ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


研究報告 No.61 2016年 研究報告書

 

※PDFファイルを閲覧するにはAdobe® Reader®が必要です。詳しくは「プラグインについて」をご覧ください。

研究報告書(全文)

研究報告書(分割版)

  執行役員 R&D統括本部長 柳原 直人
研究者 福田 航、森田 順也、山田 雅彦
研究者 山口 義隆、吉田 那緒子、磴 秀康(*1)、谷 武晴、中村 崇市郎、池田 恵梨子、大軽 郁子、ティーレ 智子、森 淳一
研究者 荒木 健次郎、幕田 俊之
研究者 小柳 真仁、諸岡 篤、森 仁彦、栗橋 悠一、多田 稔生、清水 治、鈴木 宏幸、原澤 建
研究者 嶋中 修知(*1)、光本 知由(*1)、西川 博史(*1)、園川 浩二(*1)、福田 翼(*1)、森 崇徳(*1)
研究者 上平 茂生、芳谷 俊英、塚田 芳久、安田 知一、佐藤 幸蔵(*1)
研究者 松永 直裕、伊藤 忠、白倉 幸夫、川島 敦、牧野 純一
研究者 村口 太一、金久 真由子、田代 朋子、平山 平二郎、吉田 那緒子、境野 佳樹
研究者 中畝 明菜、河野 貴胤、北岡 弘行、杉島 明典、大村 現、織笠 敦、景山 茂樹、柳 輝一、境野 佳樹、永田 幸三

転載リスト

著作権の関係上、転載論文は掲載できませんので、もとの掲載雑誌を直接ご覧になるか、研究報告誌の冊子体を参照してください。

1ショット長尺撮影を実現した『FUJIFILM DR CALNEO GL™』の開発
研究者 榎本 淳、源馬 耕平、辻 哲矢
掲載誌 画像通信. 2015, 38(2), p.47-50.
高階グラフカットによる冠動脈内腔・プラークセグメンテーション
研究者 北村 嘉郎、李 元中、伊藤 渡、石川 博(*1)
掲載誌 Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention:MICCAI 2014. LNCS 8673, 2014, p.339–347.
分光内視鏡イメージングにおける微小血管の見え方の定量化
研究者 山口 博司、齋藤 孝明、白石 泰士、新井 史人(*1)、森本 美範、湯浅 敦子
掲載誌 Journal of Biomedical Optics. 2015, 20(3), 036005-1--9.
ハニカムフィルムを備えたマイクロウェルチップによるHepG2スフェロイドのマイクロパターニング培養
研究者 山﨑 英数、後藤 俊、伊藤 晃寿、小橋 創一、後藤 優希(*1)、吉浦 由貴子(*1)、堺 裕輔(*1)、藪 浩(*1)、下村 政嗣(*1)、中澤 浩二(*1)
掲載誌 Journal of Bioscience and Bioengineering. 2014, 118(4), p.455-460.
保全情報マネジメントシステム「KARTEMIX」の開発と実用化
研究者 山木 伸吾(*1)
掲載誌 プラントエンジニア. 2015, 47(2), p.38-42.
データストレージ用磁気テープの長期室温保存安定性
研究者 片山 和俊、珍田 裕佳、清水 治、後藤 靖友、鈴木 真由美、野口 仁
掲載誌 Journal of Applied Physics, 2015, 117, 17E305.
平版印刷版上で発生するポツ汚れ発生機構に関する研究
研究者 工藤 康太郎(*1)、澤田 宏和(*1)、難波 優介(*1)、田中 秀明
掲載誌 日本印刷学会誌. 2015, 52(6), p.22-28.
重合性液晶を用いた新規パターニング技術の開発
研究者 後藤 亮司、星野 渉、岩橋 伸卓、髙橋 慶太、森嶌 慎一、柳原 直人、沖 和宏、山口 智彦、高田 勝之、伊藤 洋士
掲載誌 Proceedings of The International Display Workshops. 2013, 20, p.44-46.
高反射銀ナノ粒子のランダム性とその局在光
研究者 成瀬 誠(*1)、谷 武晴、安田 英紀、竪 直也(*1)、大津 元一(*1)、納谷 昌之
掲載誌 Scientific Reports. 2014, 4, 6077.
EUV露光用のネガティブトーンイメージング
研究者 椿 英明、二橋 亘、土橋 徹、藤森 亨(*1)、百田 淳、後藤 孝浩
掲載誌 Journal of Photopolymer Science and Technology. 2015, 28(4), p.489-499.
LCD用セルローストリアセテート(TAC)フィルムの進化:硬度、耐久性、寸法安定性を改良する新しい技術
研究者 鈴木 亮、名倉 正人、佐々田 泰行、深川 伸隆、河戸 考二、伊藤 洋士
掲載誌 SID Symposium Digest of Technical Papers. 2015, 46(1), p.446-449.
大振幅集団運動の理論によるレアな遷移の記述
研究者 津村 享佑、前田 義高、渡邊 裕幸
掲載誌 Annals of Physics. 2015, (357), p.79-94.
紫外-可視ワンショット分光OCTの開発とヒト皮膚のin-situ計測
研究者 平山 平二郎、中村 崇市郎
掲載誌 Journal of Biomedical Optics. 2015, 20(7), 076014.
カラー写真フィルムで培った技術の化粧品・医薬品・再生医療への展開
研究者 吉岡 康弘
掲載誌 バイオサイエンスとインダストリー. 2014, 72(6), p.498-512.
Sprague-Dawley系(Crj:CD(SD))ラットにおけるSalacia reticulataエキス末の91日間経口投与試験(亜慢性毒性試験)
研究者 小田 由里子、湯浅 敦子、植田 文教、柿沼 千早
掲載誌 Toxicology Reports. 2015, 2, p.1136-1144.
CMR物質を含まない新規ポリアミドイミド樹脂の開発
研究者 Limor BEN-ASHER(*1)
掲載誌 SPE Proceedings ANTEC. 2015, ISBN 978-0-9850112-7-7.
  • *1 印は富士フイルム株式会社以外の研究者または共同研究者
  • ※非売品・無断転載を禁じます。
  • ※著者の所属は論文受理日、または論文掲載時のものです。
  • ※本報告書に記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。
    なお、本文および図表中では、「™」、「®」は明記しておりません。

関連情報

富士フイルムの幅広い事業領域についてご紹介します。

先進独自の技術を生み出す、富士フイルムグループの研究開発体制とは。

富士フイルムの工場や研究所、技術開発センターなどがご覧になれます。



ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る