ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

富士フイルム先進研究所

 

新たな価値の創造へ

[写真]富士フイルム先進研究所

富士フイルム先進研究所

富士フイルムグループがこれまでに培ってきた幅広い分野の技術を融合し、「第二の創業」を達成すべく、2006年4月「富士フイルム先進研究所」は開所しました。
技術分野や組織の壁を取り払った“開かれた場”として設立されたこの研究所から、新たな富士フイルムグループが始まります。

差別化技術の確立

富士フイルム先進研究所は、富士フイルムグループの全社横断的な先端研究と、新規事業・新商品の基盤となるコア技術の深耕と発展を担っています。研究所には、当社が銀塩フィルムやデジタルミニラボなどの開発・製造で培ってきた有機合成・薄膜多層塗布・精密微細加工・レンズ設計・レーザー・画像処理など、ケミストリー、フィジックスからオプティックス、エレクトロニクス、ソフトウェアにまでわたる幅広い領域の技術者を一堂に結集しています。
「『融知・創新』による新たな価値の創生」をコンセプトに設計・組織されたこの研究所では、異分野の幅広い知識や技術・手法のダイナミックな融合が可能となります。また、富士ゼロックス、富山化学とのグループ内連携強化や他社とのアライアンス、M&Aおよび産学連携の積極推進により、独創的な差別化技術を獲得することで、新規事業の創出を実現します。

[図]差別化技術の確立

関連情報

富士フイルムの幅広い事業領域についてご紹介します。

異分野の研究者が出逢ったとき、思いもよらない未来が生まれる。




ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る