ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

研究開発・技術トップへ戻る

バイオエンジニアリング

生物が元来持つ機能を活用し、
予防・診断・治療を実現する技術

  • 写真フィルムの素材研究から生み出されたヒト型コラーゲン様ペプチドとバイオ医薬製造技術により、安全なバイオマテリアルを提供
  • FFRIの放射線医薬/ペルセウスプロテオミクス社の抗体創薬により、放射免疫療法(RIT)を実現
  • 写真フィルム製造で培ってきた精密塗布技術、酸化還元防止技術を体外診断薬に適応

RCP(Recombinant Peptide)

富士フイルムの遺伝子工学技術を用いて製造した遺伝子組み換えヒト型コラーゲン様ペプチド

高い細胞密着性

RIT(Radioimmunotherapy)

抗体に放射性元素をつけて高機能化した医薬品を開発。

  • ●標的の探索技術
    ・東大先端研のLSBMトランスクリプトームデータベースを活用し有用分子を発掘
  • ●標的タンパク質、抗体の作成・製造
    ・高親和性抗体の作成技術(バキュロウイルスを用いる膜表面抗原発現)
    ・ノックアウトマウスを用いた抗体作成技術
    ・抗体の製造技術
  • ●Armed(武装)抗体を開発する技術
    ・放射性元素を抗体と結合させ抗がん剤を開発
  • 抗体の機能化

富士ドライケム

水のない場所でも血液検査や、診断が可能な体外診断薬。

比色法

精密塗布技術

イムノクロマト法

写真の現像技術を応用し、金コロイド標識のサイズを大きくすることで、目視能を上げる技術

pagetop


ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る