of SPIE, Medical Imaging 2007 : Image Perception, Observer Performance, and Technology Assessment, 6515, 65150G-1-65150G-12 (2007).
レーザーを用いた新しい追記型DVDへの描画技術
研究者 久保裕史,柴田路宏,山田聖哉,糸賀久順,伏木達郎
掲載誌 Japanese Journal of Applied Physics 46(6B), 3926-3927 (2007).
ゼロレターデーションタックの開発―液晶ディスプレイ用偏光板保護フィルム―
研究者 中山 元,深川伸隆,西浦陽介,安田知一,伊藤 忠,御林慶司
掲載誌 Journal of Photopolymer Science and Technology 19(2), 169-173 (2006).
TN-LCDの視野角特性を改良する新規表面フィルム
研究者 松永直裕,藤原 功,渡部 淳,安藤 工,宮崎桂一,伊藤 忠
掲載誌 SID symposium Digest 38(1), 1559-1562 (2007).
バリア膜研磨スラリーの選択比制御技術
研究者 上村哲也
掲載誌 電子材料 46(5), 61-63 (2007).
低アウトガスEUVリソグラフィー用レジストの開発
研究者 増田誠也,川西安大,平野修史,上村 聡,水谷一良,安波昭一郎,河辺保雅
掲載誌 Proceeding of SPIE, Advances in Resist Technology and Processing XXIII, 6153, 615342-1-615342-8 (2006).
TOF-SIMSとGC/MSによるスチレン-ブタジエンからなるコア/シェル型ラテックスの組成定量法
研究者 前川敏彦
掲載誌 Applied Surface Science 252(19), 7018-7021 (2006).
第一原理計算による各種PZT相の圧電比較
研究者 奥野幸洋,河戸孝二,鈴木真之,原田明憲,小口多美夫(*1)
掲載誌 Japanese Journal of Applied Physics 46(8A), 5199-5204 (2007).
  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者

関連情報

富士フイルムの幅広い事業領域についてご紹介します。

先進独自の技術を生み出す、富士フイルムグループの研究開発体制とは。

富士フイルムの工場や研究所、技術開発センターなどがご覧になれます。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る