ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

ヘルスケア

 

[写真]

人々の健康に関わる「予防」「診断」「治療」の3つの領域においてビジネスを展開

富士フイルムのヘルスケア分野では、人々の健康に関わる「予防」「診断」「治療」の3つの領域においてビジネスを展開しています。ビジネスの原点は、創業間もない1936年の「X線フィルム」の発売にまでさかのぼります。その後、X線画像のデジタル化を実現した、デジタルX線画像診断システム「FCR」をはじめ、「FUJIFILM DR」、内視鏡システム、血液診断システム、超音波画像診断システムなどの医療機器や、医用画像情報ネットワークシステム「SYNAPSE」や放射性診断薬など、「診断」の領域を次々と拡大してきました。

2006年には、写真フィルムの主原料であるコラーゲンに関する知見、写真の色褪せを防ぐための抗酸化技術、フィルムに含まれる機能性材料を微細化し、分散・安定化させる独自のナノテクノロジーを生かした機能性化粧品やサプリメントなどを発売し、「予防」領域へ事業を拡大しました。

2008年には、医療用医薬品を展開する「富山化学工業」を富士フイルムグループに迎え入れ、「治療」領域へも本格参入しました。バイオ医薬の分野においては、2011年に今後大きく成長が期待されるバイオ医薬分野の受託開発製造会社である「FUJIFILM Diosynth Biotechnologies」を設立するなど、事業を拡大しています。

革新的な治療法として関心が高まっている再生医療の分野においては、2014年に日本初の再生医療製品を開発・上市した「ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング」、2015年にはiPS細胞の開発・製造の世界的なリーディングカンパニーである「Cellular Dynamics International, Inc. 」、そして2017年には「和光純薬工業」を傘下に加え、事業基盤を強化しました。さらに、2018年には細胞培養に必要な培地のリーディングカンパニーである「Irvine Scientific Sales Company, Inc.」および「アイエスジャパン」を傘下に迎え、ヘルスケア事業のさらなる成長加速を見込んでいます。

このように、富士フイルムは人々の健康に関わる「予防~診断~治療」すべての領域にわたって事業を展開しています。これからも、「予防~診断~治療」をシームレスに結びつけ、病院や患者さんだけでなくすべての人々が健康を維持、もしくは取り戻すためのソリューションを提供していくことで、トータルヘルスケアカンパニーを目指していきます。

※以下の図表「事業の拡がり」をクリックしていただきますと、各分野(「予防」「診断」「治療」)の詳細説明が表示されます。

[図]「予防」「診断」「治療」の3つの領域


ここからサポートメニューです
サポートメニューをスキップしてフッターへ移動します

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る