ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

研究開発・技術トップへ戻る

解析

見たいものを見えるようにする
「開発の水先案内人」

  • 解析技術を駆使して、機構をあきらかにする
  • 解析技術を支える3つの技術力
    ①理論計算…理論計算による材料/医薬/デバイス設計技術
    ②分析化学…一分子一原子を直接検出する超高感度分析技術
    ③物理化学…材料/医薬/デバイス中の機能性部位可視化技術

解析技術を駆使して、機構を明らかにする

解析を支える3つの技術力

[図]解析技術を駆使して、機構を明らかにする

例1)WVフィルム中の液晶性高分子の
配向構造解析

深さ方向でチルト角(分子の平均の傾き)と配向度(チルト角の分布)が連続的に変化している複雑な配向構造を解明

[図]WVフィルム中の液晶性高分子の配向構造解析

例2)化粧品用素材アスタキサンチンの
抗酸化能解析

アスタキサンチンを選択するにあたり、他と比べてどの程度抗酸化能力を持つかを測定

[図]化粧品用素材アスタキサンチンの抗酸化能解析

例3)界面反応化学計算

電解液と添加剤の反応生成物を、「京」コンピュータを利用した大規模第一原理分子動力学計算により再現

[図]界面反応化学計算

例4)分散物の高濃度状態での分散状態解析

性能を支配する凝集体や分散状態 (um~mm) を希釈せず、高濃度な状態で正確に評価・解析

[図]分散物の高濃度状態での分散状態解析

pagetop


ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る