ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

分子設計力

405nm光に対応する高感度骨格の選定

[図]405nm光に対応する高感度骨格の選定

  • 豊富な化合物ライブラリー、幅広い従来検討知見から網羅的に検討対象を抽出します
  • 計算化学シミュレーションも駆使して合理的に有望骨格選択を行います
  • 実際の検証で最適化合物を商品化します

エンジニアリング技術

❶設計した分子を安価製造できる独自合成ルート開発力

[図]設計した分子を安価製造できる独自合成ルート開発力

❷グループ会社(FFFC/FFCW[中国])を含めた製造体制

  • エンジニアリング技術例 ヘテロ環
  • ϖ電子系
  • ヘテロ縮環
  • その他

フォトポリマー技術

・低刺激での抗反応性と安定性両立

  • ● 高感度光重合開始剤
  • ● 紫外~近赤外の領域でチューニング可能な増感色素
  • ● 高速で硬化する重合性モノマー、反応性ポリマー
  • ● これらの組合せで1000倍以上の超高感度化を達成
  • ● 実用上問題のない安定性を有する

[図]低刺激での抗反応性と安定性両立

将来への可能性

pagetop


ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る