ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


研究報告 No.55 2010年 研究報告書

 

※PDFファイルを閲覧するにはAdobe® Reader®が必要です。詳しくは「プラグインについて」をご覧ください。

研究報告書(全文)

研究報告書(分割版)

研究者 堀井 洋史、田中 康一、小田 和也、佐藤 均、西村 亨
研究者 渡野 弘隆、成行 書史、今井 真二、鍋田 敏之、細井 雄一、辻 哲矢、渡邊 敬太、榎本 淳、佐藤 優
研究者 佐藤 圭一郎、成行 書史、桑原 健、福井 真一郎、岡田 美広、鍋田 敏之、細井 雄一、榎本 淳、笹尾 正典、瀬口 佳則
研究者 井浜 三樹男、三ツ井 哲朗、野村 公篤、前原 佳紀、猪股 浩、後藤 崇、竹内 豊
研究者 因埜 紀文、足立 圭一、大石 近司
研究者 外山 弥、佐藤 祐、木下 正兒、飛世 学、河戸 孝二、伊勢 俊大、滝沢 裕雄、山下 清司
研究者 山崎 純明、田中 智史、福田 誠、村山 裕一郎、近藤 義顕、小笠原 英樹、内田 修
研究者 楠田 文、久保 利昭、須藤 幸夫、川渕 達雄、織笠 敦、中村 善貞
研究者 岩木 義英、石井 靖幸、氏原 大、吉田 淳哉、三好 隼人、守 智子、金原 秀行、倉光 昌之、寺島 薫
研究者 小田 由里子、植田 文教、柿沼 千早、中村 孝昭、中村 善貞
研究者 大谷 洋、池谷 直樹(*1)、上杉 英司(*1)、浅井 有人、瀬川 英生、羽田 典久
研究者 板垣 和幸、五十嵐 貴、森田 恵一、生田 繭子、浜渦 紳、千葉 勇輝、杉本 裕介、長尾 隆(*1)、熊澤 幸夫(*1)
  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者

転載リスト

著作権の関係上、全文は掲載できませんので、もとの掲載雑誌を直接ご覧になるか、研究報告誌の冊子体を参照ください。

再沈法によるペリレンナノ粒子形成機構のストップトフロー法による解析
研究者 森 淳一、宮下 陽介、ダニエル オリベイラ(*1)、笠井 均(*1)、及川 英俊(*1)、中西 八郎(*1)
掲載誌 Journal of Crystal Growth 311(3), 553-555(2009).
化学誘導体化とTOF-SIMSを用いた薄膜表面と内部の重合挙動解析
研究者 前川 敏彦、千賀 武志
掲載誌 Applied Surface Science 255(4), 987-991(2008).
有効モデルハミルトニアンによるBaTiO3の電場誘起構造相転移の研究
研究者 奥野 幸洋、坂下 幸雄
掲載誌 Japanese Journal of Applied Physics 48(2), 021403-1-021403-7(2009).
色素系光ディスクの熱安定性改良 : 水素結合の効果
研究者 斎藤 直樹、秋葉 雅温、稲垣 由夫、柴田 路宏、石田 寿男、久保 裕史
掲載誌 Japanese Journal of Applied Physics 48(4), 042402-1-042402-4(2009).
基板拘束が多結晶圧電膜の電気特性に及ぼす影響
研究者 三好 哲、中島 光雅(*1)、舟窪 浩(*1)
掲載誌 Japanese Journal of Applied Physics 48(9), 09KD09-1-09KD09-6(2009).
EUVリソグラフィーにおけるLWRと解像性の改良についての研究
研究者 山下 克宏、上村 聡、高橋 秀知、西川 尚之
掲載誌 Journal of Photopolymer Science and Technology 21(3), 439-442(2008).
32nmノードの193nm液浸ダブルパターニングプロセスに向けたネガ現像用材料及びプロセスの開発
研究者 樽谷 晋司、椿 英明、上村 聡
掲載誌 Proceeding of SPIE, Advances in Resist Materials and Processing Technology XXVI 7273, 72730C-1-72730C-8(2009).
EUVリソグラフィーにおけるレジストポリマー分子量の影響
研究者 椿 英明、山下 克宏、高橋 秀知、河村 大輔(*1)、井谷 俊郎(*1)
掲載誌 Proceeding of SPIE, Advances in Resist Materials and Processing Technology XXVI 7273, 72733S-1-72733S-10(2009).
Barrier-CMPスラリーにおける平坦性の改良方法
研究者 上村 哲也、関 裕之、安波 昭一郎
掲載誌 Proceeding of International Conference on Planarization/CMP Technology 2008, 43-50(2008).
新規2層a-Seディテクターを用いた直接変換デジタルマンモグラフィシステムの画質評価
研究者 桑原 孝夫、岩崎 信之、千代 知成、古江 亮介、阿賀野 俊孝
掲載誌 Proceeding of SPIE, Medical Imaging 2009: Physics of Medical Imaging, 7258, 72584P-1-72584P-12(2009).
機械学習を用いた3次元CT画像から椎骨中心線の抽出
研究者 王 彩華、李 元中、伊藤 渡、志村 一男、阿部 克己(*1)
掲載誌 Proceeding of SPIE, Medical Imaging 2009: Imaging Processing, 7259, 72594T-1-72594T-8(2009).
継承と進化に基づいた人物頭追跡技術
研究者 胡 軼、高森 哲弥
掲載誌 Proceeding of MVA 2009: IAPR Conference on Machine Vision Applications, 162-165(2009).
シーンに応じた撮像方式を有するCCDイメージセンサーと撮像システムの開発
研究者 小林 誠、田中 誠二、小田 和也、池田 勝己、林 健吉、西村 享
掲載誌 International Symposium on Technologies for Digital Fulfillment Abstract Book and CD-ROM, 1-4(2009).
  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者

関連情報

富士フイルムの幅広い事業領域についてご紹介します。

先進独自の技術を生み出す、富士フイルムグループの研究開発体制とは。

富士フイルムの工場や研究所、技術開発センターなどがご覧になれます。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る